パナソニックは、炊飯器の新モデルとして、圧力IHジャー炊飯器シリーズに「SR-NA102」を追加した。本製品は、5合炊きモデルながら、シリーズ史上最小設置面積を実現しており、同社の3合炊きモデル(SR-JX058)と比べても、小さい設置面積を可能とし、使いやすさとデザイン性を両立したモデルとなっている。

パナソニック
圧力IHジャー炊飯器 SR-NA102

●実売価格:4万7300円程度

パナソニックは、炊飯器の新モデルとして、圧力IHジャー炊飯器シリーズに「SR-NA102」を追加した。本製品は、5合炊きモデルながら、シリーズ史上最小設置面積を実現しており、同社の3合炊きモデル(SR-JX058)と比べても、小さい設置面積を可能とし、使いやすさとデザイン性を両立したモデルとなっている。

画像1: パナソニック 圧力IHジャー炊飯器 SR-NA102

加圧して100℃以上の高温でしっかり過熱することによって、お米を芯まで糊化してくれる。また、十分に過熱することで、冷めても固くなりにくいご飯に炊き上げることができるから、お弁当などにもおおすすめだ。

画像: 加圧して100℃以上の高温で加熱することで、お米の芯まで糊化してくれる。

加圧して100℃以上の高温で加熱することで、お米の芯まで糊化してくれる。

内釜には、発熱性と蓄熱性を兼ね備えたIHに適した素材の「ダイヤモンド竈(かまど)釜」を採用しており、お米一粒一粒まで熱を伝えてくれる。

画像2: パナソニック 圧力IHジャー炊飯器 SR-NA102

5合炊きモデルながら、圧力を保持する新機構を搭載することで、従来モデル(SR-JX058)と比べても設置面積を小さくすることに成功している。従来モデルでは、蓋全体で圧力を保持していたところ、新モデルでは、左右のみで圧力を保持する機構になっており、それにより、コンパクト化を可能とした。設置面積が小さいから、キッチンに置いてもスペースにゆとりが生まれ、奥行きが狭い場所でも、無理なく設置することができる。

画像: 設置面積が小さいから、奥行きが狭い場所でも無理なく設置できる。

設置面積が小さいから、奥行きが狭い場所でも無理なく設置できる。

新モデルには、自動調理コースを搭載しており、材料を入れて、コース番号をセットしスタートボタンを押したら、後はほったらかしでも料理が出来上がる。もちろん、時間を設定して好みのレシピを調理できる手動調理コースも用意されている。

画像: コースを設定す、「スタート」ボタンを押すだけで簡単に料理ができる。(写真左は無水カレー、右はサラダチキン)

コースを設定す、「スタート」ボタンを押すだけで簡単に料理ができる。(写真左は無水カレー、右はサラダチキン)

使用後のお手入れは、ワンタッチふた加熱板と内窯だけで、それぞれ丸洗いができるほか、食洗器にも対応している。本体のフレーム部分は凹凸が少ない形状になっているから、サッと拭きやすくなっている。さらに、圧力を使ったお手入れコース「圧力お手入れ機能」によって、気になるニオイも軽減することができる。

画像3: パナソニック 圧力IHジャー炊飯器 SR-NA102

本体サイズは、幅25.5cm、奥行き27.3cm、高さ23.3cm、重さは4.4㎏。炊飯容量は0.5~5合炊き。消費電力は、1200Wとなっている。

◆パナソニック:「圧力IHジャー炊飯器 SR-NA102」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.