神さまはその家の入口からやってきます。家全体を守ってくれる神さまは、きれいな玄関にはたくさんの幸運とともに訪れてくれます。【解説】きさいち登志子(生活コーディネーター)・久保田裕道(博士)

著者のプロフィール

きさいち登志子(としこ)

東京都生まれ。生活コーディネーター、TU・TI編集室代表。2013年土田登志子から「きさいち登志子」に改姓。『スッキリ・簡単!「新☆お掃除」の法則』(三笠書房)、『なんで私の部屋、いつも知らぬ間にゴチャゴチャなの!?』(すばる舎)、『幸せがやってくる魔法のかたづけ術』(ジョルダン)など多数の著作のほか、雑誌・テレビなどでお掃除や生活についてのアドバイスを行う。本書ではお掃除・整理整頓についての監修を担当。
▼きさいち登志子(@tsuchitoshi)(Twitter)

久保田裕道(くぼた・ひろみち)

千葉県生まれ。國學院大學大学院博士課程後期文学研究科修了。博士(文学)。東京文化財研究所無形文化遺産部無形民俗文化財研究室長。一般社団法人儀礼文化学会事務局長。民俗芸能学会理事。著書に『神楽の芸能民俗的研究』(おうふう)、『「日本の神さま」おもしろ小事典』(PHP)、共著に『心をそだてる子ども歳時記12か月』(講談社)、『日本のしきたり30の謎』(新人物往来社)などがある。本書では神仏・神事についての監修を担当。
▼専門分野と研究論文(東京文化財研究所)

本稿は『汚い部屋がみるみる片づく! 神さまがやどる お掃除の本』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

すべての幸運は玄関が入口!
神さまを気持ちよく迎えよう

玄関は神さまの通り道として、できるだけものを置かないのがベスト。ほこりや土などをため込まないお掃除が大切。

画像1: イラスト/すぎうらゆう

イラスト/すぎうらゆう

玄関の掃除で
開運するのはなぜ?

きれいな玄関には多くの幸運がやってきます

神さまはその家の入口からやってきます。そのため、玄関がものであふれていたり、ほこりや悪臭がこもっていては、神さまも遠ざかってしまいます。

天照大神や大年神など家全体を守ってくれる神さまは、玄関が清々しいとたくさんの幸運とともに訪れてくれます。また、玄関を開け閉めすることで、風の神さまの通り道にもなります。風通しをよくして悪い空気を排出し、よどみを消して、家族が健康で穏やかな日々を送れるよう見守ってくれるのです。

神さまを呼ぶには
まずどこから掃除をするの?

ドアノブをピカピカにして、内なるパワーを発揮して

玄関ドアのノブが金属なら、メガネ拭きなどの布でぜひ磨きましょう。光るものは神さまが目印にしてくれます。また、ピンポイントの輝きは好印象でもあります。内に秘めたパワーが発揮され、運気も上昇してきます。

画像2: イラスト/すぎうらゆう

イラスト/すぎうらゆう

とりあえず、今すぐ簡単に
きれいにする方法は?

ほうき代わりのスポンジで細部までスッキリ!

靴箱の中や傘立ての底は、乾いた二層スポンジの堅い面を使って、ほうきのように、ほこりや土ぼこりを払います。

画像: 堅い面でほこりや土ぼこりをはらう。 イラスト/すぎうらゆう

堅い面でほこりや土ぼこりをはらう。

イラスト/すぎうらゆう

たたきに落ちた汚れはスポンジのやわらかい面で拭きます。細かい砂などは、ぬれたスポンジをしぼって拭くと取れます。

画像: たたきの汚れは、やわらかい面で。砂ぼこりはぬれたスポンジで吸着させる。 イラスト/すぎうらゆう

たたきの汚れは、やわらかい面で。砂ぼこりはぬれたスポンジで吸着させる。

イラスト/すぎうらゆう

スポンジは靴箱の中に常備しておきましょう。気になったときにすぐに神さまお掃除ができます。

画像: スポンジなら靴箱の中にあっても邪魔にならない。 イラスト/すぎうらゆう

スポンジなら靴箱の中にあっても邪魔にならない。

イラスト/すぎうらゆう

たたきをピカピカにするには
どうすればいい?

キッチンペーパーの拭き掃除でお清めを。ほこりがたまりすぎたら、スポンジでかき集めて捨てます

普段の掃除は福を呼ぶ拭き掃除で。でも、汚れたぞうきんは厳禁。キッチンペーパーを2枚重ねて4つ折りにし、ぬらして拭きます。

画像: 2枚重ねのキッチンペーパーを4つ折りにする。 イラスト/すぎうらゆう

2枚重ねのキッチンペーパーを4つ折りにする。

イラスト/すぎうらゆう

一度拭いたら、きれいな部分を表に出して二度拭きします。週1のペースでこのお清め掃除をすると、神さまを迎えられます。

画像: ペーパーを湿らせてたたきを拭く。 イラスト/すぎうらゆう

ペーパーを湿らせてたたきを拭く。

イラスト/すぎうらゆう

ほこりのたまったたたきは、二層スポンジの堅い面で四隅の汚れをかき集めて捨ててから、やわらかい面で拭きます。だいたいのほこりはスポンジに吸着します。細かい砂などは、ぬらしたスポンジをよくしぼって拭きます。

画像: 乾いた二層スポンジの堅い面で汚れを集め、やわらかい面で拭き取る。 イラスト/すぎうらゆう

乾いた二層スポンジの堅い面で汚れを集め、やわらかい面で拭き取る。

イラスト/すぎうらゆう

ドアの掃除はどうやるの?

素材に合わせて拭き掃除を

木製の場合は、乾いた布で拭きます。金属製の場合は、食器用洗剤を水で100倍程度に薄めたものにプチバスタオルを浸し、固くしぼって拭きます。

画像: 木製はから拭き。金属製は食器用洗剤を水で100倍に薄めたもので拭く。プチバスタオルは固くしぼって。 イラスト/すぎうらゆう

木製はから拭き。金属製は食器用洗剤を水で100倍に薄めたもので拭く。プチバスタオルは固くしぼって。

イラスト/すぎうらゆう

靴が収納しきれない!
何かいい方法はない?

履かない靴を処分する勇気が、新しい運を呼び込みます

履けない靴と履かない靴は、似て非なるもの。履けないほうは、捨てるのに決着がつけやすい靴です。一方、履かないほうは心残りのある靴なので決心がいります。

履かないのに処分できない靴には、次のようなものがあります。
足が痛くなる、きつい。けど、新しい靴→体調不良のもと。履いたときの不快感はずっと取り除けません。

画像: 足に合わない靴は体調不良のもと。 イラスト/すぎうらゆう

足に合わない靴は体調不良のもと。

イラスト/すぎうらゆう

皮がはがれている、すり減っている靴→寿命がきているもの。お金を出して修理する気持ちがないなら、一生そのままです。

画像: 表面やかかとがすり減っているものは寿命。 イラスト/すぎうらゆう

表面やかかとがすり減っているものは寿命。

イラスト/すぎうらゆう

昔の流行の靴→流行が巡ってきたときには、年齢も経て似合うものも変わっています。

画像: デザインが古いものは気分も古びる。 イラスト/すぎうらゆう

デザインが古いものは気分も古びる。

イラスト/すぎうらゆう

今の自分、輝く未来の自分にふさわしいものだけを残しましょう。履かない靴を処分すれば、玄関もスッキリとし、新しい運気が開けてくるのです。

すべての靴を収納するのが理想ですが、どうしても収納しきれず出して並べる場合は、見た目のよい靴を選びます。

ブーツのにおい対策。
普段のお手入れは?

1日履いたら新聞紙を入れて湿気を除く

外出から戻ったら、新聞紙をつま先の形に合わせるように丸めて入れておきましょう。ブーツの中にこもった湿気が軽減されます。

脇用の制汗デオドラントスプレーをシュッとふきかけておくのも効果があります。

画像: 制汗スプレーをひとふきして、丸めた新聞紙を入れる。 イラスト/すぎうらゆう

制汗スプレーをひとふきして、丸めた新聞紙を入れる。

イラスト/すぎうらゆう

玄関のこもったにおいが
とても気になる…

悪臭はよどみのひとつ。重曹や炭でにおいと湿気対策を

いやなにおいは神さまだけでなく、お客さまにも嫌われるもの。まずは、玄関のドアや窓を開けて空気の入れ換えをしましょう。靴箱の扉も開けて、よどみを外に逃します。これだけでも、空気が動いて空気感が変わります。

画像: 玄関のドアや窓を開けて風を通す。靴箱の扉もオープンに。 イラスト/すぎうらゆう

玄関のドアや窓を開けて風を通す。靴箱の扉もオープンに。

イラスト/すぎうらゆう

次に消臭効果のある重曹や炭を小さい容器に入れて、靴箱の中へ複数入れておきます。においが消えるのと同時に湿気対策にもなります。トイレットペーパーでも同じような効果があります。

画像: 重曹や炭を小さい容器に小分けにする。 イラスト/すぎうらゆう

重曹や炭を小さい容器に小分けにする。

イラスト/すぎうらゆう
画像: 棚ごとに置いておくとより効果がアップ。 イラスト/すぎうらゆう

棚ごとに置いておくとより効果がアップ。

イラスト/すぎうらゆう

雨にぬれた靴で、
玄関がしめっぽい空気になってしまう

ぬれた靴は新聞紙を丸めて吸水しながらにおいを断つ!

まず、大きな新聞紙で丸ごと靴を包んで、表面の水分を取り除きます。

画像: 新聞紙で全体を包み込み、水分を取る。 イラスト/すぎうらゆう

新聞紙で全体を包み込み、水分を取る。

イラスト/すぎうらゆう

次に、半分〜4分の1にカットした新聞紙を軽く丸め、つま先まで詰めます。

画像: カットした新聞紙を丸め、靴に詰める。 イラスト/すぎうらゆう

カットした新聞紙を丸め、靴に詰める。

イラスト/すぎうらゆう

詰めた新聞紙を寝る前に取り替えるのがポイントです。
新聞紙は吸水性に優れ、においも軽減してくれます。

画像: 寝る前には新聞紙を取り替える。 イラスト/すぎうらゆう

寝る前には新聞紙を取り替える。

イラスト/すぎうらゆう

玄関に置いて運気がアップする
ものはあるのかな?

玄関の置物はゼロが理想。どうしてもの場合は、ほこりをかぶらないもの3つまで

置物は、ほこりをかぶりやすいのが特徴。ほこりは汚れ、けがれにも通じます。置く場合は、自分を写す鏡、鉢植えや生花、自然の香りのアロマボトルなど、つねに目がいくものを。数は3つまでとします。

画像3: イラスト/すぎうらゆう

イラスト/すぎうらゆう

なお、本稿は『汚い部屋がみるみる片づく! 神さまがやどる お掃除の本』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。下記の本は、知りたい情報の全文がコンパクトにまとまった一冊です。詳しくは以下のリンクをご参照ください。

画像: 【玄関掃除のコツ】運気アップ!開運にはドアノブ、たたき、靴箱、ブーツがポイント(掃除と神様の深い関係④)
神さまがやどる お掃除の本
¥880
2020-11-07 11:17

※③「神様お掃除をする前に」はこちら

This article is a sponsored article by
''.