【Windows10】標準の文字入力機能「MS-IME」がし使いづらい!もっと快適にしたいする方法は?

ガジェット

標準の文字入力機能は「MS-IME」だが、キーの割り当てやフォントサイズや色の問題で使いにくいなら、タスクトレイの文字入力アイコンを右クリックして「設定」を開けば、カスタマイズが可能だ。日本語入力システムは、タスクトレイの文字入力アイコンのクリックなどで切り替えができる。

パソコン操作術
文字入力がしづらい。もっと快適にしたい

標準の文字入力機能は「MS-IME」ですが、キーの割り当てやフォントサイズや色の問題で使いにくいなら、タスクトレイの文字入力アイコンを右クリックして「設定」を開けば、カスタマイズすることができます。

MS-IMEのカスタマイズで解決しない場合は、別の入力システムを試してみるといいでしょう。無料で使える定番は「Google日本語入力」。ユーザー辞書などはスマホ用の「Gボード」と同期できます。まず、ブラウザーでGoogle日本語入力のサイトへアクセスし、指示に従ってダウンロード→インストールすればOK。

日本語入力システムは、何個インストールしても、タスクトレイの文字入力アイコンのクリックや、キーボードの[Windows]キー+[空白]キーで切り替えができます。

まずは機能のカスタマイズから始める

標準装備のMS-IMEも「設定」でキーの割り当てなどのカスタマイズが可能だ。ATOKスタイルのキーテンプレートも選択できる。

Google日本語入力は、無料で使用できる。ATOKなど、なじみのシステムがある場合は、それを購入してインストールすればいい。

日本語入力システムは、タスクトレイの文字入力アイコンのクリックなどで切り替えができる。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

スポンサーリンク
ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース