認知症初期のころは、本人も変わっていく自分が不安な時期。家族はというと、今までとは違う本人の言動にイライラしてしまうことも。怒ったり拒否したりは、するほうも、されるほうも、どちらもつらいもの。言動の理由を探りながら対応すれば、本人も家族も少しラクになってきます。記憶と認知症の関係について、著者で認知症心理学専門家・大阪大学名誉教授の佐藤眞一さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

佐藤眞一(さとう・しんいち)

1956年東京生まれ。大阪大学名誉教授。大阪府社会福祉事業団特別顧問。博士(医学)。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学後、1999年に埼玉医科大学より博士号授与。明治学院大学心理学部教授、マックスプランク研究所上級客員研究員などを経て、2009年に大阪大学教授に就任し、2022年に定年退職。著書・共著は『認知症の人の心の中はどうなっているのか?』(光文社新書)、『認知症「不可解な行動」には理由がある』(SBクリエイティブ)、『マンガ 認知症』(ちくま新書)、『認知症plusコミュニケーション 怒らない・否定しない・共感する』(日本看護協会出版会)、『心理老年学と臨床死生学』(ミネルヴァ書房)など多数。

本稿は『〇×マンガで対応策がすぐわかる 身近な人が認知症になったら』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/ねこまき(ミューズワーク)

同じことのくり返しで疲れる…

初期のころは、本人も変わっていく自分が不安な時期。家族はというと、今までとは違う本人の言動にイライラしてしまうことも。
怒ったり拒否したりは、するほうも、されるほうも、どちらもつらい。

初期のころは、メモや張り紙など見える工夫で安心!

画像1: 初期のころは、メモや張り紙など見える工夫で安心!
画像2: 初期のころは、メモや張り紙など見える工夫で安心!
画像3: 初期のころは、メモや張り紙など見える工夫で安心!
画像4: 初期のころは、メモや張り紙など見える工夫で安心!

本稿は『〇×マンガで対応策がすぐわかる 身近な人が認知症になったら』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.