この記事では世界中でプレイされているオープンワールドRPG「Skyrim(スカイリム)」の魅力をお伝えします。スカイリムは疲れた大人にぴったりの癒しゲームです。残酷なシーンや暗いシーンもありますが、美しい世界と自由な冒険は、現実世界のストレスを忘れさせてくれます。子育て・家事・仕事に終われ、時間がないはずの筆者も睡眠時間を削ってまでプレイするほど、どっぷりどハマり。この記事ではSwitch版「スカイリム」をプレイ中の筆者が、本ゲームの魅力をご紹介します。

スカイリムとは

スカイリムとは、2011年11月11日にリリースされた海外発のRPGゲームです。「The Elder Scrollsシリーズ」と呼ばれるゲームの、5作目にあたります。

当時、発売のプラトッフォームはXBox360、PS3、PCだけでしたが、瞬く間に大反響に。その後、英語版・日本語版のみならず、スペイン・フランス・ドイツ・イタリア語で翻訳され、あっという間に世界中の人を虜にしてきました。

2016年にはグラフィックを改良した「Special Edition」版が発売され、XBox oneやPS4などでも発売。プレイ可能なプラットフォームを広げています。

「Nintendo Switch」でも発売中

現在、スカイリムのSpecialEdition版はNintendo Switchでも発売されています。ダウンロード版で税込7,678円、パッケージ版は発売店舗によって異なりますが、6,000円前後が多い印象です。

世界中でプレイされている理由を考えてみた

先日、Switchのあるわが家も「何となく人気だから」という理由だけで、スカイリムをダウンロードしてみました。

正直ここまで、私がどハマりすることになるとは思いもしませんでした。発売から4年が経過した今でも世界中の人に愛され続け、「やめどきがわからない」と言われている理由がわかりました。私なりにたどり着いたのは以下の4つの理由です。

①自由度が高い

スカイリムが愛されてきた理由のひとつが、自由度の高さです。主人公には「ドラゴンと戦える才能を持った希少な人物」という設定があります。
メインストーリーも、主人公がドラゴンから世界を救う、といった内容です。しかしこのメインストーリーは無視してもかまわないのです。

「ドラゴンを倒すために向かえ」と指示された行き先をスルーして、広大な大地の中で、自分の好きな場所を見つけ好きなように生きられます。
たどり着いた先で盗賊になるもよし、怪しい組織に入って闇の世界で生きるもよし、吸血鬼の王になるもよし、結婚をして養子にとって家族とのどかに暮らすもよし。どう生きても選択した人生に沿った、数え切れないほどのサブストーリーやミッションに出会えるため、飽きることがありません。

「何にも縛られない自由」を現実世界で働く大人が実感するのは、ちょっと難しいですよね。
スカイリムの自由度の高さは、ゲームの中で「もうひとつの人生」をシミュレーションしている感覚にさせてくれます。

②美しい世界観

スカイリムはいわゆる「剣と魔法」がメインの、ファンタジックな世界です。ゲーム内での暮らしに電気や文明を感じさせるものはなく、中世ヨーロッパを彷彿とさせます。

そんな情緒あふれるワールドを闊歩すれば、目に飛び込んでくるのは、山、自然、湖!

画像: 背景ではなく、すべて行ける場所。山の上にも登れる。

背景ではなく、すべて行ける場所。山の上にも登れる。

夜空の月もどこか妖しげで神秘的。何をするでもなく、うろうろするだけで癒される美しい世界です。

画像: スカイリムの夜空

スカイリムの夜空

時折のんびり歩いていると狼やクマが襲いかかってきますが、走って逃げればOK。そして、道中で詰んだ花やきのこで、薬を作ったり料理を作ったり。戦闘や難しいクエストをこなさず、美しい世界の中でのんびり過ごしているだけでも、充分に楽しめます。

③今までのRPGの概念を超える

これまでのRPGでは村人の家に入り、タンスを開け、薬草をいただいて出て行く、というのが当たり前でした。しかしスカイリムではRPGで当たり前の行為が、許されていません。

スカイリムで人の家に入るには、基本、家主が鍵を開けているときを狙わなくてはなりません。さらに、時間帯や家主との関係性によっては、鍵が開いていたとしても「出て行け。衛兵を呼ぶぞ」と言われてしまいます。(出ていかないと本当に呼ばれ、逮捕されます。)

ものを勝手に取ろうものなら、たとえそれがオタマひとつでも、街中追いかけ回される始末です。

画像: 泥棒は衛兵や家主に追い回される

泥棒は衛兵や家主に追い回される

人がいない時に入るには、「ピッキング」でこっそり侵入をします。もちろん、人に見られないように。

画像: 鍵がかかった家

鍵がかかった家

画像: ピッキングで侵入する

ピッキングで侵入する

家の中にあるものが欲しければ家主が見ていない隙にこっそり盗むか、家主関連のクエストをこなして、勝手に持ち出しても大目に見てくれるくらいの関係になる必要があります。

このように、スカイリムではこれまでのRPGで当たり前とされてプレーヤーが意識していなかったことが、非常にスリリングに味わえる形式になっています。こういった点も、スカイリムが面白いと言われる理由です。

④戦闘スキルは不要

のんびり楽しめるスカイリムですが、もちろん戦闘もあります。しかし戦闘は、そう難しいものではありません。

スカイリムには「従者」というシステムがあり、道中の村などで旅のお供をスカウトできます。彼らが戦闘を手伝ってくれるため、ほとんどの場合、Aボタン連打で剣を振り回していればOK。

画像: 剣を振り回してれば従者が助けてくれる

剣を振り回してれば従者が助けてくれる

「アクションRPGは難しいから苦手」という方でもそう苦労することはなく、すぐに慣れてくると思います。

This article is a sponsored article by
''.