スマホ首とはスマートフォンやPCが原因で起こる首や肩の痛みやしびれが起こった状態のこと、正式には「ストレートネック」といわれる症状の1つです。私も以前、肩こり・首こりが酷く「ストレートネック」と診断されたことがあります。不調の原因ストレートネックとは何なのか?肩・首の専門家である酒井慎太郎先生に原因や自分でできる予防・改善方法を聞いてみました。(文/編集部・石島葵)

日本人の9割がストレートネックの兆候

近年「スマホ首」という言葉をよく耳にするようになりました。
スマホ首というのはスマートフォンが原因の首や肩の痛みやしびれが起こった状態のこと、正式には「ストレートネック」といわれる症状の1つです。
私も以前、肩こり・首こりが酷く、頭痛や吐き気の症状から整形外科を受診し、レントゲン検査を行い、「ストレートネック」と診断されたことがあります。

いったい、不調の原因「ストレートネック」とは何なのか―。
1日に170人もの首・肩・腰・ひざの痛みを訴える患者さんに施術を行う、さかいクリニックグループ代表・酒井慎太郎先生にお話を伺いました。

画像: 酒井慎太郎(さかい・しんたろう) さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。 千葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー。 整形外科や腰痛専門病院などでの経験を生かし、肩・首の痛みやスポーツ障害の疾患を得意とする。難治の肩こり、首痛、腰痛、膝痛の施術を行っており、プロスポーツ選手や俳優など多くの著名人の治療も手掛けている。 著書に『椎間板ヘルニアは自分で治せる!』(マキノ出版)などがある。 www.sakai-clinic.co.jp

酒井慎太郎(さかい・しんたろう)
さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。
千葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー。
整形外科や腰痛専門病院などでの経験を生かし、肩・首の痛みやスポーツ障害の疾患を得意とする。難治の肩こり、首痛、腰痛、膝痛の施術を行っており、プロスポーツ選手や俳優など多くの著名人の治療も手掛けている。
著書に『椎間板ヘルニアは自分で治せる!』(マキノ出版)などがある。

www.sakai-clinic.co.jp

酒井先生によると、長年の施術で気づいたこと、それは、首のトラブルで来院する人のほとんどは「ストレートネック」があるということです。

さらに、日本人の8〜9割に、ストレートネックの兆候があるというのです。

ストレートネックとは

ストレートネックとは、ゆるやかにカーブしているはずの頸椎(首の骨)が、首を前に出した姿勢を続けたことによって、まっすぐになってしまった状態です(図参照)。

画像: ストレートネックとは

日本人にストレートネックが多い理由は?

・日本人は農耕民族であり、おじぎの文化も深く根づいているため、前傾姿勢になりがち
・現代社会では、パソコンやスマートフォン、携帯電話をよく使うことで、どうしても首を前に出す前傾姿勢を取るようになり、ストレートネックの増加が助長された

ストレートネックのセルフチェック法

ストレートネックかどうかは、レントゲン検査を受ければすぐにわかりますが、ここでは、自分でストレートネックを確認できる、簡単なセルフチェック法をご紹介しましょう。

やり方

壁を背にして「気をつけ」の姿勢をしてみましょう。

正常な状態は…

後頭部、肩甲骨、お尻、かかとの4ヵ所が特に意識しなくても自然と壁につけば、頸椎は正常な状態です。

ストレートネックの可能性が高い状態は…

後頭部が壁につかなかったり、意識的に首を後ろに倒さないとつかない場合は、ストレートネックの可能性が非常に高いといえます。

画像1: ストレートネックの可能性が高い状態は…

私もセルフチェックをしてみました!
後頭部が壁から離れているのがわかるでしょうか?

画像2: ストレートネックの可能性が高い状態は…

ストレートネックが招く様々な不調

なぜストレートネックになるとよくないのでしょうか。
ストレートネックになると、体の約10%もある頭の重みが頸椎にまともにかかり、首周りにある筋肉や神経にも大きな負担を与えます。
首周りへの負担は、筋肉の疲労となり、首や肩のこりとして感じられます。

たかが首こりや肩こり、と思うかもしれません。
しかし、放っておけば、セキをしただけでも首に痛みが走るような状態になることもあるので、注意が必要です。

また、頭の重みで頸椎の関節と関節のすき間が縮まってしまうと、そこに存在する多くの神経が圧迫され、不快な症状が出てきます。
例えば、頸椎の上のほうが圧迫されると、耳鳴りやめまい、頭痛(緊張性頭痛)、自律神経失調症などにつながります。また、頭の重みで頸椎の関節と関節のすき間が縮まってしまうと、そこに存在する多くの神経が圧迫され、不快な症状が出てきます。

また、頸椎の下のほうが圧迫されると、首や肩のこり、手・腕のしびれが現れやすくなります。
さらに、頸椎と頸椎の間にある椎間板が圧迫されて突き出し、いわゆる「首のヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)」になるケースもよく見られます。

ストレートネックは女性や子供のほうがなりやすい?

