食事を楽しく思ってもらえるような、子どもと一緒に作れる料理や、子どもと料理をする際に役立つ安心・安全なアイテムをご紹介します。【解説】きなこ(インスタグラマー)

著者のプロフィール

画像: 著者のプロフィール

きなこ

夫と息子との3人暮らし。“無理せず、子どもと過ごす日常を一緒に楽しむ”をモットーに、子育てや暮らしのアイディアをSNSやブログで発信している。フォトグラファーとして家族写真の撮影会を開く他、ライターとしても活躍。インスタグラムでは16万人以上のフォロワーを持つ。「3年育児日記」やオリジナルランドセルなど、育児関連グッズのプロデュースも数多い。本書が初の著書となる。
▼つづる(暮らしと育児のブログ)
▼kinako_710(Instagram)

本稿は『こどもとあそぶくらす 親子でつくる楽しい「おうち時間」』(KADOKAWA)から一部を抜粋して掲載しています。

●レシピ内に出てくる水は、基本的に分量外です。●大さじは15㎖、小さじは5㎖です。●耐熱容器は、材料に合わせて深さや大きさを選んでください。

「食べる」を楽しむ食育

子どもと一緒に大切にしたい「美味しいね」の時間

息子は、野菜嫌いを貫く頑固者。振り返ると、私も野菜が大嫌いな子どもでした。ですが親から無理に勧められた記憶はなく、大人になるにつれ自然とその美味しさに気付き、大好きに。息子にも無理強いはせず、「食事って楽しい」と思う心を大切にしてほしいと思っています。同時に、少しでも野菜の美味しさ・彩りの美しさを知ってほしいとも思うので、すりおろし野菜の入ったケーキなど、食べやすく工夫した料理も作ります。

食事を楽しく思ってもらえるよう、日頃からお手伝いをお願いし、週末には家族でごはん作り。最近では息子からリクエストがあったものを作ることが多くなり、「おうどんってなにで作るの?」という質問から、うどん作りをしたことも。ジッパーバッグに小麦粉と水と塩を入れて踏むだけ! 自分で作ると、美味しさもアップします。

年間を通し、季節や行事にちなんだ料理も作ります。離乳食期でも、旬の食材を取り入れ、大人用を工夫して取り分けることで、行事食をみんなで楽しんできました。私には季節が巡る度に思い出す定番の味・家族との思い出があるので、将来息子にも「懐かしいな」と思い出してもらいたいのです。

いろいろな食材に興味を持ってもらえるよう、季節の味覚狩りにもでかけます。イチゴやシイタケなど、普段スーパーに並ぶ食材が実際どのように育つのかを見て、触って、食べられるのが魅力。野菜も果物も苦手な息子ですが、収穫を楽しみ、この時だけは口に運んでくれます。苦手なものに興味を持つよい経験になればと思います。

