Googleドライブ、Dropbox、OneDrive、iCloud Driveの主要4大クラウドサービスは、どんな機器を主に使っているかにより、おすすめが変わる。例えば、Windowsパソコンを使うことが多い、あるいは「オフィス365ソロ」を使っているならOneDriveがいいなど、人によって異なるからだ。参考に、それぞれの仕様をまとめた。ただ、あえてイチ推しを選ぶなら、扱いやすさと中立性でDropboxがいい。

現時点のベストは…?

Googleドライブ、Dropbox、OneDrive、iCloud Driveは、知名度、信頼性とも甲乙つけがたい。機能面では、それぞれの企業の色があるものの、どれも実用性は十分。そのため、ふだんどんな機器を主に使っているかにより、向いているサービスが変わる。つまり、人によってベストチョイスが異なるわけだ。

主要4大クラウドサービスの仕様

サービス名Googleドライブ(※1)DropboxOneDriveiCloud Drive
URLhttps://drive.google.com/drive/https://www.dropbox.com/https://onedrive.live.com/about/ja-jp/https://www.icloud.com/
無料で使える容量15GB2GB5GB5GB
有料プラン100GB:250円/月または2500円/年
200GB:380円/月または3800円/年
2TB:1300円/月または
1万3000円/年
10TB:1万3000円/月
20TB:2万6000円/月
30TB:3万9000円/月
1TB:1296円/月または
1万2960円/年
2TB:2799円/月または
2万7990円/年
50GB:249円/月
1TB:1274円/月または
1万2744円/月(※2)
50GB:130円/月
200GB:400円/月
2TB:1300円/月
対応OSWindows
Mac OS
iOS
Android
Windows
Mac OS
Linux
iOS
Android
Windows
Mac OS
iOS
Android
Windows
Mac OS
iOS
Apple TV
アップロード可能な
ファイルサイズの上限
5TB(容量以内)制限なし(容量以内)10GB15GB
共有機能
画像のサムネール表示○(PSDとEPSは不可)○(EPSは不可)×(PNGのみ対応)
デジカメ画像の
直接アップロード

(対応機種のみ)
×
(パソコン経由。専用アプリを用意)
×
(パソコン経由。自動保存も可能)
(パソコン/スマホ経由)
データ復元機能
(期間非公表)

(削除後30日以内)

(削除後最短3日、最長30日以内)

(削除後30日以内)
※1=Googleドライブの有料版の正式名称は「Google One」となっている。 
※2=「オフィス365ソロ」の契約に伴うもので、最新のオフィスソフトが使える。

WindowsユーザーならOneDriveもおすすめ

Windowsパソコンを使うことが多い、あるいは「オフィス365ソロ」を使っているなら、OneDriveで決まりだ。なにしろ、最初から用意されているのだから使わない手はない。さらに、スマホにOneDriveとオフィスのアプリを入れておけば、いつでもどこでも文書の閲覧や作成、編集ができる。

→OneDriveとは

Androidのスマホやタブレット、あるいはブラウザーにChromeを使っていて、Gmailも利用しているという人は、Googleドライブがいい。Googleの各種サービスとの連係がいいし、無料容量が15Gバイトと最大。写真は「高画質」設定なら無制限に保存できるし、有料コースも豊富だ。

→Googleドライブとは

iPhoneユーザーなら、いうまでもなくiCloud Driveだろう。ただし、他の機器との連係が弱い。iCloudはそのまま使いつつ、クラウドサービスは他社のサービスを併用してもいいだろう。

→iCloud Driveとは

現時点ではDropboxがおすすめ

以上を踏まえて、今回あえてイチ推しを選ぶとしたら、Dropboxがいい。理由は、扱いやすさと中立性。特定の機器やサービスに偏っていないので、誰でも、どの機器からも使いやすい。まずは、Dropboxでクラウドサービスに慣れるのもいいし、最初は自分のメイン機器に関連したサービスを使い、それを補強するサブサービスとしてDropboxを活用してもいいだろう。

→Dropboxとは

解説/下島朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.