腰痛を根本的に解消するには「痛みが発生するメカニズム」を理解し、腰の構造を改善することが不可欠です。そのために最も重視すべきなのが、腰周りの筋肉のバランスを整えること。つまり、サボリ筋をピンポイントで刺激することなのです。腰痛には「腰が反るタイプ」と「腰が丸くなるタイプ」があります。それぞれのタイプ向け「サボリ筋」コンディショニングについて、著者で理学療法士の笹川大瑛さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

笹川大瑛(ささかわ・ひろひで)

理学療法士。一般社団法人 日本身体運動科学研究所 代表理事。教育学修士。剣道六段。日本大学文理学部体育学科卒、日本大学大学院(教育学)卒。整形外科で多くの高齢患者や慢性疼痛患者のリハビリを担当する。臨床経験や独自の研究を経て、サボリ筋を鍛える「関節トレーニング」を考案。体の動きが劇的に変わると評判を呼び、関節痛の改善・予防のほか、アスリートの運動能力向上にも貢献している。ボディコンディショニングのセミナーも多数開催。「関節の痛みのない世界をつくる」をビジョンに、セルフケアの普及や治療家の育成に尽力している。著書に『関トレ 関節トレーニングで強いからだを作る』(朝日新聞出版)、『運動能力が10秒で上がるサボリ筋トレーニング』(KADOKAWA)などがある。

本稿は『腰の痛みが10秒で解消!サボリ筋コンディショニング 体操やストレッチより効果絶大!』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/中村知史、撮影/山上忠

腰痛の根本解消のために重視すべきは腰周りの筋肉のバランスを整えること

腰痛の発端に、腰周りで本来の働き・機能を果たしていない筋肉=「サボリ筋」あり、それと同時に、そのサボリ筋のせいで、余計に働かねばならない状態の筋肉=「ガンバリ筋」が存在します。

「あれっ、腰が痛くなってきたかな」と感じはじめる段階、つまり初期の腰痛は、このガンバリ筋が生み出します。
あまりに働きすぎたガンバリ筋は、緊張・硬直し続けた状態になり、疲労物質や発痛物質が蓄積されていきます。
また、緊張・硬直しているガンバリ筋は、腱(筋肉と骨を結びつけている組織)や靱帯(骨と骨を結びつけている組織)を引っ張り続け、これもまた痛みの原因になります。
こうして、一般的に「腰の筋肉痛」「筋筋膜性腰痛」と呼ばれている腰痛は、「腰周りの筋肉のアンバランス」が原因で引き起こされるのです。
「ぎっくり腰」も、ガンバリ筋の過緊張によって起こる腰痛です。

腰痛が重症化していく

さらに、そうした筋肉のアンバランスを放っておくと、今度は「腰周りの骨や関節」にまでダメージが広がっていきます。
ひとことでいえば、「腰痛が重症化していく」ということで、その行き着く先が腰椎椎間板ヘルニア(以降は「椎間板ヘルニア」と表記)や脊柱管狭窄症などの疾患です。

これらの疾患は、トラブルが筋肉だけにとどまらず、骨や関節にまで及んでしまい、痛みはいっそう強く頻繁に現れるようになります。
なぜなら、「ガンバリ筋による腰痛」だけでなく、関節内の炎症、神経への直接的な圧迫までもが起こりやすい状態になっているからです。

加えて、緊張・硬直したガンバリ筋が、腰〜足先まで延びている坐骨神経を締め付けることもあり、その場合には下半身のしびれまで招いてしまいます。

腰痛を根本的に解消するには、このような「痛みが発生するメカニズム」を理解し、腰の構造を改善することが不可欠です。
そして、そのために最も重視すべきなのが、腰周りの筋肉のバランスを整えること。
つまり、サボリ筋をピンポイントで刺激することなのです。

本稿は『腰の痛みが10秒で解消!サボリ筋コンディショニング 体操やストレッチより効果絶大!』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.