いい写真を撮るには、魅力的な被写体や優れた撮影機材も必要だが、そこにテクニックが伴わないと残念な結果になる。「構図」「ピント」「露出」という3大要素をしっかりと押さえて、写真の出来栄えをアップさせよう!


「実践編」の第4回は「観光名所」だ。  
第1回「人物」はこちら
第2回「自然風景」はこちら
第3回「花」はこちら


「基本編」はこちら→
第1回「構図」
第2回「ピント」
第3回「露出」

テーマ❶ メインの建物を効果的に目立たせる

【構図】▶メインの被写体が隠れ、主役が逆転

奥の一段高い所にある本宮を、手前の舞殿を絡めて撮影したい。

だが、舞殿の近くで撮影すると、手前の舞殿が大きく目立ち、奥の本宮は大きさも、写る範囲も、控えめになってしまった。

これでは、撮影時の意図と異なる描写(主役の逆転)になってしまう。

画像: 【構図】▶メインの被写体が隠れ、主役が逆転

【ピント】▶「AF-S」+「1点の任意選択」でOK

被写体は遠方の建造物なので、AFモードは「AF-S」(「S-AF」と呼ぶメーカーもある)、AFエリアモードは「1点の任意選択モード」でOK。

そして、構図を決めたあとに、主役となる被写体に重なるAFエリアを選択して、確実なピント合わせを行う。

画像: 【ピント】▶「AF-S」+「1点の任意選択」でOK

【露出】▶露出オーバーではないが、軽い描写

本宮と舞殿は、明るくも暗くもない被写体だが、周りを囲む鬱蒼と茂る木々は日陰部分もあって暗め。

そういった周囲の影響もあり、露出補正なしでは全体的に明るめになった。

露出オーバーというほどのレベルではないが、この被写体や雰囲気には合わない軽い描写である。

画像: 【露出】▶露出オーバーではないが、軽い描写

☆☆☆成功のポイント!

▶離れた位置から望遠域でねらう。マイナス0.7補正で重厚感を出した

離れた位置に移動して望遠域でねらう。

この変更により、本宮の位置や大きさが思いどおりになった。

そして、マイナス0.7露出補正で重厚感のある描写に仕上げた。

画像1: ☆☆☆成功のポイント!

撮影DATA
150㎜/AF-S/絞り優先AE/1/640秒/F8/-0.7露出補正/WBオート/ISO400

テーマ❷ 曇天でも人気スポットを明るく撮る

【構図】▶天気の影響もあり、全体に締まりがない

浅草・吾妻橋から望む、東京スカイツリーのある風景。

有名な観光(撮影)スポットだが、この日の天気はあいにくの曇天。

そのため、手前のビル群と一緒に空を広く写し込むと、全体的に締まりのない描写になってしまう。

これが晴天の青空なら絵になるのだが……。

画像: 【構図】▶天気の影響もあり、全体に締まりがない

【ピント】▶ツリーに重なるAFエリアを選択

撮影位置を変えて、近くにある物も画面内に写し込んでみた。

そのため、主役のツリーに確実にピントが合うよう、AFモードは「AF-S」に、AFエリアモードは「任意選択」に設定。

そして、撮りたい構図に構えたあとで、ツリーに重なるAFエリアを選んだ。

画像: 【ピント】▶ツリーに重なるAFエリアを選択

【露出】▶空と地面の明暗差で露出アンダーに

このような曇天だと、晴天の順光時に比べて、白い雲が広がる空と地面部分との明暗差が非常に大きくなる。

その結果、空を適度に写し込むと露出アンダーになる傾向がある。

そういう場合には、プラス側に露出補正して、見た目に近い明るさに調整する。

画像: 【露出】▶空と地面の明暗差で露出アンダーに

☆☆☆成功のポイント!

▶縦画面で画面に奥行き感を出し、プラス補正で自然な明るさに再現

変化に富んだ赤い欄干を手前に入れて、スカイツリーをねらう。

縦画面により画面に奥行き感が出る。

そして、プラス1.0補正で自然な明るさに再現。

画像2: ☆☆☆成功のポイント!

撮影DATA
20㎜/AF-A/絞り優先AE/1/30秒/F16/+1.0露出補正/WBオート/ISO320

解説/吉森信哉 (フォトグラファー)

「実践編」はこちら→
第1回「人物」
第2回「自然風景」
第3回「花」

「基本編」はこちら→
第1回「構図」
第2回「ピント」
第3回「露出」

This article is a sponsored article by
''.