手のひらには約1万7千本の末梢神経が走っています。この神経は脊髄を通じて脳、目、耳や鼻、肩、背骨、消化器、呼吸器など体の各器官とつながっています。手の「反射区」は末梢神経を通じ体の各部と対応し、もむことによりツボのような働きをします。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

足利仁(あしかが・めぐみ)
手のひらデトックス協会代表理事。手のひらの反射区を押して体質改善を行う「手のひら押し」のメソッドを確立。大手企業や商業施設で行う手のひらを押すセミナーが評判で、これまで6000人以上の手を診断してきた。著作に『手のひら健康法』(カクワークス社)。

笑うのが怖いアトピーの女性が笑顔を取り戻した

「血圧が下がって薬が不要になった」「脳梗塞で倒れたが、その日のうちに退院できた」

私が手をもむ健康法をするようになって以来、皆様がびっくりされるような体の好転を、多く目の当たりにしてきました。

長年の不眠で睡眠薬が手放せなかった人が、手をもんだら、その日から薬なしでぐっすり眠れるようになったり、「肩が痛くて腕が上がらない」という人が、手をもむとすぐにバンザイできるようになったりします。

血圧が高い人が手をもむと、その場で20〜30‌mm‌Hg下がり、正常値になることも多いです。

「笑うとほおの皮膚が切れるから怖くて笑えない」と言っていたアトピー性皮膚炎の女性が、きれいで健康な肌になって笑顔を取り戻したこともあります。

長年、薬で抑えるしかなかった慢性的な頭痛が、あっという間に消えたこともあります。

すべて、手をもむだけで得られた効果です。

私たちが、何をするにも使っている手。多くの人は、手を道具として使っているだけで、体をよくするために活用してはいないでしょう。

しかし、「手は、あなたのお医者さん」と言えるほど、全身の不調を取り、病気を改善する力があるのです。

それを実現するのが、体の各器官とつながる手のゾーン「反射区」です(各反射区は下項参照)。

手の反射区は体の各部とつながっている

手のひらには、約1万7千本の末梢神経が走っています。

この神経は、脊髄(背骨の中にある中枢神経)を通じて、脳、目、耳や鼻、肩、背骨、消化器、呼吸器など、体の各器官とつながっています。

手の反射区は、この末梢神経を通じ、体の各部と対応しているので、もむことによりツボのような働きをします。

手には、両手で80以上の反射区があります。そして、対応する器官に不調があると、サインが現れます。

手の色はピンクが正常で、白っぽいのは血流不足による機能低下、赤っぽいのはオーバーヒートぎみであることを示します。

異常にシワがよっていたり、カサカサしていたり、こりがあったり、力なくへこんでいたりしたら、そこに対応する器官が疲れている証拠です。

ですから、手を見ると、その人の内臓、ひざ、腰など、どこが弱っているかすぐにわかります。

私が手を見るだけで、「目の使いすぎで肩がこっていますね」と言うと、「なぜわかるのですか」と驚かれますが、手の見方を知れば、このような見立ては誰でもできます。

たとえば、右手の人さし指の先が白っぽいのは、左目が血流不足で疲れていることを示しています。また、親指のつけ根のふっくらしたところが力なくへこんでいるときは、十二指腸が疲れている証拠です。

そして、弱った体の部位に対応する手の反射区をもめば、冒頭で例を挙げたように、症状や病気を速やかに改善できるのです。

《日本人の手に多い体の不調サイン》

画像1: 手のツボと反射区の違いは?全身の反射区と症状別「手のもみ方」大公開!

■平で丸みがない
大脳や間脳などの反射区。健康な人は、まるみがあるが、疲れると平になる
■白い
背骨の反射区。血流が悪いと白くなり、腰痛になりやすい
■凹凸が少なくのっぺり
腎臓や小腸などの反射区。ここが疲れていると、のっぺりとした手になり、倦怠感などが現れる

こうした手のサインは、まだ自覚症状が出ていない段階から、弱っているところや、これから病気を起こしそうな反射区にも現れます。ですから、手のもみ方を覚えておけば、自分の体の弱点までわかり、本格的な病気予防もできます。

「体質や体調は目に見えない」といわれますが、実は手に現れ、手をもむことで、それを改善できるのです。

手のケガが内臓に影響を与えることもある!

《左手の反射区一覧》

画像2: 手のツボと反射区の違いは?全身の反射区と症状別「手のもみ方」大公開!

①大脳(右)
②目(右)
③耳・鼻(右)
④頸椎
⑤甲状腺
⑥副甲状腺
⑦間脳
⑧肺(左)
⑨心臓
⑩脾臓
⑪胃
⑫膵臓
⑬十二指腸
⑭背骨(上部)
⑮背骨(中部)
⑯背骨(下部)
⑰副腎(左)

⑱腎臓(左)
⑲輸尿管(左)
⑳膀胱
㉑小腸
㉒肩(左)
㉓ひじ(左)
㉔ひざ(左)
㉕リンパ節(全身)
㉖股関節(内側/左)
㉗子宮(女性)、前立腺(男性)
㉘横行結腸
㉙下行結腸
㉚S字結腸
㉛直腸
㉜肛門

《右手の反射区一覧》

画像3: 手のツボと反射区の違いは?全身の反射区と症状別「手のもみ方」大公開!

①大脳(左)
②目(左)
③耳・鼻(左)
④頸椎
⑤甲状腺
⑥副甲状腺
⑦間脳
⑧肺(右)
⑪胃
⑫膵臓
⑬十二指腸
⑭背骨(上部)
⑮背骨(中部)
⑯背骨(下部)
⑰副腎(右)
⑱腎臓(右)

⑲輸尿管(右)
⑳膀胱
㉑小腸
㉒肩(右)
㉓ひじ(右)
㉔ひざ(右)
㉕リンパ節(全身)
㉖股関節(内側/右)
㉗子宮(女性)、前立腺(男性)
㉘横行結腸
㉝肝臓
㉞胆のう
㉟上行結腸
㊱回盲弁

手の反射区の重要性は、手にケガやささくれなどができると、それに対応する体の部分が不調になることからもわかります。

たとえば、中指の先にささくれができると、目が疲れやすいなどの影響があるのです。その意味でも、手のケガには注意する必要があります。

手の反射区は、ツボと同じような働きをするゾーンだといいましたが、ツボのようにピンポイントではないので、外すということがありません。初めての人でも手軽にもんで効果を得ることができます。

ひざに水がたまっているとか、首のリンパが腫れているなど、直接、患部に触れたくないときにも、手をもむことは便利です。患部に触れずに、ひざや首に対応する反射区をもんで改善を図れるからです。

手は、「7秒押しもみして離す」のがポイントです。

末端である手には老廃物がたまりやすく、その老廃物は、主にリンパ液に乗って流されます。手をもむとき、グーッと圧をかけていったんリンパの流れをせき止めてから、パッと離すと、老廃物が流れやすくなります。

圧をかける時間として、もっとも効果的なのが7秒なのです。7秒押して離すだけですから、本当にかんたんです。ぜひ、取り入れてみてください。

This article is a sponsored article by
''.