なお、ストレートネックは男性よりも、女性や子どもに多く見られます。
おそらくそれは、関節が男性に比べて柔らかいため、骨格に悪いクセがつきやすいからだと思われます。
一方、男性は元来、ストレートネックになりにくいものの、異常を感じたときには、かなり状態が悪化している場合が多くあります。

ストレートネックを予防・改善する体操「あご押し体操」

ストレートネックはできるだけ予防が大切です。もしなってしましたらなるべく早く改善しましょう。
その改善方法が、酒井先生がお勧めしている「あご押し体操」なのです。

あご押し体操は、誰でもすぐに実行できるのが特徴です。
やり方は、あごの先端に指を当て、頭と首を後ろの方向へ押したり戻したりを、くり返すだけです。

「あご押し体操」のやり方

①頭と背すじを真っすぐにする。
体の位置は動かさずに、頭をできるだけ前方向に出す。
※頭を前に出すのは、ストレートネックの悪い姿勢を確認するため。

画像1: 「あご押し体操」のやり方

②あごに手を当てて、水平にスライドさせるように後ろへ押す。
押すときは、強めにぐっと押す。

画像2: 「あご押し体操」のやり方

③1と2を2~3回くり返す。15~30分間隔で行うとよい。

「あご押し体操」のやり方のポイント

ポイント(1)肩の位置を動かさず、頭と首を水平にスライドさせるように後ろへ押し込むこと
ポイント(2)強めにぐっと押し込むこと

さらに、改善効果アップのコツを教えてもらいました。
・うまくできない場合は、背中を壁につけて行うとコツがつかみやすい!
・あご押し体操は、1日に何回行ってもOK!
・デスクワークなどで前かがみの姿勢になることが多い人は、15〜30分に一度ぐらい行うのが理想的

仕事や家事の合間など、日常生活のさまざまな場面で、くり返し行うと効果的です。
酒井先生は、車の運転時には、赤信号で停車するたびに「あご押し体操」を行っているそうです。

続ければ、2~3週間でストレートネックが治る!

あご押し体操をくり返し行うことで、固まった頸椎関節がゆるみ、動きがよくなります。正しい動かし方をしていれば、頸椎は、本来のカーブを取り戻してきます。習慣づければ、およそ2〜3週間でストレートネックが治り、いつのまにか首のこりや痛みも消えるのです。

頸椎症や首のヘルニア、ムチ打ち症がある人にもお勧めです。
できるだけ、この「あご押し体操」を実践することが治癒への近道につながります。
さらに、首の関節はもちろんのこと、首周りの筋肉や神経も正常な状態に戻るので、耳鳴り、めまい、頭痛などが軽減されることも大いに期待できる体操なのです。

悪い癖(前傾姿勢)を治して再発を防ぐ

より改善効果を得るために、頭と首を前に出す(前傾姿勢)という悪い癖を改めましょう。
酒井先生によると、根本原因を解消しないかぎり、体操をいくらやっても効果が半減してしまうとのことです。

ストレートネックを招く3つの悪い癖とは

悪い癖その1 ~スマホ使用時の姿勢~
スマホや携帯電話を使うとき最も注意が必要です。
うつむいて画面を見ることで、頭と首を突き出してしまう姿勢となり、ストレートネックを助長する一因となるのです。
【対策】
スマホや携帯電話の本体を顔の高さと同じくらいに上げれば、ストレートネックを予防できます。
スマートフォンなどを使用するときは、操作している手のほうの脇の下に、反対の手の握りこぶしを入れてみてください。
こうすると、本体を持ち上げている腕が疲れるのを防げる上に、画面を顔の高さの位置にキープできます。

・悪い癖その2 ~高すぎる枕~
毎晩、高い枕で寝ていませんか?
高い枕で寝ることで、首や肩の筋肉が緊張し、こりや張りを招きます。
【対策】
できるだけ枕の使用をやめて、あおむけで寝てみましょう。
これまでに高い枕を使っていた人なら、これだけで首こりや痛みがすぐに治ってしまう可能性があります。
ストレートネックの人は、枕がないと違和感や、強い不安感を持つ方も少なくないでしょう。
枕なしに慣れてしまえば、かえって、そのほうが調子がよいと気づくでしょう。

・悪い癖その3 ~カバンの持ち方~
ショルダーバッグや手さげカバンを、いつも同じ側で持っていませんか?
左右どちらか一方への偏った負担が、首や肩のこりを招いてしまいます。
【対策】
一番いい対処法は「リュックサック」を使用すること。
しかし、ファッションに合わない場合もあるでしょう。その場合は、一方への負担を減らすために、こまめに左右に持ち直すことがお勧めです。さらに斜めがけするのも良いでしょう。

画像: ストレートネックを招く3つの悪い癖とは

まとめ

スマホは現代の私たちにとって、なくてはならないアイテムとなりつつあります。
ストレートネックになるからと言って、使用をやめることは難しいとおもいます。

大事なのは、スマホと上手に付き合うこと。
また、その場しのぎの痛み取りではなく、ストレートネックを根本から改善するために、「ストレートネックを予防する意識」を持つことがとても大事なのでしょう。 

首や、肩の不調にお困りの方は、是非、今回ご紹介した体操やセルフケアを取り入れて、症状の改善に役立ててみてはいかがでしょうか。

画像: 出典:首の激痛、しびれがピタリと消える自力療法 全身の急所「首」を整えると万病が治る! 『安心』編集部 www.makino-g.jp

出典:首の激痛、しびれがピタリと消える自力療法
全身の急所「首」を整えると万病が治る!
『安心』編集部

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.