スマホ決済は3タイプ!素早く決済したいなら電子マネーとウォレットに注目

暮らし・生活・ペット

スマホの決済サービスでは、モバイル版電子マネーとウォレットサービスが使いやすい。AndroidスマホではSuica/nanaco/WAON/楽天Edy/iD/QUICPayで、iPhoneではSuica/PASMO/iD/QUICPayで手軽に支払える。

[別記事:【ネット通販の支払い方法】クレジットカード以外にもコード決済が増加!郵便局や宅急便もキャッシュレス化が加速中→]

店舗の端末にかざして素早く決済できる電子マネーとウォレットに注目!

スマホでの決済方法には、モバイルSuicaやnanacoモバイルなどのモバイル版電子マネー(以下、電子マネー)、PayPayやd払いなどのコード決済ウォレットサービスと呼ばれるおサイフケータイ/Google Pay/Apple Payの3タイプがある。

これらの中で便利なのが電子マネーウォレットサービスだ。コード決済がアプリを立ち上げて画面をスキャンするのに対して、この2タイプはスマホをかざすだけで支払える。中でもウォレットサービスは電子マネーやクレジットカード、ポイントカード、チケットなどをまとめて一元管理できるところが便利。ここ2~3年の間に導入された端末は、ほぼウォレットサービスに対応しており、誰もが利用しやすくなっている。

このうち、Androidスマホで利用できるのがおサイフケータイGoogle PayiPhoneで利用できるのがApple Payだ。それぞれ利用できるサービスは微妙に異なるものの、電子マネー、搭乗券、ポイントカードなどが登録できる点では同じ。

Google Payではクレジットカードやデビットカードが登録でき、カードによってiD、QUICPay(クイックペイ)、Visa(ビザ)のタッチ決済で支払いができる。

Apple Payでもクレカが登録でき、カードによってiD、QUICPayで支払える。ただし、Visaは日本のApple Payに参加していないのでVisaのタッチ決済は利用できない。

スマホさえ持っていれば、AndroidスマホではSuica/nanaco/WAON/楽天Edy/iD/QUICPayで、iPhoneではSuica/PASMO/iD/QUICPayで手軽に支払える。それぞれのサービスやクレカの利用でポイントがたまるので、まだの人はぜひ使い始めてみよう。

Androidスマホで利用できるウォレットサービス

おサイフケータイ(右)とGoogle Pay(左)。Suica/nanaco/WAON/楽天Edyはスマホ内のそれぞれのアプリをまとめられる。また、端末によってはPASMOも利用できる。

iPhoneで利用できるウォレットサービス

Apple Payのメインページ(右)とPontaのページ(左)。ポイントカードはPontaとdカードが登録でき、ポイント加盟店でApple Payで支払いすると、同時にポイントも獲得できる。

※価格、サービス内容は記事作成時のものです。

■解説/綿谷禎子(ライター)

暮らし・生活・ペット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース