毎年秋に発表されるグッドデザイン賞。厳正な審査を経て選ばれた「Gマーク」製品は、スタイリッシュな外見だけでなく、機能性にも優れ、どれも魅力的で優秀です。2021年のグッドデザイン賞に輝いた「キッチン用品」は、まさに「かゆいところに手か届く」工夫が満載。キッチンに立つ時間の長い人は、必見です。

「グッドデザイン賞」とは

暮らしや社会をよりよくするための活動

グッドデザイン賞は、デザインの優劣を競うものではありません。形の有る無しにかかわらず、人がなんらかの「理想や目的を果たすために築いたものごと」をデザインととらえ、その質を評価するものです。つまりグッドデザイン賞とは、デザインによって、私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動といえます。1957年に創設された長い歴史を持つ賞で、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みとなっています。

グッドデザイン賞を受賞したことを示すシンボルマーク「Gマーク」は、日本国内で広く認知されています。皆さんも目にしたことがあるのではないでしょうか。

画像: 受賞の証「Gマーク」 www.g-mark.org

受賞の証「Gマーク」

www.g-mark.org

2021年は、国内外のデザイナーや建築家、専門家など、各分野の一線で活躍している88名の審査委員による厳正な一次・二次審査を経て、1,608件の「グッドデザイン賞」受賞が決定しました。その中から、注目のキッチンツールを紹介します。デザインはもちろん、快適な機能や新しい工夫、環境にも配慮した、魅力的な製品がいっぱいです。

グリル調理容器

パロマ/ラ・クックシリーズ

画像: 魚焼きグリルで使用。掃除がしやすく、調理の時短にも役立つグリルパン。 www.g-mark.org

魚焼きグリルで使用。掃除がしやすく、調理の時短にも役立つグリルパン。

www.g-mark.org

ラ・クックは、魚焼きグリルが有効活用できるグリルパン。魚焼きグリルで魚を焼くと、「油跳ねやニオイがついて掃除が面倒」ということで、敬遠されがちなようです。でも、ラ・クックなら、フタ付きなので油跳ねやニオイがグリル内につきにくく、使用後のお手入れの手間が大幅に軽減。容器の内側は遠赤効果のあるセラミック塗装が施されているので、蓋をしていても焼き目がついて、炭火焼きのようにジューシーに仕上がります。焼き魚のほか、ローストチキンやギョウザ、ケーキ、ノンフライ調理と、多彩な料理が作れるのも特徴です。

画像: 煮物や炊飯、燻製ができる深皿タイプのグランポット。 www.g-mark.org

煮物や炊飯、燻製ができる深皿タイプのグランポット。

www.g-mark.org

深皿仕様のラ・クックグランポットは、煮る、蒸す、パン作りなどに対応します(焼き料理は不可)。魚焼きグリルのほかにコンロでも使えて、ごはんを炊いたり、燻製が作れたりと大活躍。審査では「料理を楽しむ道具として、ガス調理器のメーカー自身がグリル調理容器をデザインしている」と評価が集まりました。

画像: 食卓にそのまま置いて料理の温かさをキープ。 www.g-mark.org

食卓にそのまま置いて料理の温かさをキープ。

www.g-mark.org

外側は食卓に馴染むおしゃれなカラーリングで、そのまま食器として使用が可能。余分なお皿を使わないので洗い物が減らせるなど、いいことづくめです。

ピーラー

スズキ/ベジタブルユニークピーラー

画像: ハンドル部分を省くことでプラスチックゴミの削減にも貢献。 www.g-mark.org

ハンドル部分を省くことでプラスチックゴミの削減にも貢献。

www.g-mark.org

スイスの工業デザイナーが、デザインと機能性を追求して作ったベジタブルユニークピーラー。ハンドル部分のない斬新なデザインで、自在な皮むきができるのが特徴です。

ブレードは緩やかなカーブを描いており、食材との抵抗が小さくて皮剥きがスムーズ。軽く当てるだけでしっかり皮を捉え、スーッときれいに剥くことができます。「使う人を『おっ!』と言わせてしまうような、驚くほどの滑らかな切れ味。そっと刃をあてて滑らせることで、スルスルときれいに皮が剥けるのはとても気持ちがいい」とは、審査員のコメント。

画像: ピーラー発祥の地・スイスの工業デザイナーが開発。手のひらで削る感覚で、直感的に使える。 www.g-mark.org

ピーラー発祥の地・スイスの工業デザイナーが開発。手のひらで削る感覚で、直感的に使える。

www.g-mark.org

刃は180度に弧を描く回り込み構造で、剥いた後の皮が手元に集まる設計になっています。同じ場所にまとまって落ちるため、皮が散らばらず後片付けもラク。これはすごく助かります。使用中と使用後両方のストレスを軽減する、下ごしらえの強い味方です。

画像: 剥いた皮が手元に戻ってくる「回り込み構造」を採用。 www.g-mark.org

剥いた皮が手元に戻ってくる「回り込み構造」を採用。

www.g-mark.org

おろし金

紀州新家/究極のおろし金シリーズ

画像: おろし金には珍しい鏡面仕上げ。 www.g-mark.org

おろし金には珍しい鏡面仕上げ。

www.g-mark.org

ピカピカとした鏡面仕上げが美しい「究極のおろし金」は、設計や改良をくりかえし、細部まで追求したこだわりの逸品です。2018年にも前モデルが受賞していますが、新製品はさらにブラッシュアップ。以前採用していた持ち手部分の木材を省き、1枚の銅板で完結することで、より軽量になりデザインとしても研ぎ澄まされた印象に。「過去や現状に甘んじず、製品の見直しを怠らず、改善を続ける。そんな職人としての、ものづくりに向き合う姿勢を高く評価したい」と、そのストイックさが審査員の心をつかみました。

画像: 持ち手をトレーにかけておろすと安定感が増す。 www.g-mark.org

持ち手をトレーにかけておろすと安定感が増す。

www.g-mark.org

職人の手作業で打ち込まれた目立て(擦り下ろし面のトゲ)は、大きさや角度など計算され尽くしたもの。切れ味が抜群で、食材の細胞を破壊することなく、大根おろしなどもフワッとみずみずしい食感に仕上げます。さらに、軽い力で下ろせて簡単に洗えるなど、使い勝手も優秀。道具としての完成度が高く、一般家庭からミシュラン獲得店まで、幅広く愛用されています。



This article is a sponsored article by
''.