100均のアイデア調理器は、おもしろいものが多く筆者は大好きです。そして、目に付いたものはだいたい試しています。そんな筆者が先日ダイソーでみつけたのが「味付け玉子職人」。味付けタマゴ調理器は過去にも紹介しているのですが、「味付け玉子職人」はタマゴ2つ用のコンパクト化、しかも使用する調味料も50mlと少なくなっているというので、改めてテストをしてみました。

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

齋藤千歳(さいとう・ちとせ)

元月刊カメラ誌編集者。新しいレンズやカメラをみると、解像力やぼけディスク、周辺光量といったチャートを撮影したくなる性癖があり、それらをまとめたAmazon Kindle電子書籍「レンズデータベース」などを出版中。まとめたデータを元にしたレンズやカメラのレビューも多い。使ったもの、買ったものをレビューしたくなるクセもあり、カメラアクセサリー、車中泊・キャンピングカーグッズなどの記事も執筆。現在はキャンピングカーを「方丈号」と名付け、約9㎡の仕事部屋として、車内で撮影や執筆・レビューなどを行っている。

タマゴ2つ用というコンパクトさがとてもいい

冷蔵庫のなかで邪魔にならないサイズが秀逸

画像: 味付けタマゴ調理器自体はすでに珍しくないがタマゴ2つ用というサイズが、筆者に刺さった「味付け玉子職人」。ダイソーで100円で購入。

味付けタマゴ調理器自体はすでに珍しくないがタマゴ2つ用というサイズが、筆者に刺さった「味付け玉子職人」。ダイソーで100円で購入。

じつは100均の味付けタマゴ調理器は、すでに特選街WEBで筆者が「【ダイソー・味付けたまごメーカー】少量の調味料でムラなく漬かる!手間いらず・液だれ知らずの便利アイテム」という記事で紹介しています。実際、非常に便利で筆者の家では妻といっしょに味付けタマゴブームが起きたほどです。しかし、しばらくすると、この味付けタマゴブームはあっけなく終わってしまったのです。

理由は大きくふたつ。2歳の息子を入れての3人暮らしでは、味付けタマゴ4つは意外と多い。そして、タマゴ4つ用の「味付けたまごメーカー」は冷蔵庫の中でやや大きく邪魔だった、という2点です。

しかし、今回発見した「味付け玉子職人」はタマゴ2つ用です。じつはタマゴ4つ用の「味付けたまごメーカー」は例えば2つとか、3つの味付けタマゴを作ろうと考えると、その空いた空間分、調味料を入れることになります。それではもったいないので、結局4つ作ることになるのですが、少人数の世帯では味付けタマゴ4つは最初はいいのですが、日常的になると多いのです。これが意外な弱点に。

また、冷蔵庫のサイズなどにもよるのでしょうが、タマゴ4つ分のサイズである「味付けたまごメーカー」は意外と大きい、これに対してタマゴ2つ分のサイズである「味付け玉子職人」はかなりコンパクト。一人暮らしの冷蔵庫のドアポケットにも収まるサイズがなのがうれしいところです。

画像: 大きさは約11cm×6cm×7.5cm、重さは約30g。冷蔵庫の中でも邪魔にならないサイズが非常にいいのです。

大きさは約11cm×6cm×7.5cm、重さは約30g。冷蔵庫の中でも邪魔にならないサイズが非常にいいのです。

「味付け玉子職人」で実際に味付けタマゴを作る

約50mlの調味料で簡単に味付けタマゴができる

画像: タマゴの形に近い容器にすることで少量の調味料で全体に味付けする味付けタマゴ調理器。中ブタをすることで、さらに全体に調味料が行き渡るように工夫されています。

タマゴの形に近い容器にすることで少量の調味料で全体に味付けする味付けタマゴ調理器。中ブタをすることで、さらに全体に調味料が行き渡るように工夫されています。

味付けタマゴを自宅で作る際に面倒だったのが、ゆでタマゴ全体がしっかりと漬かるほどの調味料を用意することです。面倒なだけでなく、少量の味付けタマゴを作る際には調味料のロスが多く、不経済でした。そのため、厚手のビニール袋を使うなどの工夫をしていたわけですが、液漏れして冷蔵庫のなかが汚れることもあり、味付けタマゴ作りは面倒だったのです。

しかし、タマゴの形に近い容器にすることで、味付けタマゴを作る際に必要な調味料の量を減らし、さらに中ブタを使うことで調味料をしっかりと隅々まで行き渡らせる工夫がされている「味付け玉子職人」。約50mlのめんつゆで本当にタマゴ全体に調味料を行き渡らせることができました。

画像: 少量の調味料でタマゴ全体に行き渡るように工夫されていますが、タマゴの上部の色が薄くなることがあるので、気になる方は注意が必要です。

少量の調味料でタマゴ全体に行き渡るように工夫されていますが、タマゴの上部の色が薄くなることがあるので、気になる方は注意が必要です。

ゆでタマゴとめんつゆを「味付け玉子職人」に入れたら、フタをして「味付け玉子職人」を冷蔵庫に入れて最低1時間ほど漬け込んで味付けタマゴが完成です。漬け込む時間で味や色の濃さを調整できます。また、タマゴの上部の色が薄くなることがあるので、気になる方は途中でタマゴの上下を入れ替えてもいいかもしれません。

味付けについては、筆者は今回単純にめんつゆを使いましたが、さまざまな工夫をして好みの味を極めるのも楽しいと思います。

画像: 約2時間ほどめんつゆに漬け込んで作った味付けタマゴ。タマゴの先っぽの部分が少し白くなっているのがわかるでしょうか? 筆者はさほど気になりません。

約2時間ほどめんつゆに漬け込んで作った味付けタマゴ。タマゴの先っぽの部分が少し白くなっているのがわかるでしょうか? 筆者はさほど気になりません。

まとめ

画像: 筆者は単純にめんつゆで味付けしても十分においしいと思いますが、このつゆに工夫することでオリジナルの味付けタマゴが作れるのも楽しいところです。

筆者は単純にめんつゆで味付けしても十分においしいと思いますが、このつゆに工夫することでオリジナルの味付けタマゴが作れるのも楽しいところです。

4つ用1個よりも2つ用を2個買うほうがおすすめ

味付けタマゴ4つ用の「味付けたまごメーカー」で、すでに味付けタマゴ調理器の便利さはわかっていたのですが、コンパクトな2つ用の「味付け玉子職人」はさらに重宝。「味付けたまごメーカー」ではどうしても一度に4つの味付けタマゴを作らなくてはいけなかったのですが、「味付け玉子職人」は2つに。これだけで自由度がかなり違います。ラーメンに半分ずつ入れても、実は4人家族でも味付けタマゴは2つで十分なわけです。となると4つは普段使う量としては多すぎるといえるでしょう。

そのため、味付けタマゴをたくさん食べたいと思っても4つ用のものを買うより、2つ用の「味付け玉子職人」を2個買うことを筆者はおすすめします。いや、お店で使うといった大量消費では、当然「味付けたまごメーカー」のほうが便利でしょう。

しかし、筆者などはさらに小さな1つ用もほしいと思ってしまうわけです。密閉度の高い1つ用なら、朝、ゆでタマゴを入れて、お弁当に持っていくといった使う方も可能なのに……などと思っています。どちらにしても一人暮らしや少人数世帯にも便利な2つ用の「味付け玉子職人」はぜひ使ってみてもらいたい一品といえるでしょう。



This article is a sponsored article by
''.