「食べる」ことを楽しむことは、毎日を、そして人生を豊かにしてくれます。これからも息子と一緒に「美味しいね」の時間を大切にしたいです。

画像: こどもの日に手作り。サンドイッチの上のパンを小さ目の抜き型で型抜きし、中の具材が見えるように。抜いたパンのかけらは、トースターで焼きました。

こどもの日に手作り。サンドイッチの上のパンを小さ目の抜き型で型抜きし、中の具材が見えるように。抜いたパンのかけらは、トースターで焼きました。

毎年恒例の梅仕事

いつも息子と作っている梅シロップ。今年は、梅を一晩凍らせ、梅と同量の砂糖、その2倍の量の水と合わせて15分煮る、という完成後すぐに飲める方法で作ってみました。

画像: 毎年恒例の梅仕事

スイカまるごとゼリー

毎年夏になると作ります。小玉スイカを半分に切って中身をくり抜き、スイカの果汁とカルピスで作ったゼリーを入れ、冷やして固めれば完成。見た目にも楽しいゼリーです。

画像: スイカまるごとゼリー

餃子の皮の簡単ミニピザ

餃子の皮にピザソースを塗り、好きな具材とチーズをのせ、ホットプレートで焼けばカリッと美味しいピザのできあがり。子どもにも食べやすいちょうどいいサイズ。

画像: 餃子の皮の簡単ミニピザ

離乳食

いっぱい悩んだ離乳食期。試行錯誤するものの、結局ほぼ離乳食は食べてくれず、それでもすくすく健やかに育った息子。悩んだ日々もよい思い出です。

画像: 離乳食

ミニミニクロワッサン

パイシートを三角形に切り、小さく切ったウインナーや板チョコに巻きます。トースターやオーブンで焼けば、かわいいクロワッサンの完成♪

画像: ミニミニクロワッサン

子どもにも安全で楽しい
おすすめの便利アイテム

親子クッキングが楽しくなる器具から体に優しい食品まで、子どもと料理をする際に役立つ、安心・安全なアイテムをご紹介。

野菜パウダー

野菜をそのまま粉末状にした「野菜ファインパウダー」。ホットケーキや蒸しパン・クッキー・ケーキなどを作る時に、ただ混ぜるだけ。色も鮮やかで、見た目にも楽しくなります♪

画像: 野菜パウダー

手動みじん切り器

紐を引っ張るだけで簡単に野菜のみじん切りができる「ぶんぶんチョッパーDX」。ザク切りした野菜がしっかり細かくなります。息子の大好きなお手伝いの1つ。

画像: 手動みじん切り器

ホットケーキミックス

ホットケーキをはじめ、カップケーキや蒸しパンなどいろいろなおやつが手軽に手作りできる、大地のおやつの「おやつこ」。思い立ったらすぐに使えるよう、いつもストックを準備。

画像: ホットケーキミックス

子ども包丁

子ども用に安全設計された包丁「リトルシェフ・クラブ」。バナナやりんご、ソーセージを切ってもらっています。大人が使用するものと同じ道具を使えるのが嬉しいみたいです。

画像: 子ども包丁

子ども食器

持ちやすい・食べやすい・こぼしづらい、“自分で食べる”を応援してくれる「ユニバーサルプレート」。本ものを大事に扱えるよう、小さい頃からガラスや陶器の食器も使わせています。

画像: 子ども食器

ジッパーバッグ

お菓子作りをする時によく使う「ジップロック」。材料を中に入れるだけで、子どもでも簡単に、まわりを汚さず混ぜることができます。丈夫なため、うどん作りで踏んでも破れません。

画像: ジッパーバッグ

冷凍ピザ生地

気軽に手作り感が楽しめる、豊代の「発酵済みピザ生地」。解凍後に手で伸ばし、ピザソースを塗り、好きな具材をのせてフライパン+魚焼きグリルで計5分焼くだけ。お店の味に!

画像: 冷凍ピザ生地

コンパクトホットプレート

息子との2人ごはんにもサッと使える、BURUNOのものを使用しています。「粉もん」をはじめ、オムライス、ビビンバ、チーズフォンデュなど、楽しい食事タイムを簡単に演出できます。

画像: コンパクトホットプレート

カボチャドーナツ

少ない材料で、いつでも簡単に作れるドーナツ。甘さは控えめなので、そのままでも、グラニュー糖や粉砂糖、きなこをまぶしても美味しい。

画像: カボチャドーナツ

材料(直径8㎝コップ使用、約10個分)

  • カボチャ…200ℊ
  • バター…30ℊ
  • 卵…1個
  • 砂糖…大さじ3
  • 薄力粉…200ℊ
  • ベーキングパウダー…小さじ1
  • サラダ油…適量
  • グラニュー糖…適量

作り方

①カボチャは種を取り除き、一口大に切る。耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジ(500W)で約7分加熱。

画像1: 作り方

②つまようじが簡単にささるくらいに柔らかくなったら、ラップを外し、粗熱を取る。皮を取り除いてボウルに移し、フォークの背などでまんべんなく潰す。

画像2: 作り方

③②に溶かしたバター、溶いた卵、砂糖を加えてよく混ぜ、さらに薄力粉とベーキングパウダーを加え、ひとかたまりになるまで混ぜ合わせる。

画像3: 作り方

④③をまな板の上に取り出し、めん棒などで生地が約8㎜の厚さになるように、均等に伸ばす。

画像4: 作り方

⑤④を丸い皿やコップで型抜きし、さらにペットボトルの蓋で中央に穴をあける。蓋で抜いた生地もそのまま使用。

画像5: 作り方

⑥厚手の鍋に油を入れ、170℃に熱する。⑤を入れ、片面がきつね色になったらひっくり返し、両面が揚がったら取り出す。キッチンペーパーなどで油を切り、グラニュー糖をまぶす。

画像6: 作り方

Point
チョコペンで目を描き込み、画用紙で作った帽子を貼ったつまようじをさせば、ハロウィーンにもぴったりなお菓子に♪

画像7: 作り方
画像8: 作り方

お花の
ジャムサンドクッキー

息子とのおやつ作りの定番、型抜きクッキー。子どもと作る時は、シンプルな抜き型を使うのがおすすめ。生地にココアや野菜パウダーを混ぜて、色を付けても楽しい アレンジレシピです。

画像: お花の ジャムサンドクッキー

材料(直径4㎝の抜き型使用、約20個分)

  • バター…100ℊ
  • 砂糖…60ℊ
  • 卵黄…1個
  • 薄力粉…190ℊ
  • イチゴジャム…適量
  • 粉砂糖…適量

作り方

①常温に戻したバター、砂糖、卵黄をボウルに入れてよく混ぜ合わせる。

画像9: 作り方

②①に薄力粉を加えてよく混ぜ、ひとかたまりにする。ボウルから取り出し、ラップに包んで30分寝かせる。

画像10: 作り方

③②のラップを外し、めん棒などで生地が約5㎜の厚さになるように、均等に伸ばす。

画像11: 作り方

④数が偶数になるように、③を花型の抜き型を使って抜く。生地の半数には、抜き型や太めのストローを使って中央に丸い穴をあける。

画像12: 作り方

⑤オーブンを170℃に予熱し、クッキングシートを敷いた天板に④を並べて15分焼く。焼き上がったら、天板にのせたまま冷めるのを待つ。

画像13: 作り方

⑥⑤をまな板に移し、丸い穴のあいていない生地には中央にイチゴジャムをのせ、あいている生地には粉砂糖をふりかける。丸い穴のあいた生地をあいていない生地の上に重ねれば完成。

画像14: 作り方

Point
もっと簡単に、サンドイッチで作ることもできます。サンドイッチのパンを花型に抜き、半分には中心に丸く穴をあけ、どちらもトースターで焼き色が付くまで焼きます。ジャムを挟めばできあがり♪

画像15: 作り方

ふんわり
ニンジンケーキ

野菜が苦手でも美味しく食べられます。すりおろしニンジンがたっぷり入って、優しい甘さでふんわり食感。野菜嫌いな息子もパクパク食べ、「おかわり!」と言ってくれる逸品です。

画像: ふんわり ニンジンケーキ

材料(直径18㎝のケーキ型使用、1台分)

  • ニンジン…1本
  • 卵…2個
  • 砂糖…大さじ4
  • サラダ油…大さじ3
  • 薄力粉…100g
  • ベーキングパウダー…小さじ1
  • アーモンドプードル…40g
  • 粉砂糖…適量

作り方

①ニンジンは皮をむき、おろし器ですりおろす。

画像16: 作り方

②ボウルに①を汁ごとと、溶いた卵、砂糖、サラダ油を入れ、よく混ぜ合わせる。

画像17: 作り方

③さらに、薄力粉、ベーキングパウダー、アーモンドプードルを加え、さっくりと混ぜ合わせる。

画像18: 作り方

④ドーナツ型のケーキ型にクッキングペーパーを敷く、もしくはサラダ油を薄く塗り、③を入れる。

画像19: 作り方

⑤オーブンを180℃に予熱し、④を入れて30分焼く。焼き上がったら型を取り出し、しっかりと冷ます。

画像20: 作り方

⑥甘さ控えめのため、取り分け後にお好みで粉砂糖をかける。

画像21: 作り方

Point
ケーキ型がない場合は、バットやマフィンカップでもOK♪ うさぎ型に作ったクッキーと、ミニニンジンをトッピングすれば、イースターにもぴったり。

画像22: 作り方

ミニニンジンは、ニンジンを小さくカットし、オレンジジュース250㎖と砂糖大さじ3で柔らかくなるまで煮たもの。つまようじで穴をあけ、ハーブをさして葉っぱ風に。

画像23: 作り方

コロコロ手まり寿司

生魚を使用しないので、小さな子どもでも食べやすい、コロコロのフォルムがかわいいお寿司。具材のバリエーションも豊富で、嬉しい一口サイズ♪

画像: コロコロ手まり寿司

材料(2人分)

