エクセルのフィルターを適用した表でSUM関数などを使うと、非表示になっているセルも含めて集計されてしまう。そのような場合は、「AGGREGATE関数」を使いましょう。

非表示にしたセルを除外して計算したい!

フィルターで抽出した数値だけの合計を求める

フィルターを適用した表でSUM関数などを使うと、非表示になっているセルも含めて集計されます。抽出したセルだけを対象に集計したいときは、AGGREGATE関数を使いましょう。第2引数を「5」にすれば、非表示セルを除外して計算できます。

ここではセルE13に「=AGGREGATE(9,5,E3:E11)」と入力し、非表示セルを除いた売上金額の合計を求めた。第1引数(合計の場合は「9」)を変更することで、さまざまな集計方法を利用できる。

画像: フィルターで抽出した数値だけの合計を求める

※この記事は『エクセルが2週間で身につく(楽)上達講座』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.