厚さ8.3ミリで持ち歩きにも最適な軽量Surfaceがお目見え!

マイクロソフト
Surface Go
実売価格例:8万9420円(MCZ-00014モデル、本体のみ)

画像: Surfaceシリーズ最軽量となる重量522グラムを実現したデタッチャブル2in1端末。CPUには1.6Gヘルツ駆動のPentium Gold 4415Yを備えるほか、メモリーは8Gバイト、ストレージは128GバイトのSSDとモバイルマシンとしては十分なスペックを備える。サイズは幅245ミリ×高さ175ミリ×奥行き8.3ミリ。同じデザインで、4Gバイトメモリー、64GバイトのeMMCを搭載した下位モデル(実売価格例:6万9980円)も用意されている。 ※写真のキーボードとマウスは別売品です。

Surfaceシリーズ最軽量となる重量522グラムを実現したデタッチャブル2in1端末。CPUには1.6Gヘルツ駆動のPentium Gold 4415Yを備えるほか、メモリーは8Gバイト、ストレージは128GバイトのSSDとモバイルマシンとしては十分なスペックを備える。サイズは幅245ミリ×高さ175ミリ×奥行き8.3ミリ。同じデザインで、4Gバイトメモリー、64GバイトのeMMCを搭載した下位モデル(実売価格例:6万9980円)も用意されている。
※写真のキーボードとマウスは別売品です。

世に2in1端末の存在を知らしめた「Surface」シリーズに新たなラインアップが加わった。その名も「Surface Go」で、わずか522グラムの軽量筐体を実現した10型モデルとなる。なりは小さいが、SurfaceシリーズのDNAはしっかり継承。例えば、オプションのタイプカバーキーボードを装着することで、ノートパソコンとして利用できるのは、これまで同様。背面には無段階式のキックスタンドを搭載し、最大165度まで自由に角度を調節できる。

さらに、1800ドット×1200ドットの高解像度ディスプレイはタッチパネル付きで、オプションの「Surfaceペン」を使えば、4096段階の筆圧検知を駆使したメモ書きも行える。加えて、Windows Hello対応の顔認証機能を備え、パスワード入力なしでサインインすることも可能。このように、人気の機能はもらさず押さえており、「Surface」の名に恥じない端末だといえる。

●スタイリッシュな純正アクセサリーも充実

画像: マウスやスタイラスなど豊富なアクセサリーを用意。中でもファブリック素材を採用した「Surface Go Signature タイプ カバー」(実売価格例:1万6530円)は、2in1スタイルで利用するなら必携だ(黒はSurface Go タイプ カバーで実売価格例1万2744円)。

マウスやスタイラスなど豊富なアクセサリーを用意。中でもファブリック素材を採用した「Surface Go Signature タイプ カバー」(実売価格例:1万6530円)は、2in1スタイルで利用するなら必携だ(黒はSurface Go タイプ カバーで実売価格例1万2744円)。

しかし、本機を12.3型モデルの兄弟機「Surface Pro」のコンパクト版と考えるべきではない。というのも、本機のスペックは、CPUには2コアのPentium Gold、メモリーは上位モデルで8Gバイトと、多少甘めに見積もってもミドルレンジ級であり、高性能なSurface Proとは少なからず隔たりがあるからだ。もちろん、オフィス文書の作成や、ウエブの閲覧程度なら十分すぎるほどだが、高解像度のフォトレタッチやムービー編集などのクリエイティブ用途には実力不足といえる。

とはいえ、性能面さえ割り切れれば、本機は最高の「持ち歩きPC」となりうる。2in1機構や豊富なオプションなど、Surface独自のメリットを余すことなく享受できるうえ、バッテリー持続時間は最大9時間とモバイル性能も申し分なし。出先でちょっとしたパソコン作業をするなら、よき相棒になってくれるはずだ。

●教育機関向けに低価格モデルも用意

画像: 教育機関向けモデルも用意。「オフィス」は非搭載となるが、5万1264円(参考価格)からと、法人向け(5万7024円〜)よりもさらに割安で購入できる。

教育機関向けモデルも用意。「オフィス」は非搭載となるが、5万1264円(参考価格)からと、法人向け(5万7024円〜)よりもさらに割安で購入できる。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.