エネルギー価格が高騰しているのに、今年も寒いですよね。そんな2022〜2023年冬シーズンに筆者が注目しているアイテムが「湯たんぽ」。なんかおじさんクサイという方もいるかもしれませんが、エコ&ホットなのです。そして、ある意味至高のと言っていいレベルの「湯たんぽ」を発見! それが今回紹介するクロッツの「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」です。

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

齋藤千歳(さいとう・ちとせ)

元月刊カメラ誌編集者。新しいレンズやカメラをみると、解像力やぼけディスク、周辺光量といったチャートを撮影したくなる性癖があり、それらをまとめたAmazon Kindle電子書籍「レンズデータベース」などを出版中。まとめたデータを元にしたレンズやカメラのレビューも多い。使ったもの、買ったものをレビューしたくなるクセもあり、カメラアクセサリー、車中泊・キャンピングカーグッズなどの記事も執筆。現在はキャンピングカーを「方丈号」と名付け、約9㎡の仕事部屋として、車内で撮影や執筆・レビューなどを行っている。

国産手作りの高品質なのに高コストパフォーマンス

ヘルメット潜水株式会社が作るウエットスーツ素材の「湯たんぽ」

画像: ヘルメット潜水株式会社が作るウエットスーツ素材の「湯たんぽ」

筆者は最近すっかり「湯たんぽ」にハマっています。エコだからとか、暖房費などが節約できるからといった理論的な理由よりも単純に気持ちいいからです。「なんかおじさんっぽい」などと敬遠せず、ぜひ一度仕事しながらの「湯たんぽ」を体験してみてください。小さなものなら400円で購入できるダイソーの「湯たんぽ」については「【ダイソー】湯たんぽで暖房代節約!大・小使いわけでいつでもホカホカ!クラシックだけど鉄板アイテム」で紹介しているので、ぜひこちらもご覧ください。

実は筆者もダイソーの「湯たんぽ」で満足していたわけです。特にパソコン作業し(原稿を書き)ながらのテレワーク中、お腹を「湯たんぽ」で暖めていると、それだけで優しい気持ちになれるほどの暖房効果とリラクゼーション効果が得られます。個人差はありますが、ダイソーの「湯たんぽ」なら400円から試せるので、ぜひ試していただきたい!

と、本人も驚くくらいに「湯たんぽ」にハマっているわけです。そうなると「もっといい「湯たんぽ」があるのでは?」となりますよね。そしてググったり、アマゾンを眺めたりして見つけたのがクロッツの「やわらか湯たんぽ」シリーズ。大分県国東(くにさき)市にあるヘルメット潜水株式会社が製造している手作り「湯たんぽ」なのです。おそらく「湯たんぽ」好きには、かなり有名なメーカーとなっています。

ウエットスーツの製造技術が応用された「やわらか湯たんぽ」シリーズ

画像: ウエットスーツの製造技術が応用された「やわらか湯たんぽ」シリーズ

ヘルメット潜水株式会社はその名の通り、1982年から30年以上もウエットスーツやドライスーツを作ってきた老舗メーカーです。その裁断・接着・縫製技術によってクロロプレンゴムにナイロンジャージを貼ったウエットスーツ用の肌触りのよい生地で、ひとつひとつ国内自社工場で熟練の職人たちが手作りしているのがクロッツの「やわらか湯たんぽ」シリーズだといいます。国内で職人が手作りしたウエットスーツと同じ素材の「湯たんぽ」と聞くと、かなりお高そうですが、実際にはもっともスタンダードなモデルである「やわらか湯たんぽ たまご型タイプ 1.2L」が実勢価格が3,000円ちょっとと、かなり現実的なお値段なのです。

画像1: 【大人可愛い湯たんぽ発見】ウエットスーツ専門メーカーのネコ型国産湯たんぽが最高!柔らかでいつでもいっしょにいたくなる
【クロッツ】 やわらか湯たんぽ たまご型タイプ (ブラック)
【素材】本体/クロロプレンゴム・ナイロン・PET キャップ/ABS ネジ付きロート/再生ポリプロピレン
【耐熱温度】100℃ 【本体サイズ】約24×19×3cm 【製品重量】約160g
【お湯の容量の目安】約1.2L
【付属品】ネジ付きロート・商品チラシ・取扱説明書兼保証書(1年保証付き)
ウクライナ人道支援として、2022年3月5日から4月29日まで、販売者ヘルメット潜水株式会社よりこちらの商品をお買い上げいただいた売り上げの一部を募金に充てさせていただきました。募金金額は200,046円に達しました。募金は在日ウクライナ大使館「エンバシーオブウクライナ」の口座へ寄付させて頂きました。...
¥3,080
2022-12-29 15:20

また「やわらか湯たんぽ」シリーズに使用されているウエットスーツ素材は肌触りがよいだけでなく、生地に微細な気泡が無数に含まれているため、熱の伝わりをゆるやかにするという特性があり、熱湯を入れた「やわらか湯たんぽ」シリーズをそのまま触っても、気持ちがよい程度の暖かさで、低温火傷なども発生しにくいという特性があるといいます。※実際の使用では取扱い説明書にも記載されているように、少し冷ました70〜80度程度のお湯を入れて使ってください。

ようはウエットスーツに使用される肌触りがよく、柔らかな素材でできており、しかもお湯を入れても温度を調整するためのカバーなども必要とせず、かなり複雑な形にも縫製することができる「湯たんぽ」が「やわらか湯たんぽ」シリーズなのです。しかも値段は思う以上にリーズナブル。

