「スタートボタンの位置を変更したい」「スタートメニューのアプリの配置を変えたい」「よく使うフォルダーにすぐにアクセスしたい」「ダークテーマなどデザインを好みのものに替えたい」「ウィジェットの種類やサイズを変更したい」など、Windows 11を使い始めてから役立つワザをバッチリ紹介していこう。

Windows 11のスタートボタンの位置を変更したい!

Windowsの長い歴史において「スタートボタン」は原則、デスクトップ画面左下に置かれるのが常だったが、11でついに画面下部中央の「タスクバー」配置へと移動。少し使えば慣れるはずだが、Windows歴が長いユーザーは違和感を覚えるかもしれない。

しかし、ご心配なく。スタートボタンの位置は、システム設定を変更することで伝統的な「画面左下」に戻すことが可能だ。

設定を変更するには、まずタスクバーを右クリックしてメニューの「タスクバーの設定」を選択。タスクバーの設定画面が開いたら「タスクバーの動作」→「タスクバーの配置」のメニューから「左揃え」を選択しよう。これで即座にタスクバーともども、スタートボタンが画面左端に配置されるようになる。

タスクバーの設定をカスタマイズすれば、スタートボタンの位置を左下にできる

スタートボタンの位置は、Windows 11の初期設定である中央下部からWindows 10までで見慣れた左下に変更できる。設定変更は、設定の「個人用設定」→「タスクバーの動作」を開いて「タスクバーの配置」を「左揃え」にすればOKだ。

スタートボタンの位置を戻したいときは「タスクバーの配置」を変更

画像1: Windows 11のスタートボタンの位置を変更したい!

「タスクバーの配置」を「左揃え」に変更すると、スタートボタンの位置がタスクバーごと画面中央付近から画面左下へと切り替わる。これで10以前の感覚でスタートメニューを扱えるようになるはずだ。

スタートボタンをクリックしたら、メニューが左下から出てきた!

画像2: Windows 11のスタートボタンの位置を変更したい!

もちろん、スタートボタンを押した際に起動する「スタートメニュー」も画面左側に表示される。これなら10以前のユーザーも操作の違和感を抑えられるはずだ。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)



This article is a sponsored article by
''.