「自然な立ち上がり」の動きを知らないと、つい脇の下に手を入れて持ち上げようとしてしまいます。介助者にはお年寄りの全体重がかかりますし、お年寄りも力いっぱい肩を引き上げられるので、痛くて嫌がります。【解説】三好春樹(生活とリハビリ研究所代表)

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

三好春樹(みよし・はるき)

1950年生まれ。生活とリハビリ研究所代表。1974年から特別養護老人ホームに生活相談員として勤務したのち、九州リハビリテーション大学で学ぶ。理学療法士(PT)として高齢者介護の現場でリハビリテーションに従事。1985年から「生活リハビリ講座」を開催、全国で年間150回以上の講座と実技指導を行い、人間性を重視した介護の在り方を伝えている。『関係障害論』(雲母書房)、『生活障害論』(雲母書房)、『ウンコ・シッコの介護学』(雲母書房)、『介護のススメ!希望と創造の老人ケア入門』(ちくまプリマー新書)など著書多数。
▼三好春樹(Wikipedia)
▼生活とリハビリ研究所(公式サイト)
▼@haruki344(Facebook)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

本稿は『イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

イラスト/ひらのんさ

立ち上がり介助の勘違い
後ろから脇の下に手を入れ、
真上に引き上げていませんか?

画像: 立ち上がり介助の勘違い 後ろから脇の下に手を入れ、 真上に引き上げていませんか?

ここがNG①

後ろから脇の下に手を入れられると身動きがとれなくなり、お年寄りは自発的な動作ができません。

ここがNG②

力任せに真上に持ち上げようとすると介助者の腕や腰にお年寄りの全体重がかかってしまいます。

床からの立ち上がりの
基本動作

若い人の場合

若くて筋力のある人の床からの立ち上がり動作を観察してみてください。イラストのように、両足を引いたかと思うと、勢いをつけてお尻を上げ、一挙に立ち上がっていきます。でも、このやり方は、筋力が弱ったお年寄りには難しいです。

画像: 若い人の場合

お年寄りの場合

お年寄りの床からの立ち上がり方は、まず両足を右か左のどちらかに曲げて、横座りという姿勢になります。さらに手を床について四つばいの姿勢になり、それからひざを床から離し、最後に両手をひざ上に移して立ち上がります。でも、お年寄りは横座りの姿勢が苦手です。

画像: お年寄りの場合

同じ体重の人を背負って
お年寄りの動きを疑似体験する

若い介護者がお年寄りがどんなふうに動いているかを知るいい方法があります。その一つが、自分と同じぐらいの体重の人を背負って動いてみることです。つまり負荷をかけるんです。すると、今までのように軽々とは動けません。お年寄りの動きを疑似体験できるんです。

さあ、床からの立ち上がりを練習してみましょう。今までのように立ち上がれましたか? 横座りになって前向きに四つばいになり、そこから高ばいという姿勢を経て、やっと立ち上がれるはずです。でも、これにはお年寄りには難しい横座りという姿勢が含まれています。お年寄りが自然に立ち上がれる方法を次ページから紹介します。

▼後ろから真上に引き上げない
▼若い人の立ち上がり方をまねしない
▼横座りを経由しない工夫を

なお、本稿は『イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【介護技術】床からの立ち上がり介助 基本動作とポイント 後ろから真上に引き上げないこと
イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術
¥2,400
2020-12-15 8:24

※⑪「介助の基本 イスに座る」はこちら

This article is a sponsored article by
''.