【富士フイルム】空間に絵や文字を描く空間描画機能を搭載したスマホ用プリンター|スマホの画像をその場で簡単にプリントできる

ガジェット

富士フイルムは、スマートフォン用プリンター"チェキ"の新製品として「instax mini Link 2」を発売した。本機は、スマホで撮影した画像などをその場で簡単にプリントできるだけでなく、専用アプリを使用してスマホで撮影する際にARエフェクトを重ね合わせて空間に絵や文字を描く空間描画機能「instaxAiR」を新搭載するなど、ユニークな機能を充実させたモデルとなっている。

富士フイルム
instax mini Link 2

●実売価格:1万5800円程度

「遊べる」Linkプリンターがさらに進化!ARエフェクトを空間に描画できる新機能搭載!

富士フイルムは、スマートフォン用プリンター"チェキ"の新製品として「instax mini Link 2」を発売した。

「instax mini Link 2」ソフトピンク

本機は、スマホで撮影した画像などをその場で簡単にプリントできるだけでなく、専用アプリを使用してスマホで撮影する際にARエフェクトを重ね合わせて空間に絵や文字を描く空間描画機能「instaxAiR」を新搭載するなど、ユニークな機能を充実させたモデルとなっている。

スマホ内の画像の拡大・縮小・回転・フィルター・明るさなどを直感的な操作で簡単に編集し、専用のアプリから送信すれば素早くプリントすることができる。

本体カラー:スペースブルー

また、動画内のベストな瞬間をプリントできる機能として「Video Print(ビデオプリント)」も引き続き搭載しており、スマホに保存した動画を取り込み、指で左右にスクロールして被写体のベストな瞬間を選べば、切り出した画像をプリントすることが可能だ。

さらに、本機には、専用アプリを使用してスマホで撮影する際にARエフェクトを重ね合わせて空間に絵や文字を描く空間描画機能「instaxAiR」を新搭載。本体の上部にある「Featureボタン」を押しながら、本体側面のLEDをスマホに向けて動かすと、その軌道にあわせて、アプリの画面上に簡単にARエフェクトを重ね合わせることができる。

Featureボタン

空間描画を楽しむために、5つの描画ツールを用意しており、例えば、描画ツール「Bubbles」や「Petals」で描いたシャボン玉や花びらのデザインが画面内で流れるように動くため、撮影する度に異なるデザインのチェキプリントがを楽しめる。

描画ツール「Glitter」でキラキラ輝く様子とともに撮影した作例

空間描画の際に「Link 2」の動きに合わせて本体が振動し、実際にスプレー缶で絵を描いているような感覚を楽しめるリアルな演出は、その場の雰囲気をより盛り上げてくれる。

「Link 2」側面にあるLEDを用いて空間描画を楽しむことができる

専用アプリの画面上に、直接指で絵や文字などを描画することも可能。より自由な写真表現を楽しむことができるようになっている。

専用アプリの画面上に、指で絵を描画することができる

空間描画の様子を最大15秒の動画で記録し、instaxプリントのフレームをつけて、スマホに保存できるほか、保存した動画をQRコードにしてプリントすることもできる。スマホでQRコードを読み取ると動画の再生が可能となっている。

QRコードを読み込むと動画の再生が可能

ハイブリッドインスタントカメラ「instax mini Evo」(2021年12月)、「instax mini LiPlay」(2019年6月)と同様に、好きな背景を選びinstaxプリントのフレームを付けたデータを簡単にSNSなどでの共有も可能。

友達や気になる相手との相性をパーセンテージで示すことができる相性診断機能「Match Test(マッチテスト)」に「直感診断」メニューを追加。二人でその日の気分に合う色をそれぞれ選択すると、相性のパーセンテージと選択した色がチェキプリントに表示される。二人でいくつかの質問に答えて診断する「性格診断」や相性をその場ですぐ診断する「一発診断」と同様に、診断結果が浮かび上がるまでのドキドキ・ワクワク感を楽しめる。

(1)直感診断」メニューを選択
(2)二人で気分に合う色をそれぞれ選択
(3)「直感診断」の結果をプリントした作例(上記の画像)

本機をリモコンとして使用できる機能「instax Camera」を搭載。本機に内蔵した加速度センサーにより、プリンター中央部の電源ボタンの面を下に向けるとズームイン、上に向けるとズームアウトし、画角の調整をすることができる。また、電源ボタンがスマホのシャッターボタンと連動し、スマホから離れて撮影する場合でも、本機で簡単にシャッターを押すことができる。さらに、同じ写真を複数枚プリントしたい場合には、プリント出力部を下に傾けて電源ボタンを押すだけで、簡単に追加プリントが可能となっている。

富士フイルムのデジタルカメラからも画像データを受信すれば、プリントが可能で、「FUJIFILM Camera Remote」アプリより直接「Link 2」専用アプリに画像データを転送することによりプリントすることが可能。

富士フイルムのデジタルカメラからも画像データを重心して、プリントすることができる

本体サイズは、幅91.9mm、奥行き124.8mm、高さ36.4mm、重さは、210g(フィルム別)。電源は、リチウムイオン電池を内蔵。充電時間80から120分で、約100枚のプリントが可能。プリント可能な画像フォーマットは、JPEG、PNG、HEIF、DNGとなっている。本体カラーは、ソフトピンク、クレイホワイト、スペースブルーの3色を用意している。

富士フイルム:instax mini Link 2の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース