スマホの文字入力がめんどうな場合、フリック入力が簡単。また「ありがとうございます」「お疲れ様です」といった常套句や検索単語程度なら、音声入力の方が手っ取り早い場合もある。ここではフリック入力や音声入力の設定や・入力方法を紹介する。

ケータイと同じ10キー方式では不便

フリック入力を覚えよう

スマホは、画面に表示されるキーボードにタッチして文字を入力する。
日本語の入力には、ガラケーと同じキー配列の“10キー”を用いるのが一般的。「あ」を入力するには「あ」を1回、「い」は2回、「う」は3回タップする。

タッチ操作がやりづらいという人は、キーを上下左右方向になぞって文字入力できるフリック入力を練習しよう。
例えば、「あ」キーの場合、左にフリックすると「い」、上なら「う」、右なら「え」、下なら「お」と入力できる。

画像: キーを4方向にフリックするフリック入力は、文字入力時間を短縮できる。同じキーを押すと、「ああ」などと入力される「フリックのみ」に設定することもできる。

キーを4方向にフリックするフリック入力は、文字入力時間を短縮できる。同じキーを押すと、「ああ」などと入力される「フリックのみ」に設定することもできる。

検索単語程度なら音声入力もかなり有効

音声入力を覚えよう

なお、スマホは声で文字を入力することもできる。声の認識精度は進化を続けており、「ありがとうございます」「お疲れ様です」といった常套句はスムーズに入力できる。また、ウェブで検索するために短い言葉を入力するときも、キーボードをタップするよりも声のほうが手っ取り早い。積極的に活用してみよう。

画像: iPhoneは、入力欄にあるマイクのアイコンをタップすると音声入力が可能になる。操作方法としては、Androidも同様で、マイクアイコンをタップする。

iPhoneは、入力欄にあるマイクのアイコンをタップすると音声入力が可能になる。操作方法としては、Androidも同様で、マイクアイコンをタップする。

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.