  • ご飯…1.5合
  • 寿司酢…大さじ2
  • 料理酒…適量
  • 塩…適量

具材…各適量

  • ほぐし鮭
  • 枝豆
  • ホールコーン缶
  • えび
  • 溶けるチーズ
  • キュウリ
  • しらす
  • ハム
  • 錦糸卵
  • 絹さや
  • ニンジン
  • 黒ごま
  • ケチャップ

下ごしらえ

①えびは殻をむき、形がまっすぐになるようにつまようじをさす。鍋に水と料理酒、塩を入れて煮立たせ、湯がく。鍋から取り出し、つまようじを抜いて、おなか側を包丁で開く。

画像1: 下ごしらえ

②ニンジンは薄切りにし、絹さやはそのまま、それぞれ鍋に入れて湯がく。鍋から取り出し、ニンジンは花型に型抜きし、絹さやは斜めに細切りにする。ハム、溶けるチーズも花型に型抜きし、キュウリは薄く切り軽く塩をふる。

画像2: 下ごしらえ

作り方

①ご飯を寿司桶などに入れ、寿司酢をまわしかけ、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。

画像24: 作り方

②粗熱を取ったら、ラップに具材を置き、少量の寿司飯をのせて丸く握る。具材は、えび+溶けるチーズ、キュウリ+しらす、ハム+溶けるチーズ、錦糸卵+絹さや+ニンジンを、それぞれ合わせたもの。

画像25: 作り方

③器を2つ用意し、ほぐし鮭と寿司飯、枝豆・コーンと寿司飯をそれぞれ混ぜ合わせる。丸く握り、ほぐし鮭の方には枝豆をトッピング。

画像26: 作り方

④のりを切り抜き、髪・口を作る。丸く握った寿司飯にバランス良く配置し、目は黒ごま、飾りはニンジン、ほっぺたはケチャップで作る。

画像27: 作り方

Point
寿司飯が苦手な人は、普通のご飯でもOK。子どものお弁当箱に詰めてもかわいいです。

画像28: 作り方

さんかく
サツマイモコロッケ

私が子どもの頃、行き付けのお豆腐やさんのおばあさんが「これも持って帰り〜」と、よくサツマイモのコロッケをおまけしてくれました。そんな思い出の味を懐かしく思い、作ってみたおやつです。

画像: さんかく サツマイモコロッケ

用意するもの(2〜3人分)

  • サツマイモ…1本
  • 砂糖…大さじ1.5
  • 牛乳…大さじ2
  • 小麦粉…適量
  • 卵…1個
  • 黒ごま…適量
  • パン粉…適量

作り方

①サツマイモは皮をむき、ぶつ切りにして、鍋に入れて湯がく。

画像29: 作り方

②ザルなどで①の湯を切り、ボウルに入れてヘラなどを使いまんべんなく潰し、鍋に戻す。

画像30: 作り方

③②に砂糖と牛乳を加え、混ぜ合わせながら弱火にかけ、水分を飛ばす。

画像31: 作り方

④滑らかになったら鍋から取り出し、まな板の上などで冷ます。小さくちぎり、三角形に成形。

画像32: 作り方

⑤③を小麦粉、溶いた卵、黒ごまと混ぜたパン粉の順でくぐらせ、衣をつける。

画像33: 作り方

⑥厚手の鍋に油を入れ、170℃に熱する。⑤を静かに入れ、片面がきつね色になったらひっくり返す。両面がきつね色になったら取り出し、網やキッチンペーパーで油を切れば完成。

画像34: 作り方

Point
ほんのり甘くて、かわいい形のおやつコロッケ。おやつにはもちろん、お弁当のおかずとしてもぴったりですよ♪

画像35: 作り方

なお、本稿は『こどもとあそぶくらす 親子でつくる楽しい「おうち時間」』(KADOKAWA)から一部を抜粋して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【子供と一緒に料理】安全簡単おすすめレシピ 初めてでも楽しく作れるアイデア(幼児~小学校低学年向け)
こどもとあそぶくらす 親子でつくる楽しい「おうち時間」
¥1,345
2020-11-13 12:09

This article is a sponsored article by
''.