新型コロナ対策で、ユニークな新製品がクラウドファンディングで続々公開されています。その中の一つ、Makuake(マクアケ)で気になるものを見つけました。台湾・PhostoFast(フォトファースト)社の「N95」規格のマスク「AM-9500」です。日本ではCTJ社が扱います。「マスク式空気清浄機」と呼ばれるこの製品、一体どんなものでしょうか。

N95マスクとは

欠点は、付けると息苦しい。

医療用のマスクに、「N95」と呼ばれる規格があります。
アメリカ合衆国労働安全衛生研究所の規格です。Nは非耐油性で、95は試験粒子(0.3μm)を95%カットできることを意味します。もともとは産業用のマスク。粉塵の多い現場で用いられたものです用いられてきたものです。それを感染防止の時に医療用に導入されされました。サージカルマスク(通常の医療用マスク)より、感染防止に威力があるとされるマスクです。

画像1: www.makuake.com
www.makuake.com

ところが、N95にも欠点があります。
それは、目が細かいため、付けると「息苦しい」と言うことです。スポーツ選手が心肺機能を高めるときに高めるトレーニング時に、マスクを使うことがあります。マスクは、空気を吸うときの抵抗になりますので、それだけ心肺能力が鍛えられると言うわけです。逆に言うと、N95マスクは、普通の人がつけたら息苦しくてしょうがない。そんな目の細かいマスクです。

ちなみに、「N95」とは、フィルターの規格であり、マスク装着時に必ずその能力を発揮できるのかはの保証ではありません。

AM9500の考え方

マスク型の空気清浄機

マスクがフィルターの役割なら、肺はファン&モーターの役割です。
息苦しいのは、このバランスが取れていないからです。しかし、今後、間違いなく世界の空気は汚れていきますし、今のようにコロナウイルスが怖いとなると、ちょっとでも目の細かいフィルター(=マスク)を使いたいのが人情です。

「パンがなければお菓子を食べればいいのよ」は、断頭台に消えたマリー=アントワネットの台詞ですが、「呼吸が苦しいのならサポート用のファン&モーターをつければいいのよ。」と考えた(かどうかはわかりませんが…)のが、「AM9500」です。

AM9500は、マスクの中にファン&モーターを入れたとも言えますし、「マスク型の空気清浄機」とも言えます。

画像2: www.makuake.com
www.makuake.com

長所と懸念点

長所は、メガネが曇らない。
短所は、耳掛けではなく、頭掛け。そしてモーター音。

長所は、密閉度を高くすることができることです。
マスクとしての防御力が上がるわけです。N95はフィルターがかなり頑張ってくれるのがうれしいです。フィルターだけ取り替えればいいので、同等性能のマスクより安く済みます。

また、密閉度が高いので、メガネは曇らないそうです。これも大きな長所です。

まだ製品化前なので、なんとも言えませんが、懸念されるところもあります。
一つ目は、通常のマスクよりずっと厚みがでます。72mm。これが許容範囲かどうかということです。二つ目は重さです。約110g。こちらも微妙なところです。三つ目は装着法。耳掛け型ではなく、頭掛け型なのです。男性だと気にする人は少ないと思いますが、女性は髪型を非常に気にします。

あと一つは、モーター音です。気にならないほど、小さいのかです。

個人的にはかなり期待しています。またSFの世界では、独特の形状のマスクはつきもの。最先端のファッションと言えるかもしれません。

画像3: www.makuake.com
www.makuake.com

予想以上の人気

価格は、1万4200円。
出荷は7月予定。

このAM−9500は、目標額300万円で始めたのですが、執筆時現在、4000万円以上の金額が集まっており、人気のほどが予想されます。応援購入価格は、本体とフィルター30枚で14200円。(税込)

とってもいい!と思ってしまった逸品です。性能から考えてみると、良心的な値段だと思います。
出荷は7月。かなり期待している製品です。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.