秋の終わりになると、電気店の店頭にずらりと並ぶのが加湿器です。しかし、今の日本で、本当に加湿機が必要なのだろうか。私はすこぶる疑問に思っています。

今の日本で、加湿器は不要なのではないか。と言いますのは、都会の場合、多くの家庭は「部屋干し」などで湿度が高めになり易い上、エアコンの「効き」をよくするため、部屋の密閉度が高い仕様、このため、湿度が逃げにくい傾向があるからです。

冬などは、確かに外気は乾き気味になりますが、部屋の湿度はどちらかというと高めです。この状態で加湿すると、まず結露します。結露は、カビ胞子が多く舞っている日本の場合、カビを生やす第一原因です。

今まで一番感心した加湿器は、三菱電機の「保湿器」です。
これは、睡眠時の口もとに適量の加湿を行う様に作られており、極めて結露しにくい仕様です。ただ、寝相を乱し、ぶっかってもイイ様にちょっと大ぶり。「帯に短し襷に長し」という感じがあることは否めません。

画像: 三菱 パーソナル保湿機 スチーム式 潤う美肌 SH-KX1-W ピュアホワイト

三菱 パーソナル保湿機 スチーム式 潤う美肌 SH-KX1-W ピュアホワイト

コントロールしなければならないのに、コントロールしにくい「湿度」

空調は、いろいろな要素があります。
「温度」「湿度」「風」「空気浮遊物(PM2.5等)」「化学物質(ホルムアルデヒド等)」「二酸化炭素量」です。
この中で一番厄介とも言えるのが「湿度」です。コントロールしなければならないのに、コントロールしにくい。その上、気を許すと、すぐ結露。カビが生える原因にもなります。

となると、湿度コントロールは「部屋全体」ではなく、「人の周りだけ」上手く行うことはできないか、となります。つまり、ポータブル、そして小型の加湿器で十分ということです。
自分は潤いますし、無闇矢鱈と周りに水分をばらまかない。結露を防ぐこともできますので、カビ防止もできます。

カドーの新型ポータブル加湿器「STEM Portable MH-C20」

そう思っているところへ発売されたのが、新型ポータブル加湿器「STEM Portable」です。

デザインは異なりますが、独特なデザインでかっこいい加湿機「STEM」のポータブル版です。
超音波式ですが、間欠式なのでミスト量が非常に少ない。私も一週間ほど使用していますが、枕元で使用しても、枕がミストで濡れていた、なんていうことはありませんでした。
その上、倒れても水を漏らしません。機能は申し分ありません。

それに、シンプルで、品質感を感じさせる端正なデザインですので、身のまわりに置いていても違和感がありません。ようやく「思っていた加湿器」に巡り会えたようです。

テーブルの上に置かれることを前提としているので、かなり凝った光演出がされています。
LEDライトで7種類の色を出すことが可能です。もちろん、自分の好きな色に固定することも可能です。テーブルの上、キャンドルライトに似た演出が可能ですし、決して下卑た感じになりません。

cado カドー
ポータブル加湿器 STEM Portable
MH-C20

画像: LEDライトはON/OFF以外にも、お好みのカラーに変えたり、 グラデーションでの点灯にも変えられる。

LEDライトはON/OFF以外にも、お好みのカラーに変えたり、 グラデーションでの点灯にも変えられる。

ディフューザーとしても、インフルエンザ対策にも

加湿は「人」と言いましたが、それと同様に「香り」も「人」です。
ちょっとした気分転換にアロマを使いたい人は多くいると思います。私もその一人。ただ部屋全体が、その香りを発するようになるのは、ちょっと避けたいと思っています。

と言うのは、部屋が強く香るようになると、モノの味が分かりにくくなるからです。とにかく強い香りは、例えイイ香りでも辟易することがあります。エレベーターで、強く香る香水を付けた人と乗り合わせたら、美人と言えども「暴香族」に出会ったようなモノ。私はへこたれますね。

その点「MH-C20」は、限定的に香りを楽しむことができます。ただし、アロマオイルではなく、芳香蒸留水、リフレッシュウォーターなど水系のモノを使うのが条件です。

画像: 仕事の合間にリフレッシュしたいとき。就寝前にリラックスしたいとき。4 種類のカドーオリジナルのフレグランスウォーターを使えばおだやかな香りが広がる。

仕事の合間にリフレッシュしたいとき。就寝前にリラックスしたいとき。4 種類のカドーオリジナルのフレグランスウォーターを使えばおだやかな香りが広がる。

また、インフルエンザ対策としても有用です。
インフルエンザウイルスが、多湿時には感染し難くなるのは、周知の通りです。その上、「安定した次亜塩素酸水溶液」を入れると、ウイルスをやっつけてもくれます。

この「安定した次亜塩素酸水溶液」は、商品名は「P's GUARD(ピーズガード)」といい、食品添加物の認可を受けた殺菌剤です。
食品添加物ですから、食品に直接かけてノロウイルスなどを殺すこともできますし、人体にも環境にも無害で安心・安全。これは、「P's GUARD」の製法にノウハウが詰め込まれているためです。
もちろん、製造・販売元のピーズガード社が、特許も取得していますし、学会発表もしています。私も論文を拝見させて頂きましたが、しっかりエビデンスも取れていました。

カドーは、この次亜塩素酸の水溶液の有用性を熟知しており、今回も、試供サンプルとして1本付いています。安定させている限度(品質保証)は「2年間」とそれなりに長期。インフルエンザ他、ウイルスなどの空間洗浄にも一役買ってくれそうです。

画像: 除菌・消臭剤<ピーズガード>を使えば、ペットやタバコのニオイ、細菌・ウイルス・バクテリアなどを瞬時に除菌・消臭。花粉にも効果を発揮。

除菌・消臭剤<ピーズガード>を使えば、ペットやタバコのニオイ、細菌・ウイルス・バクテリアなどを瞬時に除菌・消臭。花粉にも効果を発揮。

マルチに使える、ポータブル加湿器。使いやすくとても便利、その上キレイです。この春発表された空調家電の中で、一、二を争うおすすめ家電です。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング、ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.