蔦屋家電が取り扱いを始めるスマートハンドドリップコーヒーメーカー「iDrip」。お値段なんと税込みで11万円。特別給付金全部はたいても買えないほど高価なコーヒーメーカーです。体験会で試飲させてもらったのですが、コレがまたお見事。今回はマシン本体と、気になるコーヒーのお味についてまでレビューします。

蔦屋家電が11万円のコーヒーメーカーの取り扱いを開始

11万円(税込)の家電って、どんなものがあるでしょうか?

ファミリー用のビッグ家電、エアコン、洗濯機、テレビ、冷蔵庫の4大家電は、10万円以上が当たり前ですが、それ以外の家電は、特殊なモノを除き、10万円以下が当たり前。普及を狙うなら、5万円を切る価格帯で勝負します。高級機器の代名詞のようにうたわれたカメラでさえデジタル化後、今は10万円も出せば、入門機ではなく、中級機が買えます。そんな中、11万円(税込)のスマートハンドドリップコーヒーメーカー「iDrip」を蔦屋家電が扱いを始めます。

画像: www.idrip.coffee
www.idrip.coffee

普通コーヒーメーカーと違うのは「味わい」「香り」・・・そして「価格」

普通コーヒーメーカーは、高くても3万円。カプセルを使用する1杯用が、杯あたりの単価が高いのですが、それでもコーヒーメーカー本体は多くの場合1万円を少し出越すぐらい、カプセルは100円以下が相場です。

本体11万円で、しかも1杯ごとに必要なパッケージ(豆&ペーパーフィルター)が約400〜600円。駅前の「カフェ」では無く、居心地の良い「純喫茶」並に高いです。自宅カフェについてまわる「美味しく」「安く」とは一線を隠します。

では、どんなふうに違うのでしょうか? それは、iDripの場合、2000〜3000円/杯のスペシャリティコーヒー基準だからです。

スペシャリティ・コーヒーというのは、お米で言うと、料亭○○が契約している●●さんの田んぼで丁寧に育てた魚沼のコシヒカリを、料亭の料理長が、その風味を活かす様に炊いたようなコーヒーなのです。

今ある、ほとんどのコーヒーは、「コモディティ」と言われるモノで、そのエリアのコーヒーを良いのも、悪いのも一緒に扱われています。ちなみにコーヒーは樹の種類は、大きくはアラビカ種、ロブスタ種の2種。しかしコーヒーは、土壌で味が変わるので、「産地名」が冠されます。例えば「ブラジル」。ブラジルの地で取れたコーヒーという意味です。「キリマンジャロ」のように山の名前。「モカ」「サントス」のように港の名前がつけられることもあります。

画像: 普通コーヒーメーカーと違うのは「味わい」「香り」・・・そして「価格」

それに対し、スペシャリティ・コーヒーは、農園単位、畑単位で独自に買い付けします。そして、果肉を除き、コーヒー豆にしたモノを買うのですが、その間の工程(収穫したコーヒーチェリーの果肉を除き、生豆にし、焙煎時に均一になるようにサイズを寄り分けたり、欠点豆をソーティングしたり、ものすごく手間がかかる)を全て追うことができます。確実なトレーサビリティできることで品質保証するのです。

ちなみにコモディティの場合、欠点豆は約10%と言われています。それを0%に近づけるわけですから、手間の問題もありますが、10%捨てるわけですから、こちらも高くつくわけです。ちなみにお米の場合は、粉米は8%以下になるようにされています。

バリスタ「粕谷氏」のパックを試飲

最近よく聞く「バリスタ」という言葉。コーヒーのプロです。

コーヒーというのは料理でいうと白米に近いです。お米を美味しく炊くには、厳選したお米に対し、削ぎ、水(育った田んぼの水と同じ水源の水がベスト)、炊き方などを厳選、使います。コーヒーでもこれと同じ。焙煎指示、豆の扱い、粉砕、水、抽出全てに気を使い、ベストな組み合わせで、お客様を喜ばせます。

要するに、美味しいコーヒーは、バリスタが仕切るのです。

このためiDripの豆は、バリスタが仕様を決めます。
iDripの豆は、1杯分づつと決められていますが、中はバリスタに一任されます。焙煎度合い、粉引き度合い、何g使うのか、お湯の温度、量、蒸らし時間、抽出を何回に分けて行うのかなど、全部一任。そして、最終的には満足できる香りと味をお届けするというわけです。

今回の体験会で試飲したのは、バリスタの粕谷哲氏がプロデュースした「エル・フェニックス」。氏は、2016年のワールド・バリスタ・チャンピオンシップで優勝したトップ・バリスタです。その人が厳選したモデルです。

画像: 「エル・フェニックス」5500円(税抜き)/10個セット store.tsite.jp

「エル・フェニックス」5500円(税抜き)/10個セット

store.tsite.jp

結果は、はっきりと複数わかるフレーバー。ピーチほか、4種類以上のフルーツの香りが鼻腔に拡がります。正直、ここまでのフレーバーは期待していませんでした。過去に8つのフレーバーを感じさせてくれるコーヒーを試飲させてもらったことが、ありますが、それに次ぐ位の豊かさでした。味も当然、複雑。アプリコット系の味が印象的でした。

パッケージには、バリスタが意図したフレーバーが記載されています。それには「トロピカルフルーツ」「パイナップル」「アプリコット」「レーズン」「乳酸」「フルーつティ」とあります。つまり、バリスタの狙い通りのコーヒーと言えます。

バリスタの淹れ方を完全再現する本体

iDripの豆は、ペーパーフィルターの中で1回分づつ丁寧に、包まれています。それがアルミパッケージに納められています。このペーパーフィルターのには、それぞれ固有のバーコードが印刷されています。

このバーコードにより、本体は抽出を行います。湯温と、湯量が正確なことはもちろんでっすが、メカで一番面倒なのは、湯の注ぎ方です。

ドリップ式は、お湯を少しづつ、中心から円を描きながら外側に注いでいきます。第一回目は蒸らし。コーヒー粉の中にお湯が染み込み、粉をふくらせます。内部にお湯が染み込み膨れると、粉の中の成分が外に出てくる用意が整ったことになります。ここから更にお湯を注ぎ、ゆっくりコーヒーを抽出します。一番面倒くさいのは、この注ぎ方です。これはバリスタ毎の流儀があります。

iDripは、これをAIで制御したメカで行うのですが、これが見事。伝説のオートマタ(自動人形)のように実に滑らかに動きます。カラクリ時計をイメージしてみたらいいです。全く見事なモノです。

画像: iDrip 開啟世界咖啡的味蕾 youtu.be

iDrip 開啟世界咖啡的味蕾

youtu.be

価値はあるのか?

iDripは、普通の感覚で言うととても高いです。しかしコーヒーを趣味にしたい人、美味しいものにお金を払える人はぜひと言いたいです。特に、大会社などは完備しても良いのではないでしょうか? これほどの接客でこれほどのコーヒーを出されたら、一気に和やかな雰囲気になるでしょうし、見方を改められるでしょう。それほど美味しい。

喫茶店ができるレベルのiDrip。憧れのコーヒーメーカーと言えます。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.