二種のがんをたて続けに体験した石井直方さんは、闘病生活の間、入院中もスクワットを行っていました。世の中が便利になると筋肉を使う必要がなくなってきます。しかし、筋肉を使わずにいると、どんどん衰え、やがて健康上のさまざまな不都合が生じます。私たちは遅かれ早かれ老いや多くの疾患と向き合わなくてはならなくなります。筋トレの重要性について、書籍『いのちのスクワット』著者で東京大学名誉教授の石井直方さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

石井直方(いしい・なおかた)

1955年、東京都出身。東京大学理学部生物学科卒業、同大学院博士課程修了。理学博士。東京大学教授、同スポーツ先端科学研究拠点長を歴任し現在、東京大学名誉教授。専門は身体運動科学、筋生理学、トレーニング科学。筋肉研究の第一人者。学生時代からボディビルダー、パワーリフティングの選手としても活躍し、日本ボディビル選手権大会優勝・世界選手権大会第3位など輝かしい実績を誇る。少ない運動量で大きな効果を得る「スロトレ」の開発者。エクササイズと筋肉の関係から老化や健康についての明確な解説には定評があり、現在の筋トレブームの火付け役的な存在。
▼石井直方(Wikipedia)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

本稿は『いのちのスクワット』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

二種のがんをたて続けに体験

最初のがん宣告を受けたのが、2016年の初夏。その年の5月頃から、夜ごと39℃台の熱の出る日々が続いていました。仕事が立て込んでいたため、医者にもかからず解熱剤でごまかしていましたが、6月に入ったある日、体中の筋肉がけいれんし、動けなくなりました。近所の病院の救急を受診し、おなかと肺に4ℓの水がたまっていることがわかりました。

後日、東京大学医学部附属病院に移り、精密検査を受けると、「悪性リンパ腫」(ステージ4※)と診断されました。

※がんの進行の程度を示す数字で、進み具合によって1~4に分かれる。悪性リンパ腫のステージ4は、がん化したリンパ球がリンパ節以外の臓器に広範に広がった、いわゆる末期の状態

大学が夏休みに入るまで待ち、治療が始まりました。
主な治療は、「分子標的薬と抗がん剤による治療」「自己の骨髄造血幹細胞の採取」、そして最終的に「抗がん剤の多量投与」と「骨髄造血幹細胞自家移植」までを行うというものでした。

半年にわたる3回の入院を経て、なんとかがんを克服することができました。

大学に戻り、研究生活を再開しましたが、予後も良好で悪性リンパ腫の根治も見えてきた矢先の2020年の夏の終わり、突然黄疸が出ました。

調べると、再びがんが見つかりました。今度は、「肝門部胆管がん」(ステージ2~3)。悪性リンパ腫とはおそらく無関係で、新たに発生したがんでした。

胆管は完全に塞がっていましたが、幸運にも外科手術によって根治を目指すことが可能と診断されました。肝臓の右側3分の2を切除。あわせて、肝外胆管は肝門部から膵管との合流部までを胆のうとともに切除し、小腸を用いて胆管を再建しました。

同年11月退院。幸いにも経過は順調で、2021年に入ると、大学に戻ることができました。その後も体に変調はなく、仕事を続けることができています。

いのちを守るためのスクワット

この二度の闘病生活の間、私は入院中もスクワットを行ってきました。

正確にいえば、スクワットを始めたのは悪性リンパ腫の1回目の入院生活ののち、体力の衰えを実感してからのことになります。77~78㎏あった体重は、がんによって一時は63㎏まで激減しました。とりわけ筋肉が落ちて、それまでに鍛えてきたものを全部なくした感覚でした。

自身の衰えに愕然とし、このままではいけないと、その後の入院生活や二度目のがんの手術前後にも、病室や無菌室で、体を動かせる機会があれば、スクワットを続けてきたのです。

2つのがんをなんとか乗り越えて、平穏な日々がようやく戻ってきました。

いま振り返ると、こうして元気で生きていられるのは、第一には主治医の先生をはじめ多くの医療スタッフのかたがたの最適な治療と支援のおかげですが、これまで培ってきた体力・筋力がもうひとつの大きな要因になっていると感じます。

若い頃はボディビルダーとしても世界選手権に出ましたし、その後も体を鍛え続けてきました。その貯金(貯筋)がものをいったのでしょう。

私は半生をかけて筋肉研究に打ち込んできました。人からは、いつしか「筋肉博士」と呼ばれるようになりました。

最新の研究で、がんを移植したネズミの寿命が筋肉によって左右されるという実験があります。
がんを移植したネズミは、そのままにしておけば筋肉がみるみる萎縮して死んでいきます。しかし、筋肉を増強する薬物を与えて筋肉が減らないようにすると、ネズミの寿命は著しく延びました。つまり、がんになっても、筋肉をしっかり維持できれば長生きできる可能性があるのです。まさに筋肉はいのちに直結するというわけです。

このような研究があることも知っていたので、入院中も筋肉を少しでも落とさないようにしようというモチベーションが持続しました。実際に、入院中のスクワットは、まさしく私のいのちを支え続けたといってもいいすぎにはならないと思います。

画像: いのちを守るためのスクワット

本稿は『いのちのスクワット』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

This article is a sponsored article by
''.