ハーマンインターナショナルは、JBLブランドより完全ワイヤレスイヤホンの新モデルとして「JBL Quantum TWS(クオンタムトゥルーワイヤレス)」を発売した。本製品は、ゲーミング用オーディオ「JBL Quantum」シリーズ初となる完全ワイヤレスモデルで、JBL独自のゲーミング用音響技術「JBL QuantumSOUND」の搭載により、モバイルゲーミングでの使用はもちろんのこと、本格的なオンラインゲームにも使用できるアイテムとなっている。

JBL
JBL Quantumシリーズ「JBL Quantum TWS」

●実売価格:1万9800円程度

ゲーミング用ワイヤレスイヤホン

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドより完全ワイヤレスイヤホンの新モデルとして「JBL Quantum TWS(クオンタムトゥルーワイヤレス)」を発売した。

画像1: ゲーミング用ワイヤレスイヤホン

本製品は、「JBL Quantum」シリーズ初となる、ゲーミング専用の完全ワイヤレスイヤホンで、シリーズ共通の音響技術「JBL QuantumSOUND」の搭載により、高いサウンドクオリティを手軽に体感することができる。また、本体の厚みを楕円(オーバル)型に設計し、さまざまな耳の形状にフィットするようデザインされた「デュアル・オーバルシェイプ」を採用。快適な装着感と高い遮音性を生むため、どんな環境でもゲームに集中することができるモデルとなっている。

画像2: ゲーミング用ワイヤレスイヤホン

モバイル使用に適したノイズキャンセリング機能と高い通話品質

周囲の環境にあわせて遮音レベルをリアルタイムに最適化する補正機能を持った、ハイブリッドノイズキャンセリング機能を搭載しており、外出時のどんな場所でも、ゲームプレイに優位な最高クラスの静寂を提供してくれる。一方で、周囲の音を拾う、外音取り込み機能も搭載しており、ノイズキャンセリングとの切り替えも簡単に操作することができる。状況を把握しながら安全な状態でプレイをすることも、話しかけられた際のスムーズな対応も可能。

また、本製品には、環境音と声を的確に切り分け、音声のみをピックアップするビームフォーミングマイクを合計6つ採用することで、周囲が騒がしい環境下においても、話し声だけをクリアに届けることが可能となっており、ゲーム実況や複数人でのボイスチャットはもちろん、通話時にも快適に使うことができる。

画像3: ゲーミング用ワイヤレスイヤホン

50ms (約0.05秒) の低遅延かつ高い安定性を実現する2.4GHzワイヤレス接続に対応しており、付属のドングルをデバイスのUSBポートに取り付けることで、ケーブルの煩わしさから解放された状態で、安定した接続を保ち、快適な通信環境の中でゲーミングに集中することができる。

USBドングルは、イヤホン本体とともに充電ケースに収納ができるため、紛失の心配もない。さらに、USBドングルを接続しながらBluetoothにも同時接続できるデュアルソース機能に対応しているため、ゲームのプレイ中でもスマートフォンからの着信を逃さず応答することも可能。通話が終わると自動的に、2.4GHzワイヤレス接続に切り替わり、シームレスにゲームの世界に戻ることができる。

また、イヤホン本体の左右間の遅延を無くす、左右同時伝送方式を採用。あわせて、Bluetooth接続時に専用アプリで「ゲーミングモード」を選択すると120ms (約0.12秒) の低レイテンシー接続にもなり(※SBCのみ対応)、ゲームプレイ時に最もストレスとなる音の遅延を高いレベルで排除、シリアスなタイミングが求められるハンティングやシューティング系のゲームでも快適にプレイを楽しむことができる。

画像4: ゲーミング用ワイヤレスイヤホン

最大約24時間の連続再生(イヤホン本体約8時間+充電ケース使用16時間)を可能にしているため、充電切れやバッテリー残量に気を取られることなく、プレイに集中することができる。また、通勤、通学時間などで音楽や動画視聴をし、休憩時間でのプレイ、帰宅後にそのままゲームで使用するなど、丸1日楽しむことができる。さらに、防水性能(IPX4)の搭載により、ゲームに熱中していつの間にかかいてしまった汗でも安心して使い続けることができる。

付属のUSBドングルを使用してPC環境で使えば、「JBL Quantum」シリーズのために開発されたPC専用ソフトウェア「JBL QuantumENGINE」を使用することができるようになる。独自開発となる、世界初の7.1chサラウンドサウンド「JBL QuantumSURROUND」では、空間を立体的に再現する圧倒的な没入感を提供してくれるため、音の方角だけにとどまらず、「あらゆる位置の音」を表現できるから、ゲーミングにおいて非常に有利にプレイを進められる。

「JBL QuantumENGINE」では、聴覚に合わせた3Dオーディオの調節や、イコライザーのカスタマイズが可能。また、スマートフォンアプリ「JBL Headphones」では、イヤホンのフィット感をチェックする機能や、ノイズキャンセリングレベルの調整にも対応しているため、自分好みにイヤホンをパーソナライズすることができる。製品そのもののポテンシャルを最大限に引き出すとともに、好みに合わせた最適な使い心地を実感できる。

画像5: ゲーミング用ワイヤレスイヤホン

ハーマンインターナショナル:JBL Quantum TWSの公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.