起立性調節障害という病気は、立ちくらみ、疲労感、頭痛などの症状があるにもかかわらず、周囲の人に気づかれにくく、診断が遅れる場合が少なくありません。また、医療機関にかかっても適切に診断されずに、治療が遅れることがあります。そこで、起立性調節障害のSOSサインを見逃さないために、どのような点に注意すればよいのか考えていきましょう。【解説】田中英高(OD低血圧クリニック田中院長)

本稿は『改訂 起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応』(中央法規出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

解説者のプロフィール

田中英高(たなか・ひでたか)

OD低血圧クリニック田中院長。医学博士。大阪医科大学卒業、同大学院修了。スウェーデン・リンショッピン大学客員研究員トレシウス教授に指示。スウェーデン資格医学博士取得後、大阪医科大学小児科講師、助教授を経て、2014年より現職。日本小児心身医学会・小児起立性調節障害診断・治療ガイドライン作成班チーフ。専門領域は、起立性調節障害、不登校などの心身症。
▼OD低血圧クリニック田中(公式サイト)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

朝起きられない理由は何か

夜は元気なので病気には見えない

起立性調節障害の子どもを持つ保護者の方は、異口同音に言われます。

「起立性調節障害は病気なのですか?どこから見ても怠け癖のようにしか見えません」
「夜遅くまでグズグズしているのが原因だと思います」
「無理をしてでも朝もっと早く起きれば、疲れて早く寝られるでしょう?」

これらの意見は、当たっているところもあります。起立性調節障害の子どもの行動を見ていると、夜は楽しそうにテレビを見たり、音楽を聴いたり、ゆっくりと風呂に入ったりして、ひととおり自分の楽しみが済んだと思ったら、宿題を始めるといった状況なので、どんどん就寝時間が遅くなります。このような子どもの姿を見ていると、「夜更かしが原因だ。病気なんかではない!」という気持ちになるのも無理はありません。やっと寝たと思ったら、布団に入って携帯電話でメールのやりとりをしているということもよくあります。子どもたちに聞いてみると、「布団に入ってもなかなか寝つけないので、ケータイをやったり、CDを聴いたりする」と弁明します。

実際に、起立性調節障害の子どもの8割に「朝起き不良」「寝つきの悪さ」があり、生活リズムが乱れています。しかし、起立性調節障害でなくても、夜遅くまでゲームをして遊んでいれば、朝起きられなくなるのは当たり前です。では、起立性調節障害の朝起きの悪さと、いわゆる朝寝坊とは、いったいどこが違うのでしょうか?

血圧と脈拍が朝と夜で変わる

その違いが最近、はっきりしてきました。起立試験を起立性調節障害の子どもに実施すると、午前は午後に比べて検査結果が悪いのです。起立試験とは、臥位(身体を横にしている状態)の血圧と心拍数を記録したあと立ち上がり、血圧や心拍数を調べる検査です。

下の図は、中学2年生の男児A君が、午前10時(左図)と午後7時(右図)に、起立試験をした結果です。

朝の10時では、臥位の血圧は、86/48(収縮期血圧/拡張期血圧・以下同)。立ち上がったら、58/40まで下がりました。ところが、その日の午後7時に同じ検査を行ったところ、臥位の血圧は96/44。立ち上がったら88/44でした。また、起立時の心拍数増加も大きく違います。朝は60拍も増えて動悸がひどくなるのですが、夜には22拍しか増加していません。同じ1日でも、午前と午後で起立試験の結果がこれほど異なるのです。

画像: 朝(左)は血圧が低く心拍数の増加が多い。夜(右)は朝に比べ血圧が高く心拍数の増加が少ない。

朝(左)は血圧が低く心拍数の増加が多い。夜(右)は朝に比べ血圧が高く心拍数の増加が少ない。

一方、健康な子どもの朝寝坊では、このような朝夜の違いは見られません。A君が、朝起きられないのに夜は元気で過ごせるのは、このような血圧、脈拍の日内変化が原因なのです。夜更かしの朝寝坊と片付けずに、「SOSサインかもしれない」と考えることが大切です。

脳の血流が低下して思考力や集中力が落ちることも

起立性調節障害の子どもは、集中力が落ち、勉強を30 分以上持続できないこともあります。勉強中は脳を使うので、脳血流を増加させて酸素や栄養分を補給します。子どもでは大人と比べて2倍、思春期では1.3 倍も血流が多いといわれています。しかし、起立性調節障害では体位変動による循環調節が悪く、脳血流が低下しやすいので、当然、思考力・集中力が低下します。成績が悪くなったのは学習態度の問題ではなく、脳血流低下による脳機能の低下が原因の可能性もあるのです。

