当初はハイエンドモデル中心だった3大キャリアの5G対応スマホ。現在はエントリークラスにも広がっているほか、日本で人気の高いⅰPhoneも5Gに対応済みだ。ここでは、Androidで実売で4万円を切るシャープの「AQUOS sense5G」など、最新7モデルを紹介する。

5G対応スマホっていつが買い時?

▶長く使うなら5Gにしたほうがいい

スマホの平均利用期間は年々伸びており、3年以上同じ端末を使うのも一般的になった。長期利用を前提にするなら、やはり5Gに対応していたほうがいい。今は4Gにしかつかながらなくても、エリアは急速に広がっていくからだ。例えば、auやソフトバンクは、2022年3月までに人口カバー率90%を達成する予定。ドコモも、2022年3月に55%、2023年3月に約70%までカバー率が広がる。

4Gから転用する周波数も増えるため、5Gを利用できるにこしたことはない。安さだけで4G端末を選ぶのはもったいない。

SIMフリー端末でも5G対応モデルが続々発売!

アップル
iPhone 12 mini
64GB:8万2280円、128GB:8万7780円、256GB:9万9880円

iPhone 12シリーズは、すべてが5Gに対応し、auやソフトバンクでは4G転用の周波数も利用できる。

画像: ▶長く使うなら5Gにしたほうがいい
ディスプレイ6.1型・有機EL・1080×2340
メインカメラ1200万/1200万

今、5G対応スマホを買うなら、どれがいい?

▶iPhoneのほか、エントリークラスも増えている

当初はハイエンドモデル中心だった3大キャリアの5G対応スマホ。現在はエントリークラスにも広がっているほか、日本で人気の高いⅰPhoneも5Gに対応済みで、もはやスマホは5G対応が前提になりつつあるといえる。

5G対応でディスプレイも進化

アップル
iPhone 12

実売価格例:9万4380円(64GB)

ドコモ  au  ソフトバンク

iPhone 12シリーズの標準モデル。ディスプレイは有機ELになり、上位のiPhone 12 Proとデザインが共通化された。カメラは、広角と超広角のデュアル。シリーズ共通のA14 Bionicを搭載しており、処理能力はトップクラスの高さだ。動画はDolby Vision対応。

画像: アップル iPhone 12
ディスプレイ6.1型・有機EL・1170×2532
メインカメラ1200万/1200万
CPUA14
Bionic
ROM64G/128G/256GB
RAM未公表
●本体サイズ/幅71.5㎜×高さ146.7㎜×奥行き7.4㎜
●本体重量/162g

注目は、ミドルからエントリークラスのAndroid。実売で4万円を切るシャープのAQUOS sense5Gも登場した。処理能力が全体的に底上げされ、ふだん使いはもちろん、ゲームも十分動く性能になり、カメラの画質も向上している。以下、最新の注目モデルを紹介していこう。

4万円以下の格安でもスペックは充実

シャープ
AQUOS sense5G

実売価格例:3万9600円

ドコモ  au  ソフトバンク

AQUOS sense初の5G対応機で、4万円を切るリーズナブルさ。4570ミリアンペアの大容量バッテリーを搭載し、カメラも超広角、標準、望遠のトリプルカメラで、おサイフケータイにも対応。処理能力は上位モデルよりも一段劣るものの、ふだん使いには十分だ。

画像: シャープ AQUOS sense5G
ディスプレイ5.8型・液晶・1080×2280
メインカメラ1200万/1200万/8200万
CPUSnapdragon
690G 5G
ROM64GB
RAM4GB
●本体サイズ/幅71㎜×高さ148㎜×奥行き8.9㎜
●本体重量/178g

MNPなら実質1円の超低価格モデル

Xaomi
Redmi Note 9T

実売価格例:2万1600円

ソフトバンク

日本上陸後、1年ほどたつXiaomiのソフトバンク独占モデルで、初めておサイフケータイにも対応した。MNPなら実質1円と超低価格だが、機能はミドルクラス並み。メインカメラは4800万画素で、4画素を一つに束ねることで暗所での画質を向上させた。

画像: Xaomi Redmi Note 9T
ディスプレイ6.53型・液晶・1080×2340
メインカメラ4800万/200万/200万
CPUDimensity
800U
ROM64GB
RAM4GB
●本体サイズ/幅77㎜×高さ162㎜×奥行き9.1㎜
●本体重量/200g

気軽に除菌でき、落下しても割れにくい

富士通
arrows NX9

実売価格例:7万6302円

ドコモ

ハンドソープや除菌シートが使えて、清潔さを保てる。約1.5メートルから落としても割れにくい耐久性も魅力。Snapdragon 765Gを搭載し、ゲームなども快適に動くパフォーマンス。「Photoshop Express」モード搭載で、逆光などでも自動でキレイな写真が撮れる。

画像: 富士通 arrows NX9
ディスプレイ6.5型・液晶・1080×2280
メインカメラ4850万/800万/500万
CPUSnapdragon
765G 5G
ROM128GB
RAM8GB
●本体サイズ/幅72㎜×高さ152㎜×奥行き8.5㎜
●本体重量/162g

スクリーン追加で2画面端末に早変わり

Google
Pixel 5

実売価格例:7万9935円

 au  ソフトバンク

GoogleならではのAIを生かした多機能が売り。暗い場所でも昼間のようにくっきりと映し出す夜景モードや、明暗差のあるシーンも白飛び、黒つぶれなく写す「HDR+」などのカメラ機能に定評がある。最新のAndroidにいち早くアップデートされるのも魅力だ。

画像: Google Pixel 5
ディスプレイ6.0型・有機EL・1080×2340
メインカメラ1220万/1600万
CPUSnapdragon
765G 5G
ROM128GB
RAM8GB
●本体サイズ/幅70.4㎜×高さ144.7㎜×奥行き8.0㎜
●本体重量/151g

スクリーン追加で2画面端末に早変わり

LG
LG VELVET

実売価格例:8万8740円(2画面モデル)

ドコモ

カメラの配置など、細部のデザインにこだわった5Gスマホ。購入時にあり、なしを選べる「LGデュアルスクリーン」を装着すると、2画面端末に早変わり。二つのアプリを同時に表示したり、片方をゲームのコントローラーにしたりと、多用途に使える。

画像: LG LG VELVET
ディスプレイ6.8型・有機EL・1080×246
メインカメラ4800万/800万/500万
CPUSnapdragon
765G 5G
ROM128GB
RAM6GB
●本体サイズ/幅74㎜×高さ167㎜×奥行き7.9㎜
●本体重量/180g

スリムなボディに機能を詰め込んだ

ソニー
Xperia 5 Ⅱ

実売価格例:9万2400円

ドコモ  au  ソフトバンク

手のひらにフィットするコンパクトサイズながら、カメラや処理能力などは「Xperia 1 II」とほぼ共通。メインの広角カメラは、センサーサイズが1/1.7型と大きく、暗い場所でもノイズが少ない。ソニーの一眼カメラαのように撮れる「Photography Pro」も内蔵。

画像: ソニー Xperia 5 Ⅱ
ディスプレイ6.1型・有機EL・1080×2520
メインカメラ1200万/1200万/1200万
CPUSnapdragon
865G 5G
ROM128GB
RAM8GB
●本体サイズ/幅68㎜×高さ158㎜×奥行き8.0㎜
●本体重量/163g

※価格は記事作成当時のものです。

●解説/石野純也(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.