自然の癒しを感じながら開放感に包まれるキャンプですが、「キャンプ用品を一式そろえると高い」「わざわざ買いに行くのも面倒」と悩んでいる人もいると思います。そこでおすすめしたいのがキャンプ用品レンタルサービスで、一般的に5万円以上かかるといわれているキャンプ用品も半額以下でレンタルすることができます。本記事ではキャンプ用品レンタルサービスの中から3つを厳選して紹介。またシーンや目的別にどのサービスがおすすめなのかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

キャンプ用品レンタルサービスとは

画像: キャンプ用品レンタルサービスとは

キャンプ用品レンタルサービスとは、名前の通りテントやチェアなどをレンタルできるサービスです。

キャンプ用品を購入するよりも費用を抑えることができ、「セットレンタル」と「単品レンタル」を選択することができます。

  • セットレンタル:テントや寝具、調理用具などのキャンプ用品をパッケージ
  • 単品レンタル:キャンプ用品を単体でレンタルできる

例えば「はじめてのキャンプで何も準備していない」という人にはセットレンタルがおすすめですし、ある程度キャンプ用品を持っている人なら単体レンタルがおすすめです。

おすすめのキャンプ用品レンタルサービス3選

「New LEAVES」

最初におすすめするキャンプ用品レンタルサービスは、宅配レンタル専門の「New LEAVES」です。

宅配レンタルという名前の通り、「New LEAVES」はレンタルしたキャンプ用品を自宅まで郵送してくれます。

またベテランキャンパー以外にも幅広いユーザー層をターゲットしており、取扱説明書などを付けることでキャンプ初心者の人でも快適にサービスを利用することが可能です。

【サービス概要】

価格帯の目安(セットレンタル)約13,000円~25,000円
価格帯の目安(単品レンタル)約4,000円~5,000円
送料8,000円以上の商品なら無料
予約受付期間5か月~4日前(レンタル開始日から)

「CAMPDAYS」

2番目におすすめするのは「CAMPDAYS」というキャンプ用品レンタルサービス。

通常のキャンプセット以外のバリエーションが豊富で、シンプル、オシャレ、ラグジュアリーなどのコンセプトを楽しむことができます。

もちろん単品レンタルにも力を入れており、最近流行りのソロキャンプ需要にもしっかり対応可能。

野外フェスなどキャンプ目的以外でも利用できる点も魅力的です。

【サービス概要】

価格帯の目安(セットレンタル)約20,000円~28,000円
価格帯の目安(単品レンタル)約6,000円~25,000円
送料一律2,000円
(5,000円以上の商品なら無料)
予約受付期間2か月~7日前(レンタル開始日から)

「Tental」

最後に「Tental」というキャンプ用品レンタルサービスをおすすめします。

「Tental」は子供用のキャンプ用品にも力お入れており、小さい子供や家族でのキャンプにもピッタリです。

特にキッズ用テントもレンタルできるのは高評価で、まさに家族全員でキャンプを楽しむことができます。

【サービス概要】

価格帯の目安(セットレンタル)約11,000円~25,000円
価格帯の目安(単品レンタル)約6,500円~35,000円
送料一律2,000円
(5,000円以上の商品なら無料)
予約受付期間2か月~7日前(レンタル開始日から)

シーン別のおすすめキャンプ用品レンタルサービス

画像: シーン別のおすすめキャンプ用品レンタルサービス

最安値を狙うなら「New LEAVES」

とにかく安くキャンプ用品をレンタルしたい人は、テントの単品レンタルが約4,000円から利用できる「New LEAVES」をおすすめします。

またテント以外のキャンプ用品もリーズナブルに設定されているので、足りない道具だけ格安でレンタルしたい人にもピッタリです。

ただセットレンタルの場合、利用人数やグレードによって高くなってしまう場合もあるので注意してください。

「CAMPDAYS」ならキャンプ場への配送可能

キャンプ用品レンタルサービスは基本的に自宅への配送ですが、「CAMPDAYS」ならキャンプ場まで届けてくれるサービスがあります。

つまり手ぶらでキャンプ場に行っても問題なく、とても開放的な時間を過ごすことが可能。

荷物はできるだけ減らしたいという人もいると思うので、そんなときは「CAMPDAYS」をおすすめします。

キャンピングカーで本気のキャンプなら「Tental」

キャンプ用品だけじゃなく、キャンピングカーで本格的なキャンプをしたいなら「Tental」がおすすめです。

「Tental」なら1時間900円からキャンピングカーを利用でき、1日借りても約20,000円。

乗車人数なら9人、就寝人数なら6人まで対応可能なので、1人あたりの費用もそこまで高くなりません。

何よりキャンピングカーを利用すると、キャンプ場までの道中も楽しむことができる点が魅力的です。

まとめ

今回はおすすめのキャンプ用品レンタルサービスを3つ紹介しました。

どれもリーズナブルでお得なサービスなので、それぞれの目的に合わせてピッタリのものをチョイスしてみてください。

◆折本陽太
専門商社での営業を経てフリーライターに。マネー・ビジネス分野が専門。取材から執筆、編集も手掛ける。

This article is a sponsored article by
''.