防災に役立つ情報を入手できるアプリとして、最も人気があるのが「Yahoo!防災速報」だ。自宅や職場など、最大3ヵ所の地域を設定でき、予報や警報を自動で受信できるように設定可能。避難場所やハザードマップも調べられる。

2020年版 スマートフォン選び方&使い方
防災情報

いざというときに備えておこう! 非常時に役立つ防災アプリ

毎年のように発生する大規模な自然災害。避難が必要になった場合でも、すぐに正確な情報が得られるように準備しておきたい。

防災に役立つ情報を入手できるアプリとして、最も人気があるのが「Yahoo!防災速報」だ。自宅や職場など、最大3ヵ所の地域を設定でき、予報や警報を自動で受信できるように設定可能。避難場所やハザードマップも調べられる。

Yahoo!
防災速報
提供・Yahoo Japan Corp.

iPhone版はコチラ
Android版はコチラ

画像: いざというときに備えておこう! 非常時に役立つ防災アプリ

最新のニュースや天気などをチェックするなら、「NHKニュース・防災」。雨雲の動きや、被災地のライブ映像なども確認できる。

NHK
ニュース・防災
提供・NHK

iPhone版はコチラ
Android版はコチラ

画像: 最新ニュースや災害情報をいち早く入手できる。地図上で雨雲や台風の動きを確認できるのがわかりやすい。災害発生時にはライブ映像が配信されることも。

最新ニュースや災害情報をいち早く入手できる。地図上で雨雲や台風の動きを確認できるのがわかりやすい。災害発生時にはライブ映像が配信されることも。

なお、災害時はリアルタイムの情報を入手するために「ツイッター」も有効だ。居住している都道府県の防災アカウントや市町村の公式アカウントなどをフォローしておこう。

ラジオが聞ける「radiko」もインストールしておきたい。

radiko(ラジコ)
iPhone版はコチラ
Android版はコチラ

解説/村元正剛(ITライター)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.