【スマホ初心者のギモン】ホーム画面にあるアプリ「設定」とは?何ができる?

ガジェット

スマホのホーム画面に配置されている「設定」アプリは、使い始めはもちろん、Wi-Fi接続や、画面の明るさの調整などで頻繁に使うことになる。いわば、スマホの設定のすべてができる入口だ。

<疑問と悩み>
「設定」というアプリでは、何ができる?

⇒⇒スマホをより使いやすくするためのあらゆる設定がここでできる

「設定」アプリは、スマホの設定のすべてができる入り口だ。
iPhoneの場合、標準状態ならホーム画面の目立つ位置にある。Androidも多くの機種でホーム画面にショートカットが配置されている。

スマホを使い始めるときには、画面ロック時間の設定や、ロックを解除するパスコード作成、生体認証などを行う。また、画面の明るさの調整や、Wi-Fiへの接続、ブルートゥース機器への接続、各種機能へのアクセス権限、アプリからの通知許可などを行う際に、かなり頻繁に「設定」アプリを利用することになる。

iPhoneでもAndroidでも、設定項目はジャンル分けされ、多層構造になっていて、目的の項目を探すのに手間取る場合もあるが、「設定」アプリ内には検索枠があるので、これで目的の項目を探すこともできる。

●iPhoneとAndroidの「設定」画面

iPhoneは、「設定」で、ハードウエアからアプリまで、すべての設定が行える。項目はジャンル分けされていて、基本的な設定は「一般」で行う。

Androidも、「設定」で、すべての設定が行える。項目のジャンルが細分化されており、目的の設定画面を出すまで少し手間がかかる場合もある。

解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェットAndroidiPhoneスマホ知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース