本機は、アメリカの掃除機市場でダイソンを抜いてトップシェアを獲得したことで話題になった。高い吸引力とワンタッチで90度に曲がるパイプが特徴。今回のテストで感じたことは、カーペットの掃除に強い。パワフルで、自走ヘッドがよく走るということ。

【最新掃除機】コードレススティック8モデルを使ってみた!
今回は、注目の8機種を集め、ふだんの生活の中でさまざまに使用してみた。フローリングとカーペットでの吸引力(重曹・糸)をテストしたほか、操作性、ゴミの捨てやすさ、メンテナンス性など、トータルの使用感をチェックした。

別記事【最新掃除機】コードレススティック8モデルを使ってみた!はコチラ→

今回のテストアイテムはこちら
シャーク「Shark EVOFLEX S30」

実売価格例:3万8640円

●プロフィール
アメリカの掃除機市場でダイソンを抜いてトップシェアを獲得したことで話題になった。高い吸引力とワンタッチで90度に曲がるパイプが特徴。

画像: SPEC ▶ 集じん容積/非公表 ▶ 充電時間/約3.5時間 ▶ 連続使用時間(※バッテリー2個の場合)/約38分(標準)、約24分(強) ▶ サイズ/幅239㎜×高さ1090㎜×奥行き132㎜ ▶ 重量/3.33kg

SPEC
集じん容積/非公表
充電時間/約3.5時間
連続使用時間(※バッテリー2個の場合)/約38分(標準)、約24分(強)
サイズ/幅239㎜×高さ1090㎜×奥行き132㎜
重量/3.33kg

充電方法・直接充電
・バッテリー用充電ドック(バッテリー2個付属)
主な付属品・ミニモーターヘッド
・布団ツール
・抗アレルゲンホコリ取り用ブラシ
・ロングフレキシブル隙間ノズル

掃除能力が高く、危なげなくゴミを吸い取ってくれた。特に、カーペットでは、ほかの機種よりも吸い取った印象だ。

ヘッドには、種類の違う2本のブラシを搭載。前方のソフトブラシが大きなゴミを捕らえ、後ろのブラシロールがカーペットから細かいチリをかき出すことで、掃除効率を高めている。

パワフルなうえ、自走ヘッドがグングン走るので、勢いよく、どんどん掃除したい人に向いている。バッテリーは着脱式で、入れ替えて使えば、長時間の掃除も可能だ。ただし、本体が重く、グリップ部も太いので、長時間使う際は、それなりに腕力を使うことになる。

パイプが途中で曲がるため、立ったまま低い場所の掃除ができるほか、折り畳んでの収納もOK。畳むと意外なほどコンパクトになるし、コードの場所にとらわれないので、押し入れの下などにも入れられる。

パイプが曲がるので、低い場所の掃除がしやすい

画像: ボタン一つでパイプが曲がる独自機構。掃除しにくいすき間でも、楽な姿勢で強力に吸い取る。

ボタン一つでパイプが曲がる独自機構。掃除しにくいすき間でも、楽な姿勢で強力に吸い取る。

特にカーペットの掃除に強い。パワフルで、自走ヘッドがよく走る

ココが〇
全体的に掃除能力が高く、特にカーペットに強い印象。メインブラシ以外のアタッチメントも、よくゴミを吸い取る。

ココが✕
本体が重く、長時間の使用はハード。ダストカップが本体から外せず、形状も複雑で、きれいにするのに手間がかかる。

解説/諏訪圭伊子 (フリーライター)
※価格は記事作成時のものです。

画像: 特にカーペットの掃除に強い。パワフルで、自走ヘッドがよく走る

別記事【最新掃除機】コードレススティック8モデルを使ってみた!はコチラ→

This article is a sponsored article by
''.