実際「やわらか湯たんぽ」シリーズは足用、肩用、首用など用途に合わせて、さまざまな形のものがラインアップされているのですが、筆者が心引かれたのが「ネコタイプ」です。写真も掲載していますが、子ども向けの可愛いネコちゃんというよりは大人可愛いシルエットタイプのデザインになっています。かなり複雑な形状なので「かなりお高くなるのでは?」と思ったのですが、実勢価格は7,000円前後。写真のブラックのほかにグレーもあります。このデザインならオフィスやアウトドアなどで使っていても「かっこ悪くない」と思うのです。しかも、使っている本人は「ネコを懐に入れて暖まる」といった夢のような気分になれるのでは? とも考えました。

画像2: 【大人可愛い湯たんぽ発見】ウエットスーツ専門メーカーのネコ型国産湯たんぽが最高!柔らかでいつでもいっしょにいたくなる
クロッツ やわらか湯たんぽ ネコタイプ (ブラック)
【素材】本体/クロロプレンゴム・ナイロン・PET キャップ/ABS ネジ付きロート/再生ポリプロピレン
【耐熱温度】100℃ 【本体サイズ】約35×23×3cm 【製品重量】約185g
【お湯の容量の目安】約1.1L
【付属品】ネジ付きロート・商品チラシ・取扱説明書兼保証書(1年保証付き)
人気のネコタイプ。ネコちゃん好きの方におすすめの1品!
¥6,900
2022-12-29 15:24

クロッツの「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」を使ってみた

自信の表れか? なんと1年保証が付く「やわらか湯たんぽ」

画像1: 自信の表れか? なんと1年保証が付く「やわらか湯たんぽ」

写真のようにクロッツの「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」が到着しました。本体のほかにキャップ、お湯を注ぐ時に使用する専用の「ネジ付きロート」が付属します。本体は約185g(キャップ含む)で、大きさは約35×23×3cmです。耐熱温度は100度で熱湯を入れても製品に問題はないといいます。ただし、安全のために少し冷ました70〜80度のお湯を入れて使うように解説されているので注意してください。

なによりも、気になるのが肌触りです。言ってしまうなら、やわらかいウエットスーツ素材なのですが……。ウエットスーツ以外になにか肌触りを伝える方法がないかと悩んだのですが、比較的身近なものだと、ウエットスーツ素材のパソコンやタブレットのケースぐらいしか思いつきません。こちらもウエットスーツ素材な訳で、表現力が乏しく、ごめんなさい。でもそんな感じです。

かなりやわらかな肌触りなのですが、極論するなら、ウエットスーツ素材のパソコンケースにお湯を注ぐような印象とも言えます。本当に漏れないのか? 不安でもあるわけです。しかし、このクロッツの「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」は1年間の保証まで付いています。

画像2: 自信の表れか? なんと1年保証が付く「やわらか湯たんぽ」

写真のように専用の「ネジ付きロート」を取り付けて、約1.1Lのお湯を注ぐのですが、はじめてお湯を注ぐときは、漏れてこないのが不思議な印象。また、重さが約185gしかないので、生地がさほど厚いとは思えないのに「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」の外側は思ったよりも熱くはならないのです。

お湯を入れるときは、キャップを外して、注ぎ口付近を少し持ち上げ気味にし「ネジ付きロート」を取り付けて、お湯を注ぎます。「ネジ付きロート」はかなりしっかりしているのですが、一気のお湯を注ごうとすると「湯たんぽ」の中の空気とお湯が入れ替わる際に空気が吹き出して、お湯が飛び散ることがあるので、注意してください。

筆者は沸かしたお湯をそのまま「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」に入れていることが多いです。しかし「湯たんぽ」本体が熱々になることはなく、筆者がトレーナー感覚で室内でも着ている薄手のダウンジャケットの中に入れて、しばらくするとじんわりとお腹や胸が優しく温められていく印象です。とてもいい。

これまで、一般的なプラスチックタイプの「湯たんぽ」にタオルなどを巻き付けて、ダウンジャケットのなかに入れていたのですが、一度「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」を抱きながら、仕事をしはじめるともう元には戻れないレベルの心地よさです。真剣に気持ちまで温かくなってきます。

まとめ

オプションでもいいのでチャイルドロック付きのキャップがほしい

画像: オプションでもいいのでチャイルドロック付きのキャップがほしい

「湯たんぽ」というと冷え性の女性が使っているみたいなイメージもあるかもしれません。しかし、筆者はパソコン仕事中のお腹に「湯たんぽ」を老若男女問わず激推しします。普通の「湯たんぽ」でもかなりいいのですが、「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」を上着とTシャツの間に入れてパソコン作業をしていると、腹部にしっかりと「湯たんぽ」が密着し、簡易岩盤浴的な幸せを感じます。仕事の合間の気分転換やリラクゼーションとしてもおすすめなのです。

またネコタイプにした効果は、ふたつありました。ひとつは写真のように、使わないときにイスの上などに置いていても、生活感が漂わず、見た目がいいこと。これは格好がいいと言うだけでなく、使っている本人も気持ちがよいというメリットがあります。さらに意外だったのが、2歳の息子が「ネコ、ネコ」と「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」にうれしそうにくっつくこと。イタズラ盛りなので、なにかの拍子にキャップを開ける可能性があるので、お湯の温度が下がってからしか触らせませんが、筆者の住む冬の北海道では子どもの保温にも重宝しています。

自分へのご褒美はもちろん、プレゼントなどにもおすすめしたい「やわらか湯たんぽ ネコタイプ」ですが、もし可能ならオプションでもいいのでチャイルドロック的な機能が付いたキャップがあると、さらにうれしいと思ったわけです。



This article is a sponsored article by
''.