「8時間ダイエット」とは、8時間以内に1日のすべての食事をとる食事法のことで、「ものを食べない時間を増やす」ことに主眼を置いた食事療法です。これを「間欠的ファスティング(断食)」といいます。ファスティングは、健康面で多くのメリットが得られることが明らかになってきましたが、その最たるものが「オートファジー」の解明です。オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせるしくみのことです。
【解説】青木厚(あおき内科・さいたま糖尿病クリニック院長・医学博士)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

青木厚(あおき・あつし)

あおき内科・さいたま糖尿病クリニック院長・医学博士。2002年、福井医科大学(現福井大学)卒業。長野赤十字病院、川崎市立川崎病院、自治医科大学附属さいたま医療センターに勤務したのち、自治医科大学大学院医学研究科に入学。2014年、修了。2015年、青木内科・リハビリテーション科を開設。専門は、糖尿病、高血圧、高脂血症、生活習慣病。書籍に『「空腹」こそ最強のクスリ』(アスコム)などがある。
▼専門分野と研究論文(CiNii)
▼青木内科・リハビリテーション科(公式サイト)

8時間食事術とは

8時間食事術」とは、8時間以内に1日のすべての食事をとる食事法のことです。

医師である私自身も、この食事法で16kgもの減量に成功し、最大で78cmあったウエストは70cmになりました。9年たった現在も、身長170cmで体重53kg、体脂肪率6.6%の体形を維持しています。

私が8時間食事術を始めたきっかけは、40歳で舌ガンを経験したことでした。早期のうちに見つかったことも幸いし、ガン自体は手術で無事取り除くことができましたが、同じような生活を続けていたら、ガンを再発する恐れもあります。

また、私は30代後半から太り始め、腹部に内臓脂肪がつき、ちょっとしたメタボ体形になっていました。そのままでは糖尿病や高血圧、脂質異常症、動脈硬化なども心配でした。

そこで私は、さまざまな医学論文や書籍を読みあさりました。そして、糖尿病をはじめとする生活習慣病の患者さんたちの治療を通して得た自分自身の経験や知識も踏まえて、「どのような食事をすれば、最も無理なく、ストレスなく、病気を遠ざけることができるか」を真剣に考えました。

その結果、たどりついたのが8時間食事術、すなわち1日に16時間以上、食べない時間を作る食事法だったのです。

以前の私は、朝昼晩、等間隔で1日3食、バランスのよい食事をとっていました。しかし、8時間食事術に切り替えて4カ月後には、ポッコリおなかが平らになり、冒頭に述べたとおり、小太り中年体形から超スリムな体に変身しました。

そのうえ、体が元気で疲れにくくなり、カゼやインフルエンザをうつされることもなくなりました。見た目も若返り、50歳で髪はフサフサ、白髪もありません。もちろん、ガンが再発する気配もありません。

肥満が解消するだけでなく、体の内側から若返り、病気や老化を遠ざける究極の食事法なのです。

「食べない時間」が細胞の修復機能をオンにする

従来の食事療法は、カロリー制限や糖質制限など、「食べるものの量や内容を制限する」方法が主流でした。

一方、8時間食事術は「何を食べるか」、よりも「ものを食べない時間を増やす」ことに主眼を置いた食事療法です。これを「間欠的ファスティング」といいます。「ファスティング」とは、断食のことです。

ファスティングは、細胞の質の劣化や病気を防ぐ食事療法として世界的に注目が高まり、ここ14〜15年で論文数が急増しました。そうした最新の研究成果から、食べ物を口にしない時間を長く取ると、健康面で多くのメリットが得られることが明らかになってきたのです。

なぜ、カロリー制限でもなく、糖質制限でもなく、
「8時間食事術」なのか?

断食、カロリー制限、糖質制限の体に及ぼす効果を、さまざまな点で比較した模式図。図中の矢印の長さが、その効果の度合いの目安。断食は、カロリー制限や糖質制限に比べて際立ってオートファジーのしくみを活性化する

画像: 『Nutrients』(2019年11巻4号)の論文「断食の役割──人間における食事の頻度とタイミングの健康に与える影響」より改変

『Nutrients』(2019年11巻4号)の論文「断食の役割──人間における食事の頻度とタイミングの健康に与える影響」より改変

その最たるものが、「オートファジー」の解明です。オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせるしくみのことです。

細胞は主にたんぱく質で作られており、日々の生命活動の中で、古くなったり壊れたりするものも出てきます。それらの多くは外に排出されますが、排出しきれなかったものは細胞内にたまり、細胞を衰えさせ、体の不調や病気の原因となります。

オートファジーは、そうした不要なたんぱく質を集めて分解し、新たなたんぱく質を作るのです。

ただし、オートファジーは、食べ物によって得られた栄養がじゅうぶんにある状態では、ほとんど働きません

最後に食べ物を口にしてから10時間たつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって脂肪が分解され、エネルギーとして使われ始めます。そして16時間たつと、いよいよオートファジーが機能し始めるのです。

というのも、オートファジーは、体や細胞がストレスを受けた際にも生き残れるように体内に組み込まれたシステムで、飢餓状態になったときこそ働きが活発化するからです。

オートファジーによる細胞の生まれ変わりが起これば、不要なものや老廃物が一掃され、全身の細胞や組織・器官の働きが活性化し、肥満の解消はもちろん、病気になりにくく若々しい体になるのです。

This article is a sponsored article by
''.