スマホケースをDIYしてみました。新しいスマホケースが欲しい、と思ったものの、かわいいデザインのスマホケースはそれなりのお値段……。それならDIYで安く作れないかと考え、踏み出してみました。その結果、アクリル絵具とUVレジンで、個性的なスマホケースが完成。スマホケースのDIYの方法やアイデアについて、ご紹介します。

かわいいスマホケースは安くない

スマホケースは、100均でも入手できます。しかし100均のスマホケースはシンプルすぎるデザインで面白みがない、というのが正直な感想です。
とはいえ、かわいいデザインのスマホケースは、2,000円以上する場合がほとんど。「スマホを守る」という本来の役割だけなら100円で果たせるものに、「かわいい」が付いてくるだけで20倍の料金を支払う……これは、主婦である筆者からすれば抵抗感がありました。

スマホケースをDIYしてみた

主婦でなくても、「安くて良いものが欲しい」と考えるのは自然なこと。安いだけで見た目を無視したスマホケースを持つのは、ちょっと違う気がしました。

画像: スマホケースを自作してみます

スマホケースを自作してみます

どうにかして安く・かわいいスマホケースを手に入れる方法はないか調べてみると、スマホケースもDIYで作れることが発覚。シンプルな材料で、好みのデザインが作れそうだったので、さっそく試してみました。

スマホケースDIYで必要なもの

スマホケースDIYで必要なものは、作るデザインによって異なります。とりあえず必須なのは、無地のスマホケースです。

画像: スマホケースのDIYには、無地のスマホケースが不可欠です

スマホケースのDIYには、無地のスマホケースが不可欠です

こちらはダイソーで購入しました。さらに、筆者が採用したデザインはスマホに絵を描いて仕上げるタイプです。アクリル絵の具と筆も用意。

画像: 絵の具と筆も用意しました

絵の具と筆も用意しました

今回使用したアクリル絵具は赤・黒・白の3色だけだったので、家にあったもので事足りました。あとは表面に塗るためのUVレジンがあると便利です。こちらも100均で購入できます。

スマホケースに絵を描く下準備

筆者が選択したスマホケースのDIYデザインは、絵に自信のある人なら、スマホケースに一発本番でアクリル絵具をのせても構いません。しかし不安な人は、まず、キッチンペーパーに鉛筆などで下書きをしておくのがおすすめ。

画像: キッチンペーパーに下書きをするのもおすすめです

キッチンペーパーに下書きをするのもおすすめです

スマホケースの形をキッチンペーパーに写します。その後、スマホケースの輪郭の中に全体がおさまるサイズで、絵を描きましょう。

画像: ケースの中に輪郭が全て収まるよう絵を描いていきます

ケースの中に輪郭が全て収まるよう絵を描いていきます

絵自体がうまく描けない、という場合はフリー画像や好みの画像をスマホに表示させ、上からなぞるのがおすすめです。

絵が描けたら、スマホカバーの中にキッチンペーパーをイン。

画像: 絵が描けたらスマホカバーの中にキッチンペーパーをインしていきます

絵が描けたらスマホカバーの中にキッチンペーパーをインしていきます

これで下準備が完了です。

This article is a sponsored article by
''.