大根と果物をミキサーにかけるだけで、辛くなく食べやすいフワフワの「大根おろし」があっという間に出来上がり。それが大根スムージーです。果物との組み合わせしだいで風味が変わるので、飽きることなく食べ続けられるのもメリットです。【解説・レシピ考案】青木久美子(大根スムージーダイエットアドバイザー)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

青木久美子(あおき・くみこ)
ヒルズDIYライフ代表・ソフィアウェルネス主宰。大根スムージーダイエットアドバイザー。6年前から始めた「大根スムージー」で自らがやせられ、健康を手に入れた経験を生かして、ダイエット指導を行う。一般財団法人日本ホリスティックダイエット™協会認定講師等、多数の資格を保有。
https://taberu-daikon-smoothie.amebaownd.com/
http://ameblo.jp/kumpe935/
https://www.facebook.com/kumiko.aoki.935

「大根スムージー」の基本の作り方

画像1: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

【材料】(出来上がり約200ml)
大根…100g(直径7cmで約2~3cmの厚さ)
リンゴ…100g(約1/3個)
水…適宜(30~50ml程度)

材料は常温に戻し、皮をよく洗って水気をふいておく。
好きな果物に変えたり、いくつかの果物や野菜を組み合わせてもよい。お勧めレシピは下記参照。
大根と果物の割合は1:1が基本だが、果物の量を増やしてもよい。

画像2: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

大根は皮付きのまま1cm角に切る。リンゴは芯を取り、皮付きのまま1cm角に切る。

画像3: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

①をミキサーに入れて撹拌する。ミキサーが空回りする場合は、水を適量足す。

画像4: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

器に移して出来上がり。作ったらすぐ食べること。

大根スムージーダイエットのやり方

画像: 大根スムージーダイエットのやり方

起床後、朝食前の空腹時に大根スムージーを食べる。量は200~300ml程度が目安。

飲むのではなく、スプーンですくってひと口ずつゆっくり味わって食べると満腹感が高まり、体も冷やさない。

大根スムージーを食べた後に、普通に朝食を食べてかまわない。あらかじめ大根スムージーを食べておくことで、自然に朝食の量が減っていく。

冬場や体の冷えが気になる人は、大根スムージーを食べる前に、白湯(またはノンカフェインの温かいお茶)を1杯飲んでおくとよい。

基本のスムージーにちょい足しアレンジ!

1年中、手に入りやすく大根との相性も抜群のリンゴ。大根とリンゴだけで十分おいしいのですが、そこにもう1つ素材をプラスすることで、風味が大きく変わります。お勧めのアレンジをご紹介します。

画像5: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

リコピンの抗酸化作用も!甘酸っぱさが引き立つ

【材料】(出来上がり約250ml)
大根…100g
リンゴ…100g
ミニトマト…3個 
水…適宜(30~50ml程度)

【作り方】
大根は皮付きのまま1cm角に切る。
リンゴは芯を取り、皮付きのまま1cm角に切る。
ミニトマトはへたを取る。
①、②、③をミキサーに入れて撹拌する。ミキサーが空回りする場合は水を適量足す。

画像6: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

独特な香りでアンチエイジングとリラックスの効果が高まる!

【材料】(出来上がり約250ml)
大根…100g
リンゴ…100g
セロリ…3cm程度 
水…適宜(30~50ml程度)

【作り方】
大根は皮付きのまま1cm角に切る。
リンゴは芯を取り、皮付きのまま1cm角に切る。
セロリは1cm幅に切る。
①、②、③をミキサーに入れて撹拌する。ミキサーが空回りする場合は水を適量足す。

画像7: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

ショウガの辛味で大根の辛味が不思議なほど抑えられる。血流改善効果がアップ!

【材料】(出来上がり約200ml)
大根…100g
リンゴ…100g
ショウガ…1かけ 
水…適宜(30~50ml程度)

【作り方】
大根は皮付きのまま1cm角に切る。
リンゴは芯を取り、皮付きのまま1cm角に切る。
ショウガは皮付きのまま、1cm角に切る。
①、②、③をミキサーに入れて撹拌する。ミキサーが空回りする場合は水を適量足す。

画像8: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

ほろ苦さが癖になるおいしさ。ビタミンC、ポリフェノールもプラス

【材料】(出来上がり約200ml)
大根…100g
リンゴ…100g
抹茶…小さじ1/2
水…適宜(30~50ml程度)

【作り方】
大根は皮付きのまま1cm角に切る。
リンゴは芯を取り、皮付きのまま1cm角に切る。
①、②、抹茶をミキサーに入れて撹拌する。ミキサーが空回りする場合は水を適量足す。

ほかの果物を使った大根スムージーのアレンジ

大根スムージーはいろいろな果物で楽しむことができます。ご自分の好みの組み合わせを見つけてください。

画像9: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

クリーミーさNo.1!大根の辛味が苦手な人にお勧め

【材料】(出来上がり約250ml)
大根…100g
バナナ…100g(1本)
豆乳…50ml
ナツメグ…少々(お好みで)

【作り方】
大根は皮付きのまま1cm角に切る。
バナナは皮をむき、1cm幅に切る。
①、②、豆乳、ナツメグをミキサーに入れて撹拌する。
※写真ではナツメグが見えやすいよう、仕上げに振っています。

画像10: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

甘味と酸味を生かした爽やかな味わい

【材料】(出来上がり約200ml)
大根…100g
ゴールデンキウイ…50g(1/2個)
オレンジ…50g(1/3個)
水…適宜(30~50ml程度)

【作り方】
大根は皮付きのまま1cm角に切る。
キウイは皮をむき、1cm幅に切る。
オレンジは外皮をむき、種を取って1cm角に切る。
①、②、③をミキサーに入れて撹拌する。ミキサーが空回りする場合は水を適量足す。
※ゴールデンキウイのほうが甘味が強いが、普通のキウイでもかまわない。

画像11: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

ヨーグルトとの相乗効果で整腸効果は抜群!

【材料】(出来上がり約250ml)
大根…100g
ブルーベリー…50g
プレーンヨーグルト…50g
豆乳…50ml

【作り方】
大根は皮付きのまま1cm角に切る。
①、ブルーベリー、ヨーグルト、豆乳をミキサーに入れて撹拌する。
※紫色素が茶色く変色しやすいですが、変色しても食べて問題ありません。

《辛党にお勧めの大根スムージーのアレンジ》

甘いのが苦手な人にはこんな大根スムージーはいかがでしょう。しょうゆを少々加えても美味です。

画像12: 【スムージーダイエット】おすすめは大根!継続できる美味しいレシピを大公開

フワとろ食感で納豆の新たな魅力発見!

【材料】(出来上がり約250ml)
大根…100g
納豆…1/2パック(20~30g)
豆乳…100ml
ワサビ…少々(お好みで)

【作り方】
大根は皮付きのまま1cm角に切る。
①、納豆、豆乳、ワサビをミキサーに入れて撹拌する。
※写真ではワサビが見えやすいよう、仕上げに添えています。

大根スムージーQ&A

Q1.大根の皮をむかないのはなぜですか?

A1.栄養成分が詰まっているからです。
抗酸化作用のあるファイトケミカルなどの成分は皮の付近に多く含まれているからです。ミキサーにかけることで、皮の硬さなどは気にならなくなります。大根だけでなく、合わせる果物も、食べられる皮であれば表面をよく洗って皮ごと使うのがお勧めです。詳しくは別記事を参照してください。

Q2.大根の辛味がすごく苦手です。できるだけ辛味が気にならないようにすることはできますか?

A2.大根の葉に近い部分を使い、豆乳、バナナ、黒ゴマ、ショウガと合わせてみましょう。
果物と合わせてスムージーにすることで、大根の辛味はだいぶ気にならなくなりますが、さらに辛味を抑えたいなら、次のような工夫が有効です。
①葉に近い部分の大根を使う。
②豆乳、牛乳、ヨーグルトなどを少し加える。
③バナナと合わせる。
④黒すりゴマをたっぷり加える。
また、意外なことにショウガを加えると、ショウガのジワッとした辛味が大根のピリッとした辛味を隠します。夏場の大根は辛味が強くなりやすいので、試してみてください。

Q3.数日分をまとめて作ってもよいですか?

A3.作ったらすぐ食べましょう。
大根スムージーは作りおきには適しません。作ったらできるだけ早く、10分以内に食べてください。大根の有効成分の一つである「イソチオシアネート」は、大根の細胞が壊れ、酵素とふれ合うことで作られますが、時間の経過とともに揮発して減ってしまいます。

Q4.ミキサーがありません。どうすればいいですか?

A4.大根と果物をすりおろして混ぜてください。
大根と果物に少しだけ水分を加えてミキサーで攪拌することであっという間にすりおろし状にでき、手間いらずなのが大根スムージーのメリットの一つですが、ミキサーがなければ大根と果物をおろし金ですりおろして混ぜ合わせてもOKです。フードプロセッサーやハンドブレンダーでも水分を多めに加えるとすりおろし状にできる機種がありますので、ご家庭にある道具で試してみてください。

Q5.大根スムージーを食べると体が冷える気がします。

A5.材料を常温に戻し、人肌の温度の水分を加えてください。
冷蔵庫から出したての大根や果物で作っていませんか?材料をしっかり常温に戻してからミキサーにかけるか、水や豆乳などの水分を少し温めて加えるとよいでしょう。ただし、50℃以上にするとせっかくの酵素が壊れてしまうので、水分は手で触れる程度の温度に温めて加えてください。

画像: この記事は『安心』2019年6月号に掲載されています。

この記事は『安心』2019年6月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.