認知症の診断後もしばらくは、様子を見ながら家族で面倒をみると考える人は多いかもしれません。ただ、高齢夫婦のふたり暮らしや、家族と離れたひとり暮らしは目が届きにくく、昼間はひとりで過ごす高齢者もよくいます。認知症について少しでも不安や困りごとがあれば、まずは地域包括支援センターに相談を。専門家からアドバイスをもらうことで解決の糸口が見えることがあります。地域包括支援センターとは、また、初期の認知症でまず家族がやるべきことについて、著者で認知症心理学専門家・大阪大学名誉教授の佐藤眞一さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

佐藤眞一(さとう・しんいち)

1956年東京生まれ。大阪大学名誉教授。大阪府社会福祉事業団特別顧問。博士(医学)。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学後、1999年に埼玉医科大学より博士号授与。明治学院大学心理学部教授、マックスプランク研究所上級客員研究員などを経て、2009年に大阪大学教授に就任し、2022年に定年退職。著書・共著は『認知症の人の心の中はどうなっているのか?』(光文社新書)、『認知症「不可解な行動」には理由がある』(SBクリエイティブ)、『マンガ 認知症』(ちくま新書)、『認知症plusコミュニケーション 怒らない・否定しない・共感する』(日本看護協会出版会)、『心理老年学と臨床死生学』(ミネルヴァ書房)など多数。

本稿は『〇×マンガで対応策がすぐわかる 身近な人が認知症になったら』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/ねこまき(ミューズワーク)

家族が認知症になったら

診断を受けたら地域包括支援センターに連絡してみて!

本人の治療や介護、家族の不安や悩みまで、なんでも相談できます。

画像: 家族が認知症になったら

認知症の人を支えるのは家族だけじゃありません

各地にある地域包括支援センターでは、認知症に詳しい専門家がサポートします。

画像: 認知症の人を支えるのは家族だけじゃありません

地域包括支援センターとは

専門知識をもつ職員が、地域の介護・福祉関連機関と連携して高齢者の生活を支えてくれる「高齢者の総合相談窓口」です。
健康、生活環境、家計のことなど、介護にまつわるさまざまな悩みに幅広く対応しています。
本人だけでなく、家族の困りごとも聞いてくれます。
地域によっては、「高齢者サポートセンター」「シニア相談センター」などと独自の名称がついているところもあります。

画像: 地域包括支援センターとは

診断を受けたらまずは地域包括支援センターへ

認知症の診断後もしばらくは、様子を見ながら家族で面倒をみると考える人は多いかもしれません。
ただ、高齢夫婦のふたり暮らしや、家族と離れたひとり暮らしは目が届きにくく、同居でも、昼間はひとりで過ごす高齢者もよくいます。

認知症について少しでも不安や困りごとがあれば、まずは地域包括支援センターに相談を。
家族だけで悩み、解決策が見つからないことも、専門家からアドバイスをもらうことで解決の糸口が見えることがあります。電話での相談も可能です。
在宅介護では、要介護度に応じてデイサービスやヘルパー派遣などの介護サービスを受けられる介護保険制度も大きな支えですが、そういったサービスについても地域包括支援センターで相談することができます。

認知症介護は、周囲の人たちに事情を伝え、地域ぐるみで見守ってもらうことが必要なのです。

画像: 診断を受けたらまずは地域包括支援センターへ

本稿は『〇×マンガで対応策がすぐわかる 身近な人が認知症になったら』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.