Windows 11を起動してログインすると、最初に見える「デスクトップ」は、画面下部の「タスクバー」に並ぶアイコンが、中央に寄せられている。アイコンのいちばん左側に配置されているのが「スタート」ボタンだ。Windows 10では左寄せになっていた配置が中央寄せになったことで、大画面のパソコンで操作する際に、マウスカーソルの移動距離が短くなるというメリットがある。ここでは、そうした違いを解説していく。

Windows 11のデスクトップはここが違う!

Windows 11は、Windows 10と画面やアイコンのデザインが違う。特に、Windowsの顔ともいえる「デスクトップ」や「スタートメニュー」が大きく進化した。

Windows11を起動してログインすると、最初に見える「デスクトップ」は、画面下部の「タスクバー」に並ぶアイコンが、中央に寄せられている。アイコンのいちばん左側に配置されているのが「スタート」ボタンだ。Windows 10では左寄せになっていた配置が中央寄せになったことで、大画面のパソコンで操作する際に、マウスカーソルの移動距離が短くなるというメリットがある。

画像: デスクトップ

デスクトップ

画面右下のアイコンは10と似た配置だが、表示される項目が変わった

画像: 右端に並ぶアイコンはWindows 10と似ているが、アクションセンターは廃止され、時計などのボタンをクリックしたときの表示項目は大きく変化した。

右端に並ぶアイコンはWindows 10と似ているが、アクションセンターは廃止され、時計などのボタンをクリックしたときの表示項目は大きく変化した。

スタートボタンのクリックで表示される「スタートメニュー」も画面中央に表示されることを含め、全体的に大画面対応のデザインといえるだろう。小さい画面で高解像度のパソコンでは、「設定」→「システム」→「ディスプレイ」の「拡大縮小とレイアウト」で、表示サイズを調整すると見やすくなる。

スタートメニューでは、Windows 10の特徴だったニュースなどの情報が動的に表示される「ライブタイル」が廃止。「ピン留め」された任意のアプリアイコンが並び、アイコンサイズも1種類に統一され、シンプルなレイアウトになった。「すべてのアプリ」は、ボタンのクリックにより次の画面で表示される。

画像: スタートメニュー

スタートメニュー

スタートボタンなどはタスクバーの中央に表示される

画像: タスクバーのアイコン(ボタン)は、中央寄せの配置になった。左端が「スタート」ボタン。Windows 10では動かせたタスクバーの位置は下部に固定され、高さも変えられない。設定により「自動的に隠す」ことは可能。

タスクバーのアイコン(ボタン)は、中央寄せの配置になった。左端が「スタート」ボタン。Windows 10では動かせたタスクバーの位置は下部に固定され、高さも変えられない。設定により「自動的に隠す」ことは可能。


Windows 10のデスクトップはこうだった

スタートボタンは画面の左下が初期設定だった

Windows 10では、旧来のWindows同様タスクバーの左下にスタートボタンが配置され、タスクバーには検索窓やエクスプローラーなどのほか、起動中のアプリアイコンやアクションセンターが並んでいた。

画像1: Windows 11のデスクトップはここが違う!

タスクバーも、細部がかなり変化した。Windows 10で通知や設定項目が並んでいた「アクションセンター」が廃止。Windows 11では、時計・日付部分をクリックすると「通知センター」が、電源・音量・ネットワーク部分をクリックすると「クイック設定」が表示される。

通知は時計・日付に集約された

画像: タスクバーの時間・日付表示部分をクリックすると、通知とカレンダーが一緒に表示される。時間の隣の電源アイコンなどをクリックすると、「クイック設定」が表示される。

タスクバーの時間・日付表示部分をクリックすると、通知とカレンダーが一緒に表示される。時間の隣の電源アイコンなどをクリックすると、「クイック設定」が表示される。

また、タスクバーには、「チャット」と「ウィジェット」のアイコンが追加された。チャットは「Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)」が起動し、チャットやビデオ会議を始められる。

ウィジェットは追加や削除、サイズ変更が自由自在

画像: 画面左側からスライドして出てくるのが「ウィジェット」と各種「ニュース」。ウィジェットは天気予報などのミニアプリのこと。今後対応アプリが増えてくる。

画面左側からスライドして出てくるのが「ウィジェット」と各種「ニュース」。ウィジェットは天気予報などのミニアプリのこと。今後対応アプリが増えてくる。

ウィジェットはWindows 7の「ガジェット」などに近いもので、天気予報やTo Do(トゥー ドゥー)などのミニアプリと、ニュースなどの情報が画面左側からスライド表示される。

画像2: Windows 11のデスクトップはここが違う!

◆解説/福多利夫(フリーライター)

画像: この記事は『誰でもわかる!Windows11』(マキノ出版)に掲載されています。 www.amazon.co.jp

この記事は『誰でもわかる!Windows11』(マキノ出版)に掲載されています。

www.amazon.co.jp


This article is a sponsored article by
''.