せっかくの旅行や外出なのに、ずっと雨が降っていた。天気予報では降水確率が終日低かったのに、急に雨が降り始めた。…そんな、雨天にまつわる苦々しい経験は、誰にでもあると思います。まあ、外出目的には関係なく、多くの人は“屋外での雨”を嫌うでしょうね。撮影目的の外出でも、雨天は厄介な条件です。自分自身や荷物が濡れるのも不快ですし(降りが激しいと傘やレインコートがあっても不快です)、カメラやレンズ等の撮影機材も故障する危険性が高まってきます。ですが、雨の日の撮影には、晴天や曇天とは違う“独特の風情”が捉えられる可能性があります。そう、上記のようなリスクが多少あっても撮りたくなる…そして「撮って良かった!」と思える写真が期待できるのです。

雨の日撮影の魅力

では、雨の日撮影の“独特の風情”とは、具体的にはどういう内容を指すでしょうか? 私の考えでは、大きな2つの要素が関係してくると思います。

ひとつめの要素は“光線状態”です。晴天時の光線は、風景や被写体を明るく照らしてくれ、上空に広がる青空も写真を鮮やかに演出する重要な要素になります。その一方、明るい部分と暗い部分との明暗差が大きくなり、画面内(写真)に白トビや黒ツブレが起きやすくなります。また、そういう現象によって、肉眼の印象とは違う不自然な印象や、繊細さに欠ける雑な描写になりやすいのです。

ですが、上空の全体や大半が雲に覆われる曇天や雨天時(または太陽とその周辺に雲)の光線は、晴天時よりも光量は落ちますが明るい部分と暗い部分との明暗差が小さくなり、白トビや黒ツブレが緩和されます。その結果、被写体や周囲が自然な階調に再現され(雲に覆われた明るい空は除き)、質感描写に優れる描写が得られるようになります。

ふたつめの要素は“降雨や雨粒による被写体や風景の変化”です。この点は、曇天と雨天との違いにもなりますね。雨が降っている様子や、雨で被写体が濡れる事で、平凡な風景がドラマチックな光景に変わったり、被写体が瑞々しく見えたりするのです。

水紋が広がる“雨の情景”

画像: スイレンの葉と花がある池の水面に、降り始めた雨の水紋が広がる。その水面の様子を、望遠ズームで切り取ってみた。水面の暗い部分に、変化に富んだ水紋が映える。画面内に落ちてくる雨粒やその軌跡は確認できないが、雨の雰囲気は十二分に伝わる。 オリンパス OM-D E-M1 MarkII LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S(100mmで撮影) 絞り優先オート F5.6 1/200秒 -0.7補正 WB:オート ISO800

スイレンの葉と花がある池の水面に、降り始めた雨の水紋が広がる。その水面の様子を、望遠ズームで切り取ってみた。水面の暗い部分に、変化に富んだ水紋が映える。画面内に落ちてくる雨粒やその軌跡は確認できないが、雨の雰囲気は十二分に伝わる。
オリンパス OM-D E-M1 MarkII LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S(100mmで撮影) 絞り優先オート F5.6 1/200秒 -0.7補正 WB:オート ISO800

付着する水滴が瑞々しさを生む

画像: 少しだけ色づいた青い果実。周囲を囲む葉も含め、全体的に緑色が爽やかな画面だが、被写体(果実)自体は少し存在感が弱い。だが、表面に多くの水滴が付着する事で、果実の形状や色の要素とは違う“瑞々しさ”が生まれた。 オリンパス OM-D E-M1 MarkII LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S(100mmで撮影) 絞り優先オート F5.6 1/160秒 WB:オート ISO800

少しだけ色づいた青い果実。周囲を囲む葉も含め、全体的に緑色が爽やかな画面だが、被写体(果実)自体は少し存在感が弱い。だが、表面に多くの水滴が付着する事で、果実の形状や色の要素とは違う“瑞々しさ”が生まれた。
オリンパス OM-D E-M1 MarkII LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S(100mmで撮影) 絞り優先オート F5.6 1/160秒 WB:オート ISO800

ウェット感で風景に深みが増す

多くの植物に覆われる庭園と、そこに敷かれた石畳の曲がり具合。その変化に富んだ色彩や構図が、フォトジェニックに感じられた。そして、雨によって濡れた事で、石畳などの色や質感に深みが増し“写真的な深み”にもつながったように思える。
オリンパス OM-D E-M1 MarkII LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S(64mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/40秒 -0.3補正 WB:オート ISO800

雨中撮影に適した機材と対策

雨中の撮影で意識しなければならないのが“撮影機材を雨から守る”という事です。カメラやレンズのような精密機器は、雨(水)の浸入で故障する危険性があります。まあ、表面に少し水滴が付着する程度なら大丈夫でしょうが、傘をさしていても身体や機材が濡れるような激しい降りでは、何らかの準備や対策が必要になります。

画像: 高い防塵・防滴・-10℃耐低温性能を誇る、オリンパス OM-D E-M1 MarkII(オリンパスの防滴性能の高さには定評がある)。また、望遠マクロレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroも防塵・防滴性能を備えている。だから、雨中撮影でも安心して使える。

高い防塵・防滴・-10℃耐低温性能を誇る、オリンパス OM-D E-M1 MarkII(オリンパスの防滴性能の高さには定評がある)。また、望遠マクロレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroも防塵・防滴性能を備えている。だから、雨中撮影でも安心して使える。

カメラ用のレインカバーも多く発売されているので、本格的な雨(降りの激しさや長時間)には、そういったグッズを使用すると良いでしょう。さらに、カメラボディと交換レンズ自体が「防塵・防滴仕様」になっていればベストです。そうすれば、多少雨で濡れても安心して撮影できます(※濡れ具合の状況や程度にもよりますが、絶対に安心という保証がある訳ではありません)。

画像: コットン素材を採用した中型ショルダーバッグの超定番モデル「ドンケ F-2」。これは、コットンの代わりにバリスティックナイロンを採用した「ドンケ F-2BB」。防水性と強度に優れたモデルである。

コットン素材を採用した中型ショルダーバッグの超定番モデル「ドンケ F-2」。これは、コットンの代わりにバリスティックナイロンを採用した「ドンケ F-2BB」。防水性と強度に優れたモデルである。

また、撮影機材を収納するバッグにもこだわりたいですね。多少の雨なら水が浸入しにくい素材や構造のバッグも販売されているので、新規購入の際には、その点も考慮して選定すると良いでしょう。

画像: 防水性に優れる「ドンケ F-2BB」だが、両サイドのポケットは、フラップの隙間から雨が浸入する危険性が高い。そこで、普段からポケットに収納している手帳類は、事前にビニール袋に入れ包んでおく。

防水性に優れる「ドンケ F-2BB」だが、両サイドのポケットは、フラップの隙間から雨が浸入する危険性が高い。そこで、普段からポケットに収納している手帳類は、事前にビニール袋に入れ包んでおく。

ただし、いくら撮影機材やバッグが防滴仕様になっていても、撮影中の配慮や、撮影後のメンテナンスは不可欠です。まず、レンズやバッテリーや記録メディアの交換時の注意。カメラやレンズが防滴仕様であっても、それらを交換する際に“内部に水が浸入”してしまうと、深刻なトラブルにつながる危険性があります。ですから、レンズ交換は雨が避けられる環境で行う、バッテリーや記録メディアの交換は機材表面に付着する水滴を拭ってから行う…といった対策が必要になります。

画像: 撮影機材(ボディ+レンズ)が防塵・防滴仕様になっていても、撮影が長引くようならば、極力雨に濡れないよう工夫する必要があるだろう。ここでは、用意したハンドタオルを利用。適度な大きさに畳んで上から被せ、レンズフードの所を輪ゴムで固定している。

撮影機材(ボディ+レンズ)が防塵・防滴仕様になっていても、撮影が長引くようならば、極力雨に濡れないよう工夫する必要があるだろう。ここでは、用意したハンドタオルを利用。適度な大きさに畳んで上から被せ、レンズフードの所を輪ゴムで固定している。

そして、撮影の際には、レンズ表面に水滴を付着させないよう注意しましょう。水滴が付着したまま撮影すると、画面の一部分が不自然に歪んだり不鮮明になる危険性があります。レンズフードを装着したり、カメラを構える時以外はレンズを下に向ける。そういった心がけが必要です。また、水滴が付着した際には、きれいな紙や布を用いて、速やかに除去する(吸わせる)ようにします。

降雨の軌跡を捉える

雨の“独特の風情”の要素として“降雨や雨粒による被写体や風景の変化”を挙げました。なかでも、雨が降っている様子…すなわち、降雨の軌跡(針のような線)を写す事ができれば、ストレートに雨の風情が表現できます。

ただし、雨の軌跡そのものをメインの被写体にするのは難しいので、別の被写体の周囲に軌跡を写し込むと良いでしょう。その際にポイントになるのが、軌跡と重なる“背景の明るさ”です。白い曇り空のような明るい背景だと、軌跡は分かりづらいはずです。しかし、葉が茂る木立ちや建物の陰など、暗めの背景を選んで撮影すれば、雨の軌跡はかなり見えるようになります(光線状態等の条件にもよりますが)。

では、降雨を軌跡(針のような線)に写すのに相応しいシャッター速度はどのくらいか? 明確な答えはないのですが、私の経験では「1/250秒~1/60秒くらい」。この程度の速度なら、適度な線に描写される事が多いようです。

黒っぽい木立ちを背景にして撮影

画像: 少し高い位置に咲くバラなので、自然と見上げるような撮影になる。そのため、背景には白い雲が広がる空になりやすい。そこで、背後にある木立ちが多く画面に入る位置に移動。その黒っぽい木立ちの部分によって、雨の軌跡をハッキリ見せる事ができた。 オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 絞り優先オート F2.8 1/200秒 WB:オート ISO200

少し高い位置に咲くバラなので、自然と見上げるような撮影になる。そのため、背景には白い雲が広がる空になりやすい。そこで、背後にある木立ちが多く画面に入る位置に移動。その黒っぽい木立ちの部分によって、雨の軌跡をハッキリ見せる事ができた。
オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 絞り優先オート F2.8 1/200秒 WB:オート ISO200

画像: 上の写真と同じバラで、雨の降り具合も同じくらい。だが、背景全体が“白い空”のため、雨の軌跡がほとんど見えない。

上の写真と同じバラで、雨の降り具合も同じくらい。だが、背景全体が“白い空”のため、雨の軌跡がほとんど見えない。

軒先から撮影して、より大きな雨粒を!

絢爛豪華な神社廻廊の一部分を、向かい合う建物の軒先から狙う。雨の降り具合は弱めで、普通に撮影すると、雨の軌跡が目立ちにくい。だが、すぐ目の前(近く)に、軒先から滴る水滴が写り込んだ事で、降る雨の印象が高められた。
パナソニック LUMIX DC-S5 LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6(54mmで撮影) マニュアル F5.4 1/30秒 WB:晴天 ISO1600

水滴に注目してクローズアップ!

被写体に雨の水滴が付着すると瑞々しい写真になりますが、その水滴自体に注目して撮影しても面白いでしょう。特にオススメなのが、植物の葉に付着した“球状の水滴”です。ひとつの水滴を、画面いっぱいに写すのは難しいでしょう。ですが、マクロレンズを選択したり、使用レンズの前面にクローズアップレンズを装着すれば、水滴の存在感が増した写真になります。ただし、撮影倍率の高いクローズアップ撮影では、わずかなピント位置のズレでもピンボケにつながるので、ピント合わせには細心の注意が必要です。

水滴をクローズアップした撮影では、画面内の“どの水滴にピントを合わせるか”で、写真のインパクトやイメージが変わってきます。大きくて形も整った水滴や、前後や周囲にある別の水滴と重ならずに目立つ水滴。そういった水滴を主役に据えてピントを合わせれば、インパクトの強い写真に仕上げる事ができるでしょう。

画像: ヤマブキの葉の上に、雨の水滴がいくつも付着していた。球体に近い小さな水滴も可愛らしいが、いちばん目を引くのがドーム状の大きな水滴。そこで、望遠マクロレンズを使用して、その大きな水滴にピントを合わせて撮影した。 オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 絞り優先オート F5.6 1/100秒 +0.3補正 WB:オート ISO400

ヤマブキの葉の上に、雨の水滴がいくつも付着していた。球体に近い小さな水滴も可愛らしいが、いちばん目を引くのがドーム状の大きな水滴。そこで、望遠マクロレンズを使用して、その大きな水滴にピントを合わせて撮影した。
オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 絞り優先オート F5.6 1/100秒 +0.3補正 WB:オート ISO400

画像: 雨によって遊歩道に水溜りができ、そこに青い木の実が浮いていた。その水面上に、樹木の葉から滴り落ちる水滴で水紋が発生している。望遠マクロレンズで木の実を意識しながら構図を決めて、水紋が広がる瞬間を狙って何度もシャッターを切る。その結果、木の実のすぐ近くに落ちた水滴が跳ね返って(?)球体になった瞬間が撮影できた。 オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 絞り優先オート F4 1/125秒 WB:オート ISO320

雨によって遊歩道に水溜りができ、そこに青い木の実が浮いていた。その水面上に、樹木の葉から滴り落ちる水滴で水紋が発生している。望遠マクロレンズで木の実を意識しながら構図を決めて、水紋が広がる瞬間を狙って何度もシャッターを切る。その結果、木の実のすぐ近くに落ちた水滴が跳ね返って(?)球体になった瞬間が撮影できた。
オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 絞り優先オート F4 1/125秒 WB:オート ISO320

PL(C-PL)フィルター使用でクリアな描写

画像: 人気の高いアイテム「PLフィルター」。そのフィルターは、雨の日の撮影にも大きな効果を発揮する。ちなみに、現在の製品では、従来からのPLフィルターではなく、カメラのAF機能に影響を与えない「C-PLフィルター」が主流になっている。

人気の高いアイテム「PLフィルター」。そのフィルターは、雨の日の撮影にも大きな効果を発揮する。ちなみに、現在の製品では、従来からのPLフィルターではなく、カメラのAF機能に影響を与えない「C-PLフィルター」が主流になっている。

風景撮影などで、PL(C-PL)フィルターを使用して、クリアな写真に仕上げる。そういう人は多いでしょう。晴れた日の青空の濃度を高めたり、ガラス表面の反射を除去するためなどに使用されています。実は、このフィルターは、雨の撮影にも活用できます。表面反射を除去する働きを利用して植物の葉などのてかりを抑え、葉や花の鮮やかな色再現を得るのです。

ただし、PLフィルター効果を利用した写真は、見えている光を除去しているので、ある意味“不自然な描写”とも言えます(晴れた日の撮影にも言えますが)。ですから、その点を留意しながら、被写体や状況を選んで使用するようにしましょう(装着しっぱなしを避けます)。

C-PLフィルター使用

画像: スイレンの葉に被われた、雨上がりの池。その様子をC-PLフィルターを使用して撮影。葉の表面と水面の反射が除去された事で、葉の緑色が鮮やかに描写される。ただし、その効果によって、葉に付着する水滴は見えにくくなっている。 オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(18mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/30秒 WB:オート ISO800

スイレンの葉に被われた、雨上がりの池。その様子をC-PLフィルターを使用して撮影。葉の表面と水面の反射が除去された事で、葉の緑色が鮮やかに描写される。ただし、その効果によって、葉に付着する水滴は見えにくくなっている。
オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(18mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/30秒 WB:オート ISO800

フィルターなし

画像: 当然、見た目に近い自然な描写。葉の表面の反射と、水面に写り込む空(雲が広がる白い空)によって、メリハリに欠ける写真になる。

当然、見た目に近い自然な描写。葉の表面の反射と、水面に写り込む空(雲が広がる白い空)によって、メリハリに欠ける写真になる。

C-PLフィルターで光沢感のある葉を鮮やかに!

画像: 光沢感のある葉は、雨に濡れる事でより光沢が増す。その反射をC-PLフィルターで除去して、色鮮やかな描写を目指した。 オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(40mmで撮影) 絞り優先オート F2.8 1/80秒 WB:オート ISO640

光沢感のある葉は、雨に濡れる事でより光沢が増す。その反射をC-PLフィルターで除去して、色鮮やかな描写を目指した。
オリンパス OM-D E-M1 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(40mmで撮影) 絞り優先オート F2.8 1/80秒 WB:オート ISO640

まとめ

雨の日の撮影のポイントを押さえれば、晴天や曇天とは違う“独特の風情”が捉えられます。雨の日は外出も億劫ですし、カメラやレンズ等の撮影機材も故障する危険性があります。しかしそれと同時に、リスクが多少あっても撮りたくなる写真が期待できるチャンスでもあるのです。

画像: 雨が降る神社参道で見かけた、懐かしい形の郵便ポスト。その水滴が付着したポストや、背後に広がる濡れた参道の風情が味わい深い。 パナソニック LUMIX DC-S5 LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6(24mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/60秒 WB:曇天 ISO1250

雨が降る神社参道で見かけた、懐かしい形の郵便ポスト。その水滴が付着したポストや、背後に広がる濡れた参道の風情が味わい深い。
パナソニック LUMIX DC-S5 LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6(24mmで撮影) 絞り優先オート F8 1/60秒 WB:曇天 ISO1250

画像: 撮影旅行で車を駐車場に停めた際、フロントガラスに付着した落ち葉と水滴に着目して撮影。雨の日には、こういった身近な所にも“絵になる素材”が転がっている。 パナソニック LUMIX DC-S5 LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6(60mmで撮影) 絞り優先オート F5.6 1/60秒 +0.7補正 WB:曇天 ISO320

撮影旅行で車を駐車場に停めた際、フロントガラスに付着した落ち葉と水滴に着目して撮影。雨の日には、こういった身近な所にも“絵になる素材”が転がっている。
パナソニック LUMIX DC-S5 LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6(60mmで撮影) 絞り優先オート F5.6 1/60秒 +0.7補正 WB:曇天 ISO320

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

撮影・文/吉森信哉(よしもり・しんや)
広島県庄原市生まれ。地元の県立高校卒業後、上京して東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)に入学。卒業後は専門学校時代の仲間と渋谷に自主ギャラリーを開設し、作品の創作と発表活動を行う。カメラメーカー系ギャラリーでも個展を開催。1990年より、カメラ誌などで、撮影・執筆活動を開始。無類の旅好きで、公共交通機関を利用しながら(乗り鉄!)日本全国を撮り続けてきた。特に好きな地は、奈良・大和路や九州全域など。公益社団法人 日本写真家協会会員。カメラグランプリ2021選考委員。

This article is a sponsored article by
''.