キャンピングカーでの長期旅行の際などによく使うため、筆者はメスティンが大好きです。実際のところ、メスティンだけで8個ほど所有しており「もう買わない!」と思っていたのですが、どうしても気になって、新たに入手したのが「Pegoo メスティン フッ素加工」になります。いわゆる1.5合サイズのメスティンが、なぜそんなにほしくなったのか? 実際に使い勝手はどうなのか? をみなさんに報告させてください。

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

齋藤千歳(さいとう・ちとせ)

元月刊カメラ誌編集者。新しいレンズやカメラをみると、解像力やぼけディスク、周辺光量といったチャートを撮影したくなる性癖があり、それらをまとめたAmazon Kindle電子書籍「レンズデータベース」などを出版中。まとめたデータを元にしたレンズやカメラのレビューも多い。使ったもの、買ったものをレビューしたくなるクセもあり、カメラアクセサリー、車中泊・キャンピングカーグッズなどの記事も執筆。現在はキャンピングカーを「方丈号」と名付け、約9㎡の仕事部屋として、車内で撮影や執筆・レビューなどを行っている。

9個目でもほしくなった理由は!

吹きこぼれ抑止溝と内側のみのフッ素加工のふたつが決め手

画像1: 吹きこぼれ抑止溝と内側のみのフッ素加工のふたつが決め手

筆者の家のアウトドア機材保管庫をざっと見回したところ、キャンピングカーでの旅行の際にメスティンの比較記事などを多数書いたためか、少なくとも大小様々なメスティンが8個あり、もう買い足すこともないだろうと思っていました。

過去の記事
▶【ダイソー・3号タイプメスティン】湯沸かしから炊飯、ラーメン作りまで大活躍 税込1,100円は破格
▶【ダイソーのメスティン】1.5合用フッ素加工で1,100円は破格!後片付けも簡単なアウトドア調理器具

しかし、何気なくアマゾンでおもしろいアウトドアグッズはないかと探していたところ、見つけたのが「Pegoo メスティン フッ素加工」です。Pegoo(ペグー)と読むらしいのですが、まったく知らないブランドで、東京にある日廣産業が展開するアウトドアブランドだといいます。

画像2: 吹きこぼれ抑止溝と内側のみのフッ素加工のふたつが決め手

今回入手した「Pegoo メスティン フッ素加工」は1.5合タイプ、すでに複数個持っているサイズですし、実はフッ素加工タイプのメスティンも所有しています。

しかし、それでも筆者が気になったのが「吹きこぼれ抑止溝付き」とフッ素加工がメスティンの内部にのみ施されており、上に掲載した写真でも分かるように外観はフッ素加工なしの一般的なアルミ製メスティンに見えるふたつのポイントからです。

なおフタとしてハンドル部分を折りたたんだ状態での大きさは長さが約16.5cm、高さが約7cm、幅が約9.5cm、ハンドルを伸ばすと長さが約29cmとなり、フタを含む全体の重さは約170gです。価格はアマゾンで2,640円(税・送料込み)と決して安価なメスティンではありません。

画像3: 吹きこぼれ抑止溝と内側のみのフッ素加工のふたつが決め手

筆者の場合、キャンピングカーのなかでカセットこんろでメスティンを使ってご飯を炊くことも多く、その際に吹きこぼれると後片付けの手間が増えてイラッとするわけです。「吹きこぼれ抑止溝付き」で吹きこぼれがなくなれば、後片付けの手間も、ストレスもなくなります。これはぜひ試してみたい。

さらにメスティンは思う存分水が使えない環境で使うことも多く、ウエットティッシュなどでも後片付けが可能なフッ素加工はとても便利でおすすめです。

しかし、筆者の持っているフッ素加工のメスティンは外側もフッ素加工がされており、見るからにフッ素加工済みとなっています。これがちょっとなんか軟弱な感じがして格好悪く感じます。これに対して「Pegoo メスティン フッ素加工」はフッ素加工は内側のみなので、外観は完全に一般的なアルミ製のメスティン、この点が気に入って入手したわけです。

実際に吹きこぼれないのか? 汚れは簡単に落ちるのか? 実際に炊飯を行って試してみました。



This article is a sponsored article by
''.