床からの立ち上がりと同じく、「床に座る」という動きも和式の住居で生活するためには欠かせない動作です。介助者は、両手を前から持ったり、後ろから抱くようにしてお尻からドスンと下ろそうとしないでください。【解説】三好春樹(生活とリハビリ研究所代表)

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

三好春樹(みよし・はるき)

1950年生まれ。生活とリハビリ研究所代表。1974年から特別養護老人ホームに生活相談員として勤務したのち、九州リハビリテーション大学で学ぶ。理学療法士(PT)として高齢者介護の現場でリハビリテーションに従事。1985年から「生活リハビリ講座」を開催、全国で年間150回以上の講座と実技指導を行い、人間性を重視した介護の在り方を伝えている。『関係障害論』(雲母書房)、『生活障害論』(雲母書房)、『ウンコ・シッコの介護学』(雲母書房)、『介護のススメ!希望と創造の老人ケア入門』(ちくまプリマー新書)など著書多数。
▼三好春樹(Wikipedia)
▼生活とリハビリ研究所(公式サイト)
▼@haruki344(Facebook)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

本稿は『イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

イラスト/ひらのんさ

座る介助の勘違い
お年寄りの手を持って
お尻から座らせていませんか?

画像: 座る介助の勘違い お年寄りの手を持って お尻から座らせていませんか?

ここがNG①

介助者はお年寄りの手を持ってはダメ!手を床につけるのが最初の動きなんですから。

ここがNG②

ひざが曲がり切らなくてお尻からドスンと床に落ちそうになるため、お年寄りはこわがります。

お尻から座るのは危険

お年寄りがお尻から座ろうとすると、体がぐらついて不安なので両手で手すりや介助者の手を握ったまま座ろうとしてしまいます。この座り方では、お尻からドスンと落ちて、背骨の圧迫骨折を起こす危険があります。

画像: お尻から座るのは危険

安全で楽な座り方

高ばいの姿勢

まず最初に両手を床につけます。次に片ひざずつ床につけて四つばいになり、最後にお尻をつけます。これがいちばん安全で楽ちんな方法です。

画像: 高ばいの姿勢

床に座るときは最初に手をつき
高ばいの姿勢で体を安定させる

床から立ち上がるときの動作を思い出してください。座った姿勢から、まず体をひねって両手を床につけ、お尻を上げて四つばいの姿勢、そこから高ばいの姿勢になり、最後に両手を床から離しましたよね。

床に座るときはその逆の動きをたどってください。だから最初に床につけるのは両手です。両手と両足で支える高ばいという姿勢になります。次に片ひざずつ床につけて、四つばいの姿勢になり、そこから体をひねってお尻を下ろします。ひざがちゃんと曲がる人は四つばいではなく、正座になってもかまいません。床に手をつくのがこわい人は、安定のいい台を使ってください。

▼お尻からドスンと座るのは危険! 手→ひざ→お尻の順で床につく
▼床からの立ち上がりと逆の動きで

寝返りから歩行まで
姿勢の種類と動作の
流れチャート

寝返りから歩行までの姿勢と動作のつながりをまとめました。

画像: 寝返りから歩行まで 姿勢の種類と動作の 流れチャート

姿勢と動作の道すじは
リハビリと共通する

人の姿勢と動作の流れを図解してみました。仰向けから、重心の高い立位になるまでのいくつかの道すじが理解できると思います。

これはリハビリテーションの機能訓練の道すじでもあり、赤ちゃんが発達していく過程と共通しています。ただ、赤ちゃんは片ひじ立ちになんかなりませんね。図の点線(→)で記したルートが赤ちゃんの発達過程です。

それぞれの姿勢には移動動作が伴います。座った姿勢での座位移動、四つばいでのはう動き、ひざ立ち移動などは、和式の生活環境では安全で安心な移動方法です。立って歩くことだけではなく、これらの移動動作も活用しましょう。

なお、本稿は『イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【介護技術】床に座らせる介助 「寝返りから歩行まで」動作の流れがわかるチャートを紹介
イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術
¥4,374
2020-12-15 8:29

※⑫「介助の基本 床から立ち上がる」はこちら

This article is a sponsored article by
''.