何種類かの草花をひとつの鉢に植える寄せ植え、寄せ植えを吊るして楽しむハンギングは、地面の少ない玄関まわりや、殺風景になりがちな階段やフェンスに添えると、雰囲気がガラリと変わります。【解説】戸倉多未子(ガーデナー)

著者のプロフィール

戸倉多未子(とくら・たみこ)

有限会社グレイスオブガーデン代表。ガーデナー。暮らしを豊かにする緑の庭づくりをモットーに、小さな庭からエクステリア、ガーデンリフォームまでオリジナルガーデンを手がける。化学肥料に頼らない、自然の恵みを生かした庭づくりを得意としている。ガーデニング講師歴30年、ガーデニング関連の雑誌などでも活躍中。
▼グレイスオブガーデン(公式サイト)
▼戸倉多未子(facebook)
▼@tamikosanexma(Twitter)
▼tamiko.tokura(Instagram)

本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

Technique5寄せ植え&ハンギング
季節感を楽しむ寄せ植え&ハンギング

草花の効果で雰囲気が一変!小さな庭が華やぐ演出アイテム

何種類かの草花をひとつの鉢に植える寄せ植え、寄せ植えを吊るして楽しむハンギング。地面の少ない玄関まわりや、殺風景になりがちな階段やフェンスに添えると、雰囲気がガラリと変わります。また、植物の選び方や飾り方次第で、ローメンテナンスの庭づくりにもひと役買ってくれます。

例えば、花壇や地植えは手入れのいらない樹木やカラーリーフで構成し、フォーカルポイントになる季節の花を寄せ植えに限定すれば、手入れの範囲は最小限に。また、多肉植物や野草、リーフなどテーマを決めてつくるのも方法です。

小コーナーを彩る
寄せ植え

Before

画像1: 小コーナーを彩る 寄せ植え

After

玄関先に飾るだけで空間が一気に華やぐ

画像2: 小コーナーを彩る 寄せ植え

鉢のコーディネートも重要

素朴でナチュラルなバスケット、エレガントなフォルムの鉢。寄せ植えは鉢で雰囲気が大きく変わります。飾る場所に合わせて選んでみて。

画像1: 鉢のコーディネートも重要
画像2: 鉢のコーディネートも重要

ナチュラル感たっぷりの草花

アンティークのブリキのベビーバスを大きな鉢にしたウエルカムフラワーの寄せ植え。季節ごとに少しだけ草花を入れ替えてローテーションしています。

画像: ナチュラル感たっぷりの草花

吊るすだけで色彩豊かに
ハンギング

カラーリーフを多用して

暑さで花が傷みやすい夏は、爽やかなリーフ中心で。吊るすので風通しよく、蒸れにくいため根腐れも防げます。ワイヤーのバスケットには、ヤシの繊維を編んだクッションを敷いています。

画像: カラーリーフを多用して

玄関先のウエルカムフラワー

春の小花を集めたふんわりやさしいハンギング。丸いいフォルムから飛び出した細い枝葉が、春風にゆれて視線を誘います。

画像: 玄関先のウエルカムフラワー

目を引くフラワーボール!

庭の色彩はハンギングで補って。日なたに飾って、手入れをすれば、春から初夏まで咲き続けます。眺めるだけでかならず気分が上がる演出アイテムです。

画像: 目を引くフラワーボール!

POINT
寄せ植え、ハンギングのデザインのコツ

飾る場所が決まったら、その場所にはどんなデザインが馴染むのか、イメージを膨らませながら、フォルムや色合わせ、鉢を組み合わせていきましょう。準備できる草花も季節によって変わるので、その時々の旬の植物で楽しみながらつくるのがポイントです。

FORM

丸いフォルム
鉢の中央を少し盛り上げて、縁に向かって低くしていくとこんもりと丸いフォルムに。やわらかい印象にまとまります。

画像1: ▼ FORM

高さをつける
カラーなどスッと高さのある植物、そして鉢から枝垂れる枝葉で、縦のフォルムを強調することも。動きのある寄せ植えに仕上がります。

画像2: ▼ FORM

COLOR

同系色でまとめる
例えば、黄色の濃淡の花や葉でまとめると、それだけで一体感を演出できます。ビギナーはここからはじめるのが安心です。

画像1: ▼ COLOR

白&緑をベースに
白と緑は合わせる色や場所を問わないので、ベースにすれば失敗はありません。差し色の花を加えるだけでおしゃれにまとまります。

画像2: ▼ COLOR

なお、本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【季節感を楽しむ】寄植え&ハンギング バスケットの選び方やおすすめのデザインを紹介
草花で素敵に彩る 小さな庭のつくり方
¥1,320
2021-03-04 8:48

※⑨「「庭づくりの空間演出テクニック・小物編」」の記事もご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.