相変わらず、高級志向の炊飯器が受けている。各社の炊飯器がアピールするのは、内釜の素材であったり、ご飯の炊き方だったりだが、そのいずれをも大きく見直した製品がある。それが、象印のNW-KA10、炎舞炊き(えんぶだき)だ。ここでは、その魅力に迫ってみたい。

「ローテーションIH構造」による「炎舞炊き」でかまどの炎を再現!

象印
NW-KA10
実売価格例:11万3760円

鍋底のIHコイルを三つに分割してローテーションで加熱する「炎舞炊き」を採用。激しく沸騰する部分が移動することで、お米の対流を促せる仕組み。さらに、最高1.5気圧の高い圧力をかけることにより、甘さともちもち感の強いご飯が炊ける。

炊飯器市場でトップシェアを走る象印に、最新モデルとなるNW-KA10が登場。今回、外観、内釜から加熱構造まで、すべてを見直した。

いちばんの注目点となるのが、かまどの炎のゆらぎを再現するために、IHヒーターを三つ搭載したことだ。これまでの炊飯器では、釜底に大きなIHヒーターを一つ配置するだけだったが、本機は、内釜を包み込むように三つを配置。それぞれを独立して制御する「ローテーションIH構造」により、炎が揺らぐように加熱して内釜内の米を大きく対流させ、かまどの炎を再現している。これが、「炎舞炊き」である。

●釜内に激しく複雑な対流が発生!

画像: IHヒーターを三つ搭載し、順番に加熱することで、かまどの炎のような揺らぎを作り出す。従来の4倍以上の大火力で釜内の米を大きくかき混ぜて、甘みを引き出して炊く。

IHヒーターを三つ搭載し、順番に加熱することで、かまどの炎のような揺らぎを作り出す。従来の4倍以上の大火力で釜内の米を大きくかき混ぜて、甘みを引き出して炊く。

画像: 従来モデルの加熱

従来モデルの加熱

さらに、加熱方式の進化に合わせて、内釜も、従来の南部鉄器から変更。鉄とステンレス、アルミの合金を新たに採用した。

実際に、「炎舞炊き」で炊いたご飯を食べてみたが、非常にもちもち感が強く、甘みも引き出されていた。好みの食感に121段階から調整したご飯が炊ける「わが家炊き」メニューも、引き続き搭載。炊き分け範囲はさらに拡大している。

●内釜も新たに開発

画像: 内釜は、蓄熱性、発熱効率、熱伝導性のバランスを追求し、鉄とアルミ、ステンレスを組み合わせた合金を初めて採用した。

内釜は、蓄熱性、発熱効率、熱伝導性のバランスを追求し、鉄とアルミ、ステンレスを組み合わせた合金を初めて採用した。

結論

大幅に刷新したが、象印らしいもちもちとした甘いご飯は、変わらずおいしく楽しめる。内釜が軽量化されたことで、使い勝手が向上しているのもポイントだ。

●本体サイズ/幅275㎜×高さ235㎜×奥行き345㎜ ●本体重量/8.5㎏

解説/コヤマタカヒロ(デジタル&家電ライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.