江戸時代から栽培されてきた、東京の地方野菜です。タネまきから約1カ月で収穫でき、発芽率もよいので初心者にもおすすめ。周年で栽培できる品種も多く出回っていますが、本来は秋まき野菜。寒さに当たることで甘みが強まり、よりおいしくなります。【解説】加藤正明(東京都指導農業士)

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

加藤正明(かとう・まさあき)

東京都練馬区農業体験農園「百匁の里」園主。東京都指導農業士。日本野菜ソムリエ協会ジュニア野菜ソムリエ。34歳まで民間企業に勤務したのち、家業の農業を継ぐ。2005年に「百匁の里」を開園、野菜づくりのノウハウからおいしい食べかたまで伝授している。野菜ソムリエ協会主催の第2回ベジタブルサミット枝豆部門で最高得点を得て入賞。NHK趣味の園芸「やさいの時間」では、番組開始時より栽培管理と講師を務める。著書に『加藤流 絶品野菜づくり』(万来舎)がある。
▼百匁の里(公式サイト)
▼やさいの時間(みんなの趣味の園芸)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

本稿は『達人が教える!農家直伝 おいしい野菜づくり』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

イラスト/小春あや、まんが・イラスト/上田惣子

コマツナ

画像: コマツナ

難易度

気をつけたい病害虫

  • 白さび病
  • 苗立枯(なえたちがれ)病
  • アオムシ
  • アブラムシ
  • コナガ
  • ハモグリバエ
    など

成功&おいしさの決め手

株があまり大きく広がらないので、間引きは1回のみでOK。
草丈20㎝での若どりがおすすめ。葉がやわらかく、コマツナ本来のおいしさを味わえるのも家庭菜園ならでは。

畝づくり

タネまきの1~2週間前に、元肥を全面に均等にまき(全面施肥)、畝を立てます。

画像: 畝づくり

元肥を施す

畝を立てる場所の全面に元肥を均等にまき、クワで耕して土に混ぜ込む。

元肥 1㎡につき
牛ふん堆肥 2〜3ℓ
化成肥料 100~150g

画像: 元肥を施す

畝を立てる

畝幅60㎝で、高さ5〜10㎝の畝を立てる。

画像: 畝を立てる

ココが決め手!
虫の害を受けやすいので
不織布のべたがけ&ネットがけを

アブラナ科のコマツナは、害虫の被害が多い野菜です。特に高温期は食害されやすいため、タネまき直後から不織布をべたがけにして、さらに、防虫ネットをトンネルがけします。間引きと追肥作業をする以外はかけっぱなしで、水やりもネットの上から行えば安心です。

①タネまき

支柱を使って畝に2列、深さ1㎝のまき溝をつくり、1㎝間隔でタネをまきます。まいたあと、乾燥と害虫防止のため、畝全体に不織布をかけて水をやり防虫ネットをかけます。発芽が揃ったら不織布は外します。

まき溝をつくる

15㎝の間をあけて支柱などを押しつけ、深さ1㎝のまき溝を2列つくる。

画像: まき溝をつくる

タネをまく

親指と人差し指でひねるようにして、できるだけ均等に、1㎝間隔でタネをまく。溝の両側から土を寄せて覆い、手のひらで上から押さえる。

画像1: タネをまく
画像2: タネをまく

不織布をかけて水をやる

不織布を畝にじかにかけ、周囲に土をかぶせて固定してから、ハス口をつけたジョウロでたっぷり水やりする。

画像: 不織布をかけて水をやる

防虫ネットをかける

防虫ネットをトンネルがけする。

画像1: 防虫ネットをかける

②間引き、追肥

間引きは、本葉が1〜2枚ついたときに1回のみ行います。間引き後、株のわきに化成肥料をまいて、追肥します。

間引きをする

平均的に生育しているものを残し、小さいものや弱々しい株を抜いて、3㎝間隔になるように間引く。

画像: 間引きをする

追肥する

1株に対して8粒を目安に、株の両側にパラパラと化成肥料をまく。

追肥 1株につき
化成肥料 8粒

画像: 追肥する

③中耕、土寄せ、防虫ネット

追肥をしたら小熊手で耕し、株が倒れないように根元に土寄せをし、害虫対策のネットをトンネルがけします。

中耕する

肥料をまいた外側を小熊手でサクサクと軽く耕す。

画像: 中耕する

土寄せ

肥料に土をかぶせるようにして、株元に土を寄せる。

画像: 土寄せ

防虫ネットをかける

害虫予防と強風からの保護のため防虫ネットをトンネルがけする。

画像2: 防虫ネットをかける

④収穫

コマツナが一番おいしいのは、草丈が20㎝になったころ。大きくなりすぎると葉がかたくなって味が落ちるので、早めに収穫しましょう。

画像: 株元を持ってゆっくりと引っ張り、根が抜けきる前にゆらして土を落としてから、最後まで引き抜く。

株元を持ってゆっくりと引っ張り、根が抜けきる前にゆらして土を落としてから、最後まで引き抜く。

保存&おいしい食べ方

収穫後は根を水につけて
日陰においておく

新鮮さを保つには、収穫したらすぐに水で根を洗い、浅く水を張ったバケツなどに立てて入れ、根を浸します。そのまま持ち帰ったら、ぬらしたキッチンペーパーに包み、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。立てて保存するのが理想です。

冷蔵保存:3〜4日
冷凍保存:1カ月

画像: 収穫後は根を水につけて 日陰においておく

冷凍保存するときは
カットすると便利

定番のおひたしのほか、ごま油やすりおろしにんにく、しょうゆであえたナムル、炒めもので。食べきれない場合は、生のまま食べやすい長さ(4〜5㎝)にカットし、保存袋に入れて冷凍保存を。使うときは、凍ったままみそ汁やスープに入れれば、青ものがほしいときに必要な分だけ使えて重宝します。ゆでて冷凍する場合は、かたゆでしたあと粗熱をとり、しっかりと水気をしぼってから保存袋に入れて冷凍しましょう。

画像: 冷凍保存するときは カットすると便利

なお、本稿は『達人が教える!農家直伝 おいしい野菜づくり』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【家庭菜園】小松菜(コマツナ)の育て方 初心者向けの病害虫対策と間引きのコツ 保存方法も紹介
達人が教える!農家直伝 おいしい野菜づくり
¥4,335
2020-12-23 6:12

※⑳「初心者向けの人気野菜 シシトウトウガラシの育て方」の記事もご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.