【ドコモ・au・ソフトバンク】キャリアの公衆無線LANはどう使う?設定方法は?

ガジェット

キャリアの公衆無線LANを使う方法として、ドコモは「docomo Wi─Fi」、auは「au Wi─Fi SPOT」、ソフトバンクは「ソフトバンクWi─Fiスポット」といった具合に、各社とも公衆無線LANサービスを展開。いずれもユーザーであれば、指定プランに加入することで利用できる。設定方法はキャリアによって異なるから、公式サイトで確認したい。

キャリアの公衆無線LANを使う方法を教えて

●キャリアの公衆無線LANサービス一覧

ドコモは「docomo Wi─Fi」、auは「au Wi─Fi SPOT」、ソフトバンクは「ソフトバンクWi─Fiスポット」といった具合に、各社とも公衆無線LANサービスを展開。いずれもキャリアの契約ユーザーであれば、指定プランに加入することで無料で利用できる。対象プランはキャリアによって異なるものの、基本的にはパケット定額サービスの加入が必須。適用期間は、ドコモとauは指定プランの加入中は無料、ソフトバンクはプランによって加入から最大2年間無料か永年無料のどちらかだ。なお、ドコモの場合、公衆無線LANサービスの利用には事前の申し込みが必須となるので、注意してほしい。

接続方法については、最も簡単なのがドコモで、スマホのWi─Fiをオンにするだけで利用できる。auは、iPhoneとAndroid、どちらも専用アプリで設定するだけで自動接続が可能。ソフトバンクでは、Androidは専用アプリだけで設定できるが、iPhoneは「一括設定プロファイル」も別途導入する必要がある。なお、一部の機種では公衆無線LANのSSIDやパスワードを手動で設定する必要があるので、注意したい。

利用できるスポット数は発表されていないが、ドコモが15万ヵ所、auが20万ヵ所、ソフトバンクが45万ヵ所程度と考えられる。単純なスポット数だけを見ると、ソフトバンクが多いが、駅や空港などの公共施設、コンビニやカフェなどの店舗といった、よく使われる場所についてはどのキャリアも押さえているので、実際の使い勝手では、各社ともそれほど違いはないはずだ。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)イラスト/中山昭(絵仕事界屋)

※価格は記事作成時のものです。

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース