アドラーはフロイトと共同研究をしていた心理学者です。やがて考え方のちがいからフロイトのもとを離れ、「アドラー心理学(個人心理学)」を考え出しました。ヒトの行動は「原因」でなく「目的」に起因するものだと考える「アドラー心理学」について、書籍『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 心理学』著者で文学博士の齊藤 勇さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

齊藤 勇(さいとう いさむ)

文学博士。立正大学名誉教授、日本ビジネス心理学会会長。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は対人・社会心理学。「それいけ‼ココロジー」(日本テレビ)の監修・コメンテーターを務めるなど、心理学ブームを牽引。『図解 心理分析ができる本』(三笠書房)、『図解雑学 見た目でわかる外見心理学』(ナツメ社)、『イラストレート 心理学入門』(誠信書房)など、著書・監修書多数。

本稿は『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 心理学』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/桔川シン、堀口順一朗、栗生ゑゐこ

「アドラー心理学」行動するのは、目的のため?

ヒトの行動は「原因」でなく「目的」に起因するものだと考える心理学!

アドラーは、フロイトと共同研究をしていた心理学者です。ですが、やがて考え方のちがいからフロイトのもとを離れ、「アドラー心理学(個人心理学)」を考え出しました。

フロイトは、ヒトの行動には経験や感情などの「原因」があると考えていましたが、アドラーは、ヒトの行動には原因はなく、「目的」を達成するために経験や感情を利用すると考えました。例えば、「他人と関わりたくない」という目的を達成するために、「自分は人見知りな性格だから」などの原因をつくり出すというものです。これを「目的論」といいます。

原因論と目的論

目的論とは、ヒトの行動は、目的を達成するために経験や感情を利用するものだという考え。

フロイトの原因論

画像: ▼フロイトの原因論

アドラーの目的論

画像: ▼アドラーの目的論

私たちは、自分の思いどおりにならないときに「お金がないから」「反対されたせいだ」などと、自分以外のせいにしがちです。
アドラーは、これを「人生の嘘」と批判し、ヒトは自分にとって本当に大切な目的を見つめ直し、その目的を達成するときに生じる困難に立ち向かうため、自分を勇気づけるべきだと説きました。

フロイトは、心をエス・自我・超自我に分けて考えましたが、アドラーは、個人をこれ以上分割できない最小の単位だと考えました。
これが「全体論」です。個人という全体が、目的のために感情や思考を利用していると考えたのです。

本稿は『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 心理学』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.