ゲームや動画・音楽、SNSなどのアプリを四六時中使い続ければ、さすがにAndroidスマホでも電池残量は足りなくなる。そこで、Xperia8なら「STAMINA(スタミナ)モード」、Pixel4なら「バッテリーセーバー」といった電池を長もちさせる機能について知っておくと便利だ。

疑問と悩み 設定見直し編
出先でバッテリー残量がどんどん減っていってしまう

スマホのバッテリーがもたないという現象は、数年前に比べればかなり解消されたが、それでもゲームや動画・音楽、SNSなどのアプリを四六時中使い続ければ、さすがに残量は足りなくなる。

そんなときは、「設定」の「バッテリー」などの項目で設定を見直してみよう。

Xperia8なら「STAMINA(スタミナ)モード」Pixel4なら「バッテリーセーバー」といった、電池を長もちさせる機能が備わっている。

画像1: 【Androidスマホ】電池のもちをよくする設定方法

バッテリーのもちをよくする設定を活用

画像2: 【Androidスマホ】電池のもちをよくする設定方法

「STAMINAモード」で、電池の消費を抑える。バッテリー残量に応じて自動で有効にすることも可能だ。

画像3: 【Androidスマホ】電池のもちをよくする設定方法

画面の明るさを控えめにしたり、スリープまでの画面表示時間を短くしたりするのも有効だ。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.