【Androidスマホ】電池のもちをよくする設定方法

Android

ゲームや動画・音楽、SNSなどのアプリを四六時中使い続ければ、さすがにAndroidスマホでも電池残量は足りなくなる。そこで、Xperia8なら「STAMINA(スタミナ)モード」、Pixel4なら「バッテリーセーバー」といった電池を長もちさせる機能について知っておくと便利だ。

疑問と悩み 設定見直し編
出先でバッテリー残量がどんどん減っていってしまう

スマホのバッテリーがもたないという現象は、数年前に比べればかなり解消されたが、それでもゲームや動画・音楽、SNSなどのアプリを四六時中使い続ければ、さすがに残量は足りなくなる。

そんなときは、「設定」の「バッテリー」などの項目で設定を見直してみよう。

Xperia8なら「STAMINA(スタミナ)モード」Pixel4なら「バッテリーセーバー」といった、電池を長もちさせる機能が備わっている。

バッテリーのもちをよくする設定を活用

「STAMINAモード」で、電池の消費を抑える。バッテリー残量に応じて自動で有効にすることも可能だ。

画面の明るさを控えめにしたり、スリープまでの画面表示時間を短くしたりするのも有効だ。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)

Androidスマホ知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース