「酢ナッツ」も、長年、私が愛食している酢漬けの一つです。漫画家の職業病ともいえる、腰痛や肩こりも改善しました。おそらく、血流がよくなった影響でしょう。ちなみに、どんなに前日の夜に深酒しても、酢ナッツをとっていると二日酔いしません。【体験談】柴田亜美(漫画家)

プロフィール

画像: プロフィール

柴田亜美(しばた・あみ)
漫画家。1992年にデビュー作『南国少年パプワくん』(スクウェア・エニックス社)がテレビアニメ化され、男女ともに幅広い層から支持される。代表作はほかに、『自由人HERO』(集英社)、『カキヨミ』(スクウェア・エニックス社)など。現在、モバイルアプリ「ファンタジーライフオンライン」ゲーム内にて『FLO4コマ劇場』を連載中。また、自身の生活習慣の改善がきっかけで、美容家としても精力的に活動している。

朝から元気いっぱい!手足の冷えも解消!

※クルミやピーナッツを食べて湿疹が出たり不調を感じたりした場合は、アレルギーの可能性がありますので、摂取を控えてください。

10年前の私は、今とは別人のように太っていました。身長が154.5cmで体重は56kg。みごとな三段腹で、自分の足もとさえも見えませんでした。

そんな私を変えたのが、44歳のときに始めた、野菜や果物を酢漬けにして食べる「酢ベジ」生活です。酢が大好きな私は、これらを毎日の食事のお供にしたのです。

すると、どんどん体重が落ちていき、なんと、17kgの減量に成功。もちろん、お肌の調子も体調も絶好調になりました。

酢漬けに使う食材も増えました。「酢ナッツ」も、長年、私が愛食している酢漬けの一つです。以前から酢アーモンドを食べていましたが、3年ほど前からピーナッツクルミも酢に漬けるようになりました。

私は、自分がいいと思ってとり続けている食べ物を、あえて中断する時期を設けています。そして、1ヵ月後に再開すると、体調の変化がよくわかるんです。当然、酢ナッツも、その効果を確かめました。

酢ナッツをやめて強く出た症状は、疲労でした。起床時に、とてもだるく感じるようになったのです。

ところが、酢ナッツを再開したら、とたんに疲れにくくなり、朝から元気いっぱい。手足の冷えが取れて、肌の色も明るくなりました。

さらに、漫画家の職業病ともいえる、腰痛や肩こりも改善しました。おそらく、血流がよくなった影響でしょう。ちなみに、どんなに前日の夜に深酒しても、酢ナッツをとっていると二日酔いしません。

私自身は、もともとお通じがよいほうですが、酢ナッツを勧めた人からは、便通がよくなったという声を多く聞きます。また、健康的に5kgやせられたという40代の女性もいました。

残った漬け酢は料理にフル活用!

私は、次のような目的別に、酢ナッツを食べ分けています。

酢アーモンドは、主に美容とダイエットが目的です。アーモンドに豊富なビタミンEは「若返りビタミン」とも呼ばれ、老化を防ぐ効果が期待できます。

酢ピーナッツは、体力増強のためです。私は、毎朝5粒食べるだけで元気が出ます。漫画の締め切りが迫った時期は、特に頼っています。薄皮にポリフェノールが豊富に含まれているので、薄皮ごと漬けています。

クルミは、肝臓によいという研究があるので、飲んべえの私には欠かせません。また、脳の老化予防にも役立つそうです。

酢ピーナッツは朝起きたときに食べ、酢アーモンドはおやつや酒のつまみとして食べています。酢クルミは、料理の材料として使います。砕いてサラダや酢漬けの魚のトッピングにすると、絶品です。

漬け酢は、リンゴ酢を使い、黒糖を加えます。黒糖は溶けにくいので、一度煮立たせてから、ナッツを入れた瓶に注ぎます。アーモンドにシナモン、クルミにローリエを加えるのは、ハーブの風味と効能を加えるためです(下記参照)。

柴田亜美さんの「酢ナッツ」の作り方

【材料】
好みのナッツ(無塩)…50〜100g
リンゴ酢…100ml
 黒糖…大さじ1
 水…20ml(酸味が強ければ加える)

画像1: 【柴田亜美さん】酢ベジでダイエット成功!多忙な人気漫画家を支える「酢ナッツ」の作り方を大公開

【作り方】
Ⓐを小鍋に入れて、黒糖が溶けるまでひと煮立ちさせる。

画像2: 【柴田亜美さん】酢ベジでダイエット成功!多忙な人気漫画家を支える「酢ナッツ」の作り方を大公開

清潔な瓶にナッツを入れ、①を注ぐ。粗熱を取り、ふたをして冷蔵庫に保存する。3日間漬けたら完成。

画像3: 【柴田亜美さん】酢ベジでダイエット成功!多忙な人気漫画家を支える「酢ナッツ」の作り方を大公開

冷蔵保存し、1ヵ月以内に食べ切る。
ピーナッツの場合は、薄皮ごと漬ける。アーモンドの場合はシナモン、クルミの場合はローリエを加えて漬けるとおいしい。

酢ナッツはつい食べ過ぎてしまいがちなので、酢ピーナッツは1日5粒、酢アーモンドは7〜8粒にとどめています。料理に使う酢クルミは、1日3~5粒分でしょうか。

残った漬け酢は、ドレッシングに使ったり、出汁やしょうゆを足して肉料理の煮汁に使ったりしています。

これから週刊誌での連載が始まり、今まで以上に多忙になりそうです。でも、そんなときこそ、酢ナッツの出番。これからも毎日とり続けて、いい作品を元気に描きたいと思います。

ハーブも入れて漬ければさらなる血行促進効果(前東京女子医科大学東医療センター内科教授・医師 渡辺尚彦)

ピーナッツの茶色い薄皮に多く含まれるポリフェノールには、細胞や血管を老化させる活性酸素を消去する、強い抗酸化作用があります。ポリフェノールは、アーモンドやクルミ、ピスタチオなどのナッツの薄皮にも豊富です。酢漬けにする場合は、柴田さんのように、薄皮ごと漬けましょう。

ハーブもいっしょに漬けるのは、いいアイデアです。味の変化が楽しめるほか、さらなる血行促進の効果も期待できます。

画像: この記事は『壮快』2019年9月号に掲載されています。

この記事は『壮快』2019年9月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.