【知ってる?】「mineo」なら手持ちの端末を格安SIMで再活用できる

Android

mineoは、auとドコモ回線にすでに対応しているので、3キャリア対応となる。対応機種も多いので、手持ちの端末を格安SIMで再活用したい人は要チェックだ。主要MVNOで、3キャリアに対応するのは、mineoが初めてとなる

手持ちの機種を利用しやすいのは3キャリア対応のmineoだ

格安SIMの多くはドコモの通信帯域を借りて、サービスを提供している。この場合、ドコモのスマホであれば、ドコモのSIMロックがかかったままでも、MVNOのSIMに差し替えて使える。ドコモほど多くはないが、au回線を利用する格安SIMもあり、auのスマホがそのまま使えることが多い。

また、IIJmioやイオンモバイルのように、ドコモとauの両回線を利用できる格安SIMもある。
一方、ソフトバンク回線を使う格安SIMは少数で、料金が割高だったり、対応端末に制約があったりする状況だった。

しかし、7月からはソフトバンク傘下となったLINEモバイル、9月からはmineoが、ソフトバンク回線のサービスを開始。mineoは、auとドコモ回線にすでに対応しているので、3キャリア対応となる。対応機種も多いので、手持ちの端末を格安SIMで再活用したい人は、要チェックだ。

■主要格安SIMの対応回線

複数のキャリアから回線を借りる格安SIMも徐々に増えている。主要なMVNOで、3キャリアに対応するのは、mineoが初めてとなる。

■mineoの通話SIM料金プラン例

mineoは、ユーザー間で余ったデータを共有できるなど、ユーザーの声を聞いてサービスを改善することでも評価されている格安SIMだ。

解説/村元正剛(ITライター)
イラスト/松沢ゆきこ

※価格は記事制作時のものです。

AndroidiPhoneガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース