小さな庭だからこそ、さまざまなアイテムを活用して庭空間を素敵に演出しましょう。素材やデザインなど、すぐにマネできるアイデアとヒントが満載です!【解説】戸倉多未子(ガーデナー)

著者のプロフィール

戸倉多未子(とくら・たみこ)

有限会社グレイスオブガーデン代表。ガーデナー。暮らしを豊かにする緑の庭づくりをモットーに、小さな庭からエクステリア、ガーデンリフォームまでオリジナルガーデンを手がける。化学肥料に頼らない、自然の恵みを生かした庭づくりを得意としている。ガーデニング講師歴30年、ガーデニング関連の雑誌などでも活躍中。
▼グレイスオブガーデン(公式サイト)
▼戸倉多未子(facebook)
▼@tamikosanexma(Twitter)
▼tamiko.tokura(Instagram)

本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/あらいのりこ

小スペースを魅力的に変える
自分らしい庭づくりの 空間演出テクニック

画像: 小スペースを魅力的に変える 自分らしい庭づくりの 空間演出テクニック

小さな庭こそ演出アイテムで奥行き&立体感を生み出しやすい

構造物などを使った庭づくりは、広いスペースがないとできないとあきらめていませんか。実は小さな庭のほうが空間演出がしやすく、初心者にはとり組みやすいのです。

写真のI邸の庭は、2坪ほどの小スペースですが、小道、フェンス、アーチ、室外機カバーなどの構造物や、小物や寄せ植えなどのアイテムをちりばめて、庭をムードいっぱいの空間につくり上げています。

コツは、色や素材を合わせた構造物で一体感を出したうえで、草花や小物でイキイキとしたアクセントを加えること。一度につくるのはむずかしいかもしれませんが、少しずつ時間をかけてあなたらしい庭空間を育て、つくり上げていきましょう。

小さな庭がムードいっぱいの快適空間に

Technique1
小道をくねらせて奥行き感を出す

小さな庭に特におすすめなのが、カーブをつけた小道です。庭に動線をつくるだけでなく、視覚的な効果も。左右の曲線が遠近感を生み、奥行きのある空間を演出します。

画像: Technique1 小道 をくねらせて奥行き感を出す

Technique2
フェンスで空間にまとまり感を出す

隣家や道路から室内が見えてしまうなど、小さな庭にありがちな問題点を克服するのに、とり入れたいのがフェンス。プライベート感を高めて、空間にまとまりを出すにも最適です。

画像: Technique2 フェンス で空間にまとまり感を出す

Technique3
立体感を生む構造物をとり入れる

小さな庭には、アーチやパーゴラなど高さのあるものが特におすすめ。これひとつで立体感のある空間に生まれ変わります。つる性植物を絡めてイキイキとした風景に。

画像: Technique3 立体感を生む 構造物 をとり入れる

▼IDEA エアコンの室外機はカバーをして花台に!

画像: ▼IDEA エアコンの室外機はカバーをして花台に!

Technique4
自分らしい個性を加えるなら小物づかいで差をつける

物足りないところにひとつ置くだけで、空間をキュッと引き締めてくれます。少し凝ったデザインの鉢なども使って、ワンコーナーからデコレーションしてみましょう。

画像: Technique4 自分らしい個性を加えるなら 小物 づかいで差をつける

Technique5
手軽に季節感をプラスできる寄せ植え&ハンギング

さまざまな草花をまとめる寄せ植えは、季節感も出せるフォーカルポイントとして優れたアイテムです。つるして飾るハンギングなら、小さな庭に必要な立体感を演出することもできます。

画像1: Technique5 手軽に季節感をプラスできる 寄せ植え&ハンギング
画像2: Technique5 手軽に季節感をプラスできる 寄せ植え&ハンギング

小道は庭全体のまとめ役

レンガや自然石、木材など素材や並べ方で演出は自由自在

ガーデン空間に伸びる小道は、ムードをつくり出し、小さな庭で奥行き感を生むのに欠かせない要素です。素材やデザイン、並べ方でいろいろなイメージを演出できます。

小道を考えるときは、動線を考えつつ、簡単な見とり図を描くことからはじめましょう。D・I・Y・でレンガを敷く場合は、まずレンガの高さに土を掘り、砂などを敷いて平らにならします。そこにレンガを並べ(目地を設ける際は目地分を空ける)、土を戻して植栽を施します。

素材で演出

色とりどりのアンティークレンガ

茶やグレーなど色味が豊かな耐火レンガです。経年とともに味わいが増すのも魅力。ナチュラルテイストのお庭に特に似合います。

画像: 色とりどりのアンティークレンガ

歩きやすい大きめ天然石

天然石の平板は、大きいので目地も少なく、凸凹がないので歩きやすさを優先した素材。出入りで使うことが多い玄関アプローチなどに向いています。

画像: 歩きやすい大きめ天然石

ナチュラルだけど腐らない擬木

日陰や湿気の多いスペースなので、腐らないコンクリート製の擬木をチョイス。表面には木目が施されてナチュラルな風合いです。

画像: ナチュラルだけど腐らない擬木

経年変化も楽しみな枕木

天然の木材の中でも、野趣あふれる枕木は人気の小道素材のひとつです。かたくやや加工しにくいものの、雑木の庭にぴったり。

画像: 経年変化も楽しみな枕木

手軽に用意できる砂利

短い小道には、草花にも馴染む主張の少ないグレーの小粒砂利を敷いて。砂利は粒の大きさや素材、色味とも多彩にそろう便利な小道素材です。

画像: 手軽に用意できる砂利

ナチュラル感が素敵なくるみの殻

ナチュラルでかわいらしいくるみの殻を小道の材料にしました。踏みしめるとカラカラと大きめの音がします。腐りにくいうえ、防犯効果も! 

画像: ナチュラル感が素敵なくるみの殻

天然木だけれどスッキリ見えるウリン材

天然の木材の中でも腐りにくく、強度も高いウリン材。ウッドデッキに人気の材料ですが、まっすぐ伸びる小道に敷いてスッキリとした雰囲気に。

画像: 天然木だけれどスッキリ見えるウリン材

リズミカルなタイル型の石

北欧の石畳として使われていた、アンティークの花崗岩。凸凹感のある表面と、豊かな色味があたたかみのある雰囲気を演出しました。

画像: リズミカルなタイル型の石

高級感が出る自然石

天然の乱形石は黄色やピンクなど色味のあるものを選んで、華やかなイメージに。モルタルを目地に詰めるので、雑草予防にも一石二鳥の素材です。

画像: 高級感が出る自然石

和モダンな自然石×瓦

砂とセメントに水を混ぜてつくるモルタルをベースに、砂利を加えてザラリとした表面に。アクセントに和瓦を埋めてモダンな和テイストに仕上げました。

画像: 和モダンな自然石×瓦

デザインで演出

不ぞろいに並べてナチュラルに

小さめのタイルやレンガなら、たて・横をランダムに配列することもできます。目地を広めにすることで、レンガの数を節約するワザも。

画像: 不ぞろいに並べてナチュラルに

カーブの小道に適した並べ方

長方形のレンガや石を、列ごとに半分ずつずらしたデザイン。この並べ方は小回りが利くので、カーブをきれいに描きたいときにぴったり。

画像: カーブの小道に適した並べ方

日陰の小道は明るいトーンで

犬走りなどの日が入らない小道に、日陰でも明るく映える素材を。淡いグレーの石材に黄色い砂利を合わせると、リーフだけでも華やかな仕上がりになりました。

画像: 日陰の小道は明るいトーンで

モダンな飛び石風

小石を敷き詰めた地面に、石の平板を縦横ランダムに配して。動きのある小道でリズムが生まれ、植物が少ない空間でも寂しく見えません。

画像: モダンな飛び石風

大小のタイルを組み合わせて

単調になりがちなコンクリートの平板の小道に、13cm角の天然石の平板をプラス。色合わせにこだわって組み合わせました。

画像: 大小のタイルを組み合わせて

レンガの縁どりにモルタルを流して

レンガで土留めをして、モルタルを流し込んだ小道。モルタルに混ぜる砂利の種類によって、洋風から和風まで雰囲気が自在につくれます。

画像: レンガの縁どりにモルタルを流して

草花使いで心癒される小道に

POINT
小道にぴったりのグラウンドカバー

小道の目地や左右に植える下草は、踏まれても傷みにくい丈夫なものが安心です。また、あらかじめ植えておけば雑草防止にも役立ちます。数種類を組み合わせて、表情豊かに縁どるのがおすすめです。

画像: ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリー

画像: リシマキア

リシマキア

画像: セダム

セダム

枕木の目地には緑がこんもり

木と木の間にもグラウンドカバーが育って、たっぷりと緑で覆われました。飛び石風の小道は、緑を引き立てつつ動線をしっかり保つのに最適です。

画像: 枕木の目地には緑がこんもり

道の両端は複数の草花で覆うように

クリスマスローズ、ヒューケラ、エリゲロン……日陰でも植物を選べば、足元で草花が揺れる植栽スペースを生かした小道がつくれます。

画像: 道の両端は複数の草花で覆うように

芝生と真砂土のコントラストが美しい

芝生と小道だけの平面空間に、シャープな葉が特徴のアガパンサスを添えて動きをつけました。芝生を傷めないためにも小道は重要です。

画像: 芝生と真砂土のコントラストが美しい

背の高い草花で立体感を出す

レンガ、天然石、砂利の配置をランダムに手づくり感をあえて残してみたら、草花たちとの一体感を感じる、ナチュラルなガーデン空間に仕上がりました。

画像1: 背の高い草花で立体感を出す
画像1: 【庭DIY】おしゃれな小道づくり レンガ・砂利・枕木・石…置くだけ並べるだけの初心者向けアイデア

庭に小道があると小さな空間に奥行きと一体感が生まれます

この本の監修者・多未子さんのイングリッシュガーデンにもはちみつ色のレンガの小道が。小道に映る木漏れ日はそれだけで心癒される風景です。

画像2: 背の高い草花で立体感を出す

なお、本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像2: 【庭DIY】おしゃれな小道づくり レンガ・砂利・枕木・石…置くだけ並べるだけの初心者向けアイデア
草花で素敵に彩る 小さな庭のつくり方
¥1,320
2021-03-04 7:58

※⑤「「小さな庭の春夏秋冬」」の記事もご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.