「頑張りが足りない」という指摘には要注意

起立性調節障害は不登校を伴いやすく、症状もかなり似ています。起立性調節障害と不登校の区別は本当に難しいものです。不登校の原因はさまざまですが、学校から「家庭でもめごとでもあるのでは?」などと言われると、親も心が穏やかではいられません。しかも、子どもは「夜は元気で、テレビを見てゲラゲラ笑っている」という状況では、「怠け病」と思ってしまうでしょう。しかし、学校の先生から「頑張りが足りない」「集中力がない」といったことを言われたら、前項で説明したように、脳の血流低下のせいかもしれません。まずは、「起立性調節障害ではないか」と考えてみてください。

「うつ病」との見分け方

起立性調節障害については、診断方法がまだ十分に普及していないため、医療機関を受診しても、適切に診断されない場合があります。もし、「身体の病気ではない」と言われた場合、起立性調節障害を診療できる医療機関(小児科専門医がいる医療機関など)を、あらためて受診することをおすすめします。

また、起立性調節障害はたびたび「うつ病」と診断されます。抗うつ薬の副作用で起立性低血圧が起こることもあり、かえって悪くなるケースも少なくありません。起立性調節障害とうつ病を見分けることは大切なことです。正確な判断は、子どもの心の診療に詳しい医師に任せる必要がありますが、次のような点に注目することで大まかな判断が可能です。

起立性調節障害では、午前中~昼過ぎまで元気がなく無気力ですが、夜になると元気になります。一方、夜になっても活気が回復せずぐったりして、意味もなく涙を流したりイライラが強かったりするなら、うつ病の可能性が高くなります。

起立性調節障害の子どもの「心の問題」

発症前から潜在している心の特徴

一般的に、起立性調節障害の子どもたちは、細やかな心配りができて、周囲の人たちにとても気を遣う性格傾向があります。この傾向は幼稚園や小学生のときから見られることが多く、先生たちにも「よくできる子」と評価されるようです。多くの保護者は「小さいときには、手を煩わすことは少なかったように思います」と話されます。また、学校などの集団生活においても自分の感情を抑制し、友達に合わせて行動したり、周囲の期待に応えようとします。「ノー」と言えないタイプです。このような性格傾向を「過剰適応な性格」と呼ぶことがあります。意思表示やわがままが少ないのですが、その分、慢性的なストレスを無意識に溜め込んでしまうといわれています。「もっと親に甘えたい」「もっと自分を見てほしい」という依存欲求が満たされていない状態です。

発症後に起こる心の問題

幼児期からさまざまなストレスを心に溜め込んでいると、起立性調節障害の発症に伴って、うっぷんが一気に吹き出してきます。体がつらくて苦しんでいるのに、保護者や学校の先生から「怠けてないで、頑張りなさい」と批判されると、ついには心のひもがプツンと切れてしまいます。それまで鬱積していた反抗心や敵意、そして「もっと甘えたい」という依存心が出てきます。

親に甘えたい、でも反発したいという両価的感情の間で揺れ動き、精神的にかなり不安定になります。「うるさいな!」「放っておいてくれ!」と言ったり、大暴れして家の物を壊したりすることもあります。保護者は対応の仕方がわからず、自制心を失い、売り言葉に買い言葉の応酬となります。このようなことが繰り返されると、子どもは部屋にひきこもり、長い闘いになる場合もあります。

子どもの心を安定させるには

全体的に見ると、病院を受診する起立性調節障害の子どもには、不登校が50~60%合併しています。治療によって起立性調節障害の症状は徐々によくなってきますが、不登校のほうはすぐには改善せず、しばらく続くことになります。このとき、親が子どもを責めたり小言を言い続けたりすれば、それが脳にストレスを与え、自律神経のバランスを乱し、起立性調節障害はいつまでも治りません。まずは保護者が「心の平静」を取り戻して、ゆっくりと見守ることが大切です。そうすれば、子どもも徐々に平静を取り戻し、体力が回復し始めます。これまでの臨床経験からの実感ですが、子どもの心の安定には、保護者の心の持ち方も大きく影響しているように思われます。

なお、本稿は『改訂 起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応』(中央法規出版)から一部を抜粋して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【起立性調節障害の症状】うつ病や朝寝坊との違いは?血圧と脈拍、夜の様子がポイント 集中力の低下にも注意
改訂 起立性調節障害の子どもの正しい理解と対応
¥1,760
2021-03-19 12:27

This article is a sponsored article by
''.