【アロマディフューザー】水で薄めず、オイルをそのまま噴霧。香りしっかり『moku. コードレスアロマ噴霧器』

暮らし・生活・ペット

一般的な置き型芳香剤では香りの広がりが物足りないと感じて、アロマディフューザーを導入してみたものの、思ったほどには香らない。それはきっと、『moku.コードレスアロマ噴霧器』のようにアロマオイルを直接噴霧するネブライザー式ではないからかもしれない。

アロマディフューザーの種類:超音波式では物足りないなら、ネブライザー式

アロマディフューザーは、アロマを拡散する器具を指す。電気を使わず、オイルを上部の皿に入れてランプの火で熱する加熱式、スティック型で気化するアロマスティック製品などもあるが、電動式のアロマディフューザーは、超音波式とネブライザー式の2種類だ。

安価に入手できることから広まった超音波式アロマディフューザーは、超音波式加湿器と同じ原理でミストを生み出し、使用する水にアロマオイルを混ぜるタイプ。オイルの使用量が少なくて済むのは良いのだが、どうしても香りは薄まってしまうのが特徴だ。また水で薄めている分、雑菌が繁殖しやすいデメリットもある。

電気の力を使っているのに、香りが物足りないと感じる人は、このコイズミグループでインテリアのような家電をコンセプトに展開しているアルファックス・コイズミによる『moku. コードレスアロマ噴霧器』(MCA-105/W・約幅81×奥行81×高さ137mm/160g・税込4,980円・2023年8月1日発売)のような、ネブライザー式のアロマディフューザーを使う方が向いている。

ネブライザー式は、アロマオイルそのものを噴霧することができる装置。原液を噴霧するので、香りの強さはこちらの方が強い。さらに水で薄めていない分、雑菌が繁殖しにくいというメリットもある。

『moku. コードレスアロマ噴霧器』はそうした魅力の他に、リチウムイオン充電池を内蔵してどこにでも持ち運べるのが特徴だ。フル充電で、最大約15時間使用できる。

アロマオイルを無駄にしないよう、1~3時間の切タイマーを設定でき、使用シーンに合わせて噴霧量を3段階に調節することもできる。

ルックスもSDGs時代に則して、本体の外郭にバイオマス原材料(木繊維)を40%以上使用。インテリアにも馴染みやすく仕上げられている。

付属品は、アロマボトル2個、漏斗、オープナー、ホルダー3個、フェルト3本、充電用USBケーブル、取扱説明書(保証書付)。

入手は公式オンラインショップ「COCONIAL楽天市場店」などで可能だ。

■公式サイト

暮らし・生活・ペット
シェアする
特選街web 編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源にウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月からはハンドメイド・手作り実用書の老舗出版社・ブティック社が運営スタート。"暮らしの中でベストな商品を選ぶ"ためのヒントを、続々発信中!

特選街